概ねとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(様子) > 概ねの意味・解説 

概ね

読み方:おおむね

概ね(おおむね)とは、全体として見ればそういう状態にあると判断でき、その判断影響が生じるような例外もないということを表す副詞である。概要あるいは大部分の意で、名詞としても用いる。「おおむね」と仮名書きすることが多い。「大旨」とも書く。主に文章改まった会話用いる、やや硬い表現である。

「概ね」は、大まかなところを意味する「おお(大)」と、物事内容を意味する「むね(旨)」から成る語で、もとは大まかな趣旨を意味する名詞として用いられた。のちに漢文訓読副詞的に用いられるようになり、近年では副詞としての用法中心的である。「おおむね」に当てる「概」の字は、物事あらましや、おおよそのものであることなどを意味し、「概略」「概算」などの漢語用いられる。

「概ね」は、副詞として動詞にかかる場合全体として見ればそういう状態にあると判断できることを示し、その判断影響する例外はないということ含意される。「概ね」は単に全体占め割合大きさを表す語ではなく、たとえばある作品について、評者の8割から9割が良い評価をしていたとしても、残り少数極めて悪い評価下していて、かつそれが無視できないほどの影響持っているという場合には、「評価は概ね良い」とは言いにくい

また、「概ね」が動詞にかかる場合物事そういう状態にあることについて、話者評価肯定的である(例、「今の生活に概ね満足している」)か、中立的である(例、「参加者は概ね男性だった」)ことが多く、その状態が否定的捉えられる場合には用いにくい。したがって、「今の生活に概ね不満がある」「概ね問題だ」などとは普通は言わない。

「概ね」が「概ねの」の形で名詞にかかる場合は、それが厳密ではない大まかなのであることを表す(例、「概ねの金額を示す」「概ねの合意をみる」)。

「概ね」が数量や期間を表す名詞にかかる場合は、概してそのくらい数量・期間であることを示す。その数量・期間が原則であり、わずかなずれであれば許容されるという場合用いることが多い。例、「概ね50歳以上の方対象」「概ね2年以内目処実施する」。

「概ね」は法令文でも用いられるが、法令用語としてその範囲に定義があるわけではない

「概ね」と似た意味の言葉に「ほぼ」「大体」「総じて」などがある。

「概ね」「総じて」は文章語的であるが、「ほぼ」「大体」は口頭でも普通に用いられる。また、その状態が否定的評価される場合には「概ね」は用いにくいのに対し、「ほぼ」「大体」「総じて」は価値中立的であり、話者のその状態に対す好悪評価感じさせない。

「ほぼ」は、客観的見て完全に近いということを表し、「概ね」に比べ例外があるというニュアンスが薄い。また、「概ね」は名詞としても用いるが、「ほぼ」はもっぱら副詞として用いる。

「大体」は、主要な部分はその状態であるということを表すのに対し、「概ね」は全体おしなべてそのような状態であるということを表す。したがって、「概ね問題ないと言えば全体にわたり問題がないということを意味するが、「大体問題ないと言えば主要な部分問題がないということを意味する。数量や期間、時期を表す名詞にかかる場合、「大体」は主観的推量によることを表し(例、「大体50人くらいの部署」「大体夏ごろに咲く花」)、「概ね」のように、それが原則であるというニュアンスはない。また、「大体」には、「そもそも」の意で否定的結論を導く用法があるが(例、「大体そんな上手い話があるか」)、「概ね」にはこのような用法はない。

総じて」は、全体そのような傾向にあると主観的判断することを表す語であり、「概ね」と比べ例外があるというニュアンスが薄い。「総じて」はある程度広い範囲物事について全体傾向を述べるのに用いることが多く、「概ね」のように個人的なことには用いにくい。したがって、「君の意見には概ね同意だ」とは言えるが、「君の意見には総じて同意だ」とは言いにくいまた、「概ね」は名詞としても用いるが、「総じて」はもっぱら副詞として用いる。

上記のほかに、「概ね」と同じく大部分そういう状態であるということを表す副詞には「あらかた」「おおかた」「おおよそ」「おしなべて」「およそ」「概して」「たいがい」「たいてい」「大略」「なべて」「ほとんど」などがある。

「概ね」の誤読からか、「おおむね」の意で「かねがね」が用いられることがある(例、「ご意見にはかねがね同意します」)。「かねがね」は本来、以前からそうであった意である(例、「お噂はかねがね伺っております」)。

概ねの用例

執筆稲川

おお‐むね〔おほ‐〕【大旨/概ね】

【一】[名]だいたいの趣旨あらまし。「—は了承した」

【二】[副](概ね)その状態が大部分占めるさま。だいたい。おおよそ。「会員は—女性だ」


おお‐むね おほ‥ 【大旨・概】

1 〔名〕 物事の最も重要な部分また、大体の主旨主たること。

書紀720推古一二四月寛文版訓)「三宝は仏(ほとけ)・法(のり)・僧(ほうし)なり。則ち四の生(うまれ)の終の帰(よりどころ)、万国宗(ヲホムネ)なり」

2 〔副〕 おおよそ。だいたい。あらまし

大日経義釈延久承保点(1074)四「其の形(かた)ち大抵(オホムネ)相ひ似たり


概ね

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:44 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. おおむね参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「概ね」の関連用語

概ねのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



概ねのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの概ね (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS