Leとは? わかりやすく解説

Le

名前 リ; リーレー; ル; レ; ラ; レイ

LE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 04:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

LE , Le



Le

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 21:21 UTC 版)

エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事における「Le」の解説

アン・シャルル・ルブリュン(フランス語版)(Anne Charles Lebrun1775年-1859年) - 中将。【31列】 シャルル・ヴィクトール・エマニュエル・ルクレールVictor Emmanuel Leclerc1772年-1802年) - 中将。 【34列】 クロード・ジャック・ルクールブ(フランス語版)(Claude Jacques Lecourbe、1759年-1815年) - 中将。 【14列】 フランソワ・ロシュ・レルデュ・デザール(フランス語版)(François Roch Ledru des Essarts1770年-1844年)、凱旋門には「Ledru des Essds」と記。 - 中将。【27列】 フランソワ・ジョゼフ・ルフェーヴルFrançois Joseph Lefebvre1755年-1820年) - フランス元帥。 【3列】 シャルル・ルフェーブル=デヌエット(フランス語版)(Charles Lefebvre-Desnouettes、1773年-1822年)、Desnoëttesとも。凱旋門には「LEFÈVRE DESNte」と記。 - 中将。【31列】 エチエンヌ・ニコラ・ルフォル(フランス語版)(Étienne Nicolas Lefol、1764年-1840年) - 中将。【1列】 クロード・ジュスト・アレクサンドル・ルグラン(フランス語版)(Claude Just Alexandre Louis Legrand1762年-1815年) - 中将。 【15列】 ルイ=フランソワ・ルジューヌLouis-François Lejeune1775年-1848年) - 少将画家。【19列】 アンドレ・ジョセフ・ルメール(フランス語版)(André Joseph Lemaire1738年-1802年) - 中将。【5列】 ジャン・ル・マロワ(フランス語版)(Jean Léonor François Le Marois、1776年-1836年) (l’Arc indique Lemarois) - 中将。【11列】 ルイ・ルモワーヌ(フランス語版)(Louis Lemoine1754年-1842年) - 中将。【6列】 アンリ・マリー・ルヌーリー(フランス語版)(Henri Marie Lenoury、1771年-1839年)、Nouryと記。 - 中将。【40列】 ルイ・ルピック(フランス語版)(Louis Lepic、1765年-1827年) - 中将。【20列】 フランソワ・ジョセフ・デチエンヌ・ド・ショーズグロ・ド・レリィ(フランス語版)(François Joseph d’Estienne de Chaussegros de Lery1754年-1824年) - 少将。【31列】 オーギュスタン・ド・レパナーゼ(フランス語版)(Augustin de Lespinasse1736年-1816年) - 中将。【35列】 ルイ・ミシェル・ルトゥール(フランス語版)(Louis Michel Letort、1773年-1815年) - 中将シャルルロワプロイセン軍戦い戦死。【8列】 フランソワ・シャルル・ミシェル・ルトゥルク(François Charles Michel Leturcq、1769年-1799年)、凱旋門には「Leturc」と記。 - adjudant-généralアブキールの戦い戦死。【28列】 ジャン・フランソワ・ルヴァル(フランス語版)(Jean François Leval、1762年-1834年) - 中将。【7列】 アレクシ・ル・ヴニュー・ド・ティリエール(フランス語版)(Alexis Paul Michel Tanneguy Le Veneur de Tillières1746年-1833年)、凱旋門には「Leveneur」と記。 - 中将。【4列】

※この「Le」の解説は、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の解説の一部です。
「Le」を含む「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事については、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の概要を参照ください。


LE(ライフエネルギー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 05:28 UTC 版)

ロックマンX コマンドミッション」の記事における「LE(ライフエネルギー)」の解説

キャラクター動かエネルギーいわゆるヒットポイントである。残りが0になるとダウン戦闘不能)するが、バトル終了時には残り1の状態で復帰するレベルアップサブタンクによって回復できる

※この「LE(ライフエネルギー)」の解説は、「ロックマンX コマンドミッション」の解説の一部です。
「LE(ライフエネルギー)」を含む「ロックマンX コマンドミッション」の記事については、「ロックマンX コマンドミッション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Le」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Le」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Le」の関連用語

Leのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Leのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧 (改訂履歴)、ロックマンX コマンドミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS