Shift_JISとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Shift_JISの意味・解説 

Shift JIS

読み方シフトジス
別名:シフトJISコードShift JISコード

Shift JISとは、日本工業規格JIS X 0208)で規定されている日本語の文字コードである。Windowsをはじめ、日本語の文字コードとして最も一般的に用いられている文字コード一つとなっている。

日本語使用する際の文字コードとしては、他にEUC-JPUTF-8なども利用されている。


Shift_JIS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/02 03:53 UTC 版)

Shift_JIS(シフトジス)は、コンピュータ上で日本語を含む文字列を表現するために用いられる文字コードの一つ。かつてはベンダーによる独自拡張を含む文字コード群を指した曖昧な名称であったが、1997年に標準化文書JIS X 0208:1997の附属書1で規定された。「Shift_JIS」はIANAにおける登録名である[1]




  1. ^ a b c CHARACTER SETS”. IANA. 2011年7月4日閲覧。
  2. ^ 古川享 「私のマイコン遍歴、日本のパソコン30年史、その1」の2005年12月28日のコメント 『古川享ブログ』 2005年12月28日[リンク切れ]
  3. ^ 安岡孝一 「日本における最新文字コード事情」『システム/制御/情報』、Vol. 45, No. 9, pp. 528–535, 2001
    安岡孝一 「シフトJISの誕生」 2005年12月22日
    安岡孝一 「Re:古川享さんがシフトJIS誕生について書いています」 2005年12月29日
    安岡孝一、安岡素子『文字符号の歴史 欧米と日本編』共立出版 2006年2月 ISBN 978-4-320-12102-7
  4. ^ 山下良蔵 「私のマイコン遍歴、日本のパソコン30年史、その1」の2006年9月21日のコメント 『古川享ブログ』 2006年9月21日
  5. ^ 安岡孝一「Re:古川享さんがシフトJIS誕生について書いています」 2006年09月29日
  6. ^ 西田憲正「Unix風の機能を持ち込んだ日本語MS-DOS2.0の機能と内部構造」『日経エレクトロニクス』 1983年12月19日号、pp.165-190。
  7. ^ a b c d Windows環境 (CP932) で該当。
  8. ^ 817C。Windows環境では全角マイナス「-」が該当する。
  9. ^ 日本OSS推進フォーラム プラットフォーム部会 マイグレーションタスクフォース (2009年7月10日). “Linuxマイグレーションガイド LinuxのShift JISサポート -現状とその対応策-”. 2018年10月16日閲覧。
  10. ^ Char-Sjis-1.08 - Native Encoding Support by Traditional Scripting - metacpan.org
  11. ^ Encode-3.00 - character encodings in Perl - metacpan.org




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Shift_JIS」の関連用語

Shift_JISのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Shift_JISのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリShift JISの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのShift_JIS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS