ケルビンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 物理学者 > ケルビンの意味・解説 

ケルビン【Kelvin】


ケルビン【kelvin】

国際単位系SI)の基本単位で、絶対温度熱力学温度)の単位初め水の三重点熱力学温度の273.16分の1とされたが、2019年5月20日以降は、物理定数ボルツマン定数を用いる定義が適用された。英国物理学者ケルビンの名にちなむ。記号K

[補説] 1ケルビンは1.380649×1023ジュール熱エネルギー変化等しい。


ケルビン 【K】

【参】色温度

ケルビン K

熱力学温度単位で、K記号を用いる。1K=1/273.16である。 一般に使われているとの関係はt=(t+273.15)k273.16でなく273.15に 注意すること。ケルビン0は-273.15℃である。

ケルビン

絶対温度単位(K)ランプ光色を表す色温度単位は、絶対温度ケルビン(K)示し赤みの色は数値が低く、青白くなるほど高い値となり、色温度が高いという

ケルビン(K)

国際単位系基本単位一つ絶対温度単位記号はK。絶対温度の0度(絶対零度)は熱運動が完全に消滅した状態に対応する。日本で用いられる摂氏温度目盛との関係は,ケルビン温度をT(K)摂氏温度目盛をT()とすると K=T+273.16

ケルビン

英訳・(英)同義/類義語:kelvin

ヘリウム常圧における液化温度気化温度)を基準とした絶対温度。−273を0Kとする。

ケルビン


ケルビン

名前 KelvinCalvin

ケルビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 05:04 UTC 版)

ケルビン英語: kelvin, 記号: K)は、熱力学温度(絶対温度)の単位である。国際単位系 (SI) において基本単位の一つとして位置づけられている。




注釈

  1. ^ 第26回国際度量衡総会の決定。2019年5月20日施行。
  2. ^ 第三条 前条第一項第一号に掲げる物象の状態の量のうち別表第一の上欄に掲げるものの計量単位は、同表の下欄に掲げるとおりとし、その定義は、国際度量衡総会の決議その他の計量単位に関する国際的な決定及び慣行に従い、政令で定める。
  3. ^
  4. ^ 温度の単位としてケルビンを用いることで、シャルルの法則をより簡便に表すことができる。

出典

  1. ^ A concise summary of the International System of Units, SI Table 1 The seven base units of the SI、第2ページ
  2. ^ Updating the definition of the kelvin”. 国際度量衡局. 2010年2月23日閲覧。
  3. ^ a b Resolution 4: Definition of the SI unit of thermodynamic temperature (kelvin)”. Resolutions of the 13th CGPM. Bureau International des Poids et Mesures (1967年). 2008年2月6日閲覧。
  4. ^ Lord Kelvin, William (October 1848). “On an Absolute Thermometric Scale”. Philosophical Magazine. http://zapatopi.net/kelvin/papers/on_an_absolute_thermometric_scale.html 2008年2月6日閲覧。. 
  5. ^ Resolution 3: Definition of the thermodynamic temperature scale”. Resolutions of the 10th CGPM. Bureau International des Poids et Mesures (1954年). 2008年2月6日閲覧。
  6. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) pp. 20, 24。
  7. ^ a b Resolution 3: SI unit of thermodynamic temperature (kelvin)”. Resolutions of the 13th CGPM. Bureau International des Poids et Mesures (1967年). 2008年2月6日閲覧。
  8. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) pp. 59, 61。
  9. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) pp. 85–86『CIPM, 2005年 熱力学温度の単位, ケルビンの定義の明確化』 。
  10. ^ Unit of thermodynamic temperature (kelvin)”. SI Brochure, 8th edition. Bureau International des Poids et Mesures. pp. Section 2.1.1.5 (1967年). 2008年2月6日閲覧。
  11. ^ Fischer, J. et al (2007年5月2日). “Report to the CIPM on the implications of changing the definition of the base unit kelvin (PDF)”. 2011年1月2日閲覧。
  12. ^ Ian Mills (2010年9月29日). “Draft Chapter 2 for SI Brochure, following redefinitions of the base units”. CCU. 2011年1月1日閲覧。
  13. ^ “General Conference on Weights and Measures approves possible changes to the International System of Units, including redefinition of the kilogram.” (プレスリリース), Sèvres, France: 国際度量衡総会, (2011年10月23日), http://www.bipm.org/utils/en/pdf/Press_release_resolution_1_CGPM.pdf 2011年10月25日閲覧。 
  14. ^ Resolution 1 of the 25th CGPM (2014)”. Sèvres, France: International Bureau for Weights and Measures (2014年11月21日). 2014年12月14日閲覧。
  15. ^ Timetable for the future revision of the International System of Units News from the BIPM, BIPM, 2015-01
  16. ^ Draft Resolution A On the revision of the International System of Units (SI) Draft Resolution A – 26th meeting of the CGPM (13-16 November 2018),Appendix 3. "The base units of the SI",第3ページ目, 2018-02-06
  17. ^ Joint CCM and CCU roadmap for the adoption of the revision of the International System of Units 3ページ目、2019年の欄
  18. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 42。
  19. ^ Rules and style conventions for expressing values of quantities”. SI Brochure, 8th edition. Bureau International des Poids et Mesures. pp. Section 2.1.1.5 (1967年). 2012年8月27日閲覧。
  20. ^ SI Unit rules and style conventions”. National Institute of Standards and Technology (2004年9月). 2008年2月6日閲覧。
  21. ^ Rules and style conventions for expressing values of quantities”. SI Brochure, 8th edition. Bureau International des Poids et Mesures. pp. Section 5.3.3 (1967年). 2015年12月13日閲覧。
  22. ^ Barry N. Taylor (2008) (.PDF). Guide for the Use of the International System of Units (SI). Special Publication 811. National Institute of Standards and Technology. http://physics.nist.gov/cuu/pdf/sp811.pdf 2011年3月5日閲覧。. 
  23. ^ Units with special names and symbols; units that incorporate special names and symbols”. SI Brochure, 8th edition. Bureau International des Poids et Mesures. pp. Section 2.2.2, Table 3 (2006年). 2016年6月27日閲覧。
  24. ^ 技術情報”. スガツネ工業. 2015年10月29日閲覧。
  25. ^ “22.2”. The Unicode Standard, Version 8.0. Mountain View, CA, USA: The Unicode Consortium. (August 2015). ISBN 978-1-936213-10-8. http://www.unicode.org/versions/Unicode8.0.0/ch22.pdf 2015年9月6日閲覧。 



ケルビン

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:07 UTC 版)

語源

イギリス物理学者ウィリアム・トムソン (William Thomson, 1st Baron Kelvin) の通称名ケルヴィン卿Lord Kelvin)にちなむ。

名詞

ケルビン

  1. (物理) 絶対温度単位記号 K。1ケルビンは、水の三重点熱力学温度の273.16分の1のこと。

翻訳




ケルビンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ケルビン」の関連用語

ケルビンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ケルビンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2021.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2021 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2021 モーターマガジン社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケルビン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのケルビン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS