PTとは?

動作までの動き(PT)

読み方ドウサマデノウゴキ(PT)
【英】:Pre-Travel

関連するカテゴリ
セーフティ・リミットスイッチ

動作までの動き(Pre-Travel) 略号:PT 単位mm、度 定義:アクチュエータ自由位置から動作位置までの動作距離、または移動角度のこと。


PT participation

番組内に設けられたCM一部タイムセールスせずにスポットセールスとして扱うこと。本来はタイム売れ残ったときなどに使われていたが、最近深夜帯中心に最初からPT設けている番組多くなっている。→ネットスポット

PT

番組提供ではなく番組内に挿入されるCMのこと。通常、数社のCM挿入される。

白金(Pt)

白金(Platinum)は遷移元素1つで、元素記号 Pt で表され、原子番号78原子量は約195.09、比重21.45(g/cc)である。銀白色金属で、白金族に属する。化学的安定王水以外の酸に不溶酸素・水素を吸収して活性化するので酸化還元触媒として用いられる。

白金(II)

分子式Pt
その他の名称:Platinum(II)
体系名:白金(II)


白金

分子式Pt
その他の名称:C.I.77795、Pt、Platinum
体系名:白金


物質
白金
英語名
Platinum
元素記号
Pt
原子番号
78
分子量
195.08
発見
1748年
原子半径(Å)
1.39
融点(℃)
1772
沸点(℃)
3827
密度(g/cm3
21.37
比熱(cal/g ℃)
0.032
イオン化エネルギー(eV)
9
電子親和力(eV)
2.128


プロトロンビン時間(PT) ( prothrombin time )

血液凝固などに関与する外因系の第VII因子と、第X・VII・I因子の異常を検出するために行われる検査のこと。とくに劇症肝炎診断には不可欠検査ですが、あわせてトロンボテストヘパプラスチンテストがよく実施されます。

PT Physical Therapis


理学療法士 Physical Therapist(PT)


P・T

読み方:ぴー・ていー

  1. 使隊のことをいふ。独語Der Pigion Trupp(デイー プイジヨン トルツプ)の頭字を取つたものである。〔軍隊語〕

分類 軍隊

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

PT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/13 09:55 UTC 版)

PT

地理

科学技術

医学

放送・メディア

その他

pt



.pt

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/14 08:55 UTC 版)

.pt
ポルトガルの旗
施行 1988年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Fundação para a Computação Científica Nacional
後援組織 Fundação para a Computação Científica Nacional
利用地域 ポルトガルに関係する団体・個人
使用状況 ポルトガルで盛んに利用されている。
登録の制限 サブドメインごとに様々な制限があるが、.com.ptには制限がない。
階層構造 登録はセカンドレベルに直接か、セカンドレベルドメインの下のサードレベルに行われる。
ウェブサイト dns.pt
  

.pt国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ポルトガルに割り当てられている。Fundação para a Computação Científica Nacional (FCCN)が運営する。以下種類のセカンドレベルドメインがある。

  • .com.pt: 制限なし; オンライン登録可
  • .edu.pt: 教育
  • .gov.pt: ポルトガル政府
  • .int.pt: 国際組織またはポルトガル国内の在外公館
  • .net.pt: 通信プロバイダ
  • .nome.pt: 個人
  • .org.pt: 非営利組織
  • .publ.pt: 出版(新聞等)

セカンドレベルに直接登録することもできるが、制限がある。

  • .pt: 共同体、個人企業家、公共機関、その他商標を持つ、または商標申請中の個人。ドメイン名は、申請者の名前、商標、企業名のいずれかでなければならない。

.com.ptは、名前の制限や地域に居住している必要がないため、取得が最も簡単である。

2005年7月1日以降、セディーユアキュート・アクセントÕ等の特殊な文字もドメイン名の中で使用できるようになった。

.gov.ptを除いて、ポルトガルではサードレベルへの移行は進んでいない。それは、多くのサイトが既に.ptの下に登録されている上、覚えやすいためである。外務省のウェブサイトがwww.mne.gov.ptではなくwww.min-nestrangeiros.ptであるというような矛盾した現象も起こっている。しかし、.com.ptサブドメインへの登録は強く推奨されており、今では多くの登録がある。.nome.ptのような他のサブドメインは現在でも少数である。

初期の頃、FCCNは.ptドメインを非常に厳しいルールで管理することを試みたが、調整にかなりの時間がかかった。管理しきれなくなり、.com.ptのようなサブドメインを推奨するようになった。

.ptドメインは、現在ではポルトガル語サイトの10%弱にあたる約1000万ページで使われており[1].br.comに次ぐ第3位で、.net.org.infoよりも多い。

出典

  1. ^ As of 3 August 2008, of the about 910 million pages google lists as being written in Portuguese (value obtained by adding this to this), the .pt domain comprehends more than 83 million pages, to which should be added 7 million more, which Google reports to be written in other languages (see the total of pt pages here).

外部リンク







PTと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

PTに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「PT」の関連用語

PTのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオニシキソウ

鋳造

ゴム・フック付き台紙

FLSTSE3

富士田 明彦

輸送用エアクッション艇 LCAC

豚足

ナチュラルチーズ





PTのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2017. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2017 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ビデオリサーチビデオリサーチ
Copyright (C) 1997-2017 Video Research Ltd. All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2017 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
e-血液.come-血液.com
Copyright 2017(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2017 kaigo-service.all rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPT (改訂履歴)、.pt (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS