.siとは?

エス‐アイ【SI】

《(フランス)Système International d'Unités》メートル法単位を基に定められた国際単位系の公式略称。


エス‐アイ【SI】


エス‐アイ【SI】


エス‐アイ【SI】


エス‐アイ【SI】

school identity》スクールアイデンティティー。イメージアップを図るため、学校打ち出す独自性


エス‐アイ【SI】


シ【(イタリア)si】

洋楽階名の一。長音階の第7音、短音階の第2音。

日本音名ロ音イタリア音名


エス‐アイ【SI】

〔名〕 (フランス Système International d'Unités の略) =こくさいたんいけい国際単位系


国際単位系

読み方こくさいたんいけい
別名:SI
【英】The International System of Units

国際単位系とは、数量表現する際の単位表現として国際的用いられている単位体系である。1960年国際度量衡委員会によって決定された。

国際単位系は、基本単位組立単位補助単位SI単位)と、10進数基づいて倍量分量を表す接頭辞SI接頭辞)の組み合わせによって表される。

国際単位系における基本単位は7種類規定されており、それぞれメートル長さ)、キログラム質量)、秒(時間)、アンペア電流)、ケルビン温度)、モル物質量)、カンデラ光度)となっている。

SI接頭辞には、1024乗を表す「ヨタ」から、10のマイナス24乗を表す「ヨクト」まで、20種類SI接頭辞が定義されている。

なお、国際単位系は、フランス語の「Le Système International d'Unités」の略称として、「SI」と表記されることが多い。


参照リンク
国際単位系 - (独立行政法人産業技術総合研究所
情報処理のほかの用語一覧
単位:  キロバイト  ギガ  キロ  国際単位系  MHz  MFLOPS  Mbps

SI

国際単位系(International System of Unit)。1960年国際度量衡総会世界共通の単位として国際単位系内容や名称が承認された。日本では法定計量単位国際単位系統一するため、92年計量法全面改正が行われ、93年施行された。当初混乱避けるため、猶予期間設けられていたが、99年10月1日から旧計量法使用した取り引き証明機器販売禁止され、違反すれば罰金科せられるSI単位系構成は、長さ質量時間などの7つ基本単位と、角度を表す2つ補助単位などから構成される。

参照 MKSA単位系
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ケイ素(Si)

ケイ素(Silicon)は、元素記号 Si で表され、原子番号14原子量は約28.09、比重は2.33(g/cc)である。灰黒色結晶または褐色無定形固体で、炭素族属する。酸化物ケイ酸塩として岩石中に多量存在し、地殻中の存在量は酸素に次ぐ。
ステンレス鋼添加されると、耐酸化性を増すが、多量加えるとじん性低下させる。

シランジアニオン

分子式Si
その他の名称:Silanediide、Silanedianion
体系名:シランジイド、シランジアニオン


C.I.ピグメントメタル4

分子式Pb
その他の名称:SI、SO、KS-4、LeadLead S2、C.I.77575、C.I.Pigment Metal 4、C.I.ピグメントメタル4、Pb
体系名:


けい素

分子式Si
その他の名称:Silicon、Si
体系名:けい素


シランアニオン

分子式Si
その他の名称:Silaneanion、Silaneide
体系名:シランアニオン、シランイド


物質
ケイ素
英語名
Silicon
元素記号
Si
原子番号
14
分子量
28.0855
発見
1824年
原子半径(Å)
1.17
融点(℃)
1414
沸点(℃)
2642
密度(g/cm3
2.34
比熱(cal/g ℃)
0.162
イオン化エネルギー(eV)
8.151
電子親和力(eV)
1.385

炭素族属す非金属元素結晶硬く、もろい。典型的半導体であり、純度極めて高くしたもの半導体素子として用いられる。「シリコン」という名も一般的である。ちなみにSilicon」は「silex」(石英)の名にちなんでいる。

Si

名前 シ; シーサイシイ

.si

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/29 16:55 UTC 版)

.si国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、スロベニアに割り当てられている。ドメインは、ARNES(Academic and Research Network of Slovenia)によって管理されている。






「.si」の続きの解説一覧

SI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 04:45 UTC 版)

S&I




「SI」の続きの解説一覧



.siと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.si」の関連用語

.siのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.siのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ国際単位系の記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2021 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.si (改訂履歴)、SI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS