JIS_X_0213とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > JIS_X_0213の意味・解説 

JIS X 0213

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 02:01 UTC 版)

JIS X 0213JIS X 0208:1997を拡張した日本語用の符号化文字集合を規定する日本産業規格 (JIS) である。規格名称は「7ビット及び8ビットの2バイト情報交換符号化拡張漢字集合」である[1]




  1. ^ a b c JSA Web Store - JIS X 0213:2000 7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合”. 2015年3月23日閲覧。
  2. ^ 出典: フリーグリフデータベース『グリフウィキ(GlyphWiki)』 グループ:第3水準に存在する常用・人名用漢字
  3. ^ Twitterで旧字が化ける? CJK互換漢字という罠
  4. ^ I18N: 令の字にUNICODEのコードが2つあったはなし
  5. ^ Twitterで旧字が化ける? CJK互換漢字という罠
  6. ^ 新漢字則 (JIS X 0213:2004) にあるイオが作成した「Windows 9x/NT を JIS X 0213 対応にするパッチ」はそのような実装が行われている例である。
  7. ^ メイリオ」、「MS ゴシック3書体(MS ゴシック、MS Pゴシック、MS UI Gothic)」および「MS 明朝2書体(MS 明朝、MS P明朝)」がJIS X 0213:2004対応フォントである。
  8. ^ Microsoft Windows Vista:JIS X 0213:2004 対応と新日本語フォント「メイリオ」について(2008年5月4日時点のアーカイブ)」を参照。
  9. ^ 2007年10月に公開したIPAフォントVer.2からJIS X0213:2004に準拠した。詳細はIPA フォント新シリーズの公開 (PDF) (2010年3月7日時点のアーカイブ)を参照。
  10. ^ 例えば「ヒラギノ角ゴ ProN W3」では、Ð (U+00F0) 以外に対応していない。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「JIS_X_0213」の関連用語

JIS_X_0213のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



JIS_X_0213のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJIS X 0213 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS