シグマとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > シグマの意味・解説 

シグマ [1] 【sigma・ Σ ・ σ ・ ς 】


Σ,σ,ς (シグマ)

〖sīgma
(Σ)数学で,同種の数値総和を表す記号

シグマ

英語 SIGMA

1970年代活躍した日本コンストラクター60年代後半トヨタでレーシングマシンの開発に携わった加藤眞が、72年トヨタをやめたあとに設立最初当時隆盛だったGCシリーズ用にGC73を開発し、翌73年にはその改良型のMC73で、日本製マシンとして初めルマン挑戦した。その後75年までルマン挑戦しつづけたが、目立った成績を残せないまま撤退。なお、加藤その後一時レース界を離れたが、86年復帰してサード設立、現在はトヨタ・スープラ国内GT選手権参戦している。


シグマ

英語 Siguma

初代モデルは、1990年11月デビューした。初代ディアマンテ(90年5月発売)の双生児車で、2720mmのホイールベースは同じだった。しかしボディタイプはディアマンテが4ドアピラードハードトップなのに対して4ドアセダンの6ライトというレイアウトだった。エンジンはすべてV6で、2L・125ps、2.5L・DOHC・175ps、3L・DOHC・210psをそろえ、駆動方式FF4WDがあった。

93年1月ショーファー仕様の20Eエグゼクティブ発売11月マイナーチェンジでは、ヘッドランプ変更とラジエーターグリルのボディカラー化を実施した。95年1月ディアマンテフルモデルチェンジがあったが、いつも同時発表だったシグマの名前はなく、この時点で名称は消えた実際に前年12月生産中止した。

シグマ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

シグマ

参考
  • Σ

Σ

(シグマ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/12 09:37 UTC 版)

Σ, σ, ςシグマ: σίγμα / σῖγμα, : sigma)は、ギリシア文字の一つ。伝統的な配列では 18 番目の文字。数価[1]は200。現代ギリシア語では、語末形の "ς" を 6を表す "ϛ" スティグマの代用として用いる。ラテンアルファベットの "S"、キリル文字の "С" は、この文字に由来する。


  1. ^ 文字に当てはめられた数値のこと。ギリシアの数字を参照。
  2. ^ Jeffery, Lilian H. (1961). The local scripts of archaic Greece. Oxford: Clarendon. pp. 25–27. 
  3. ^ Woodard, Roger D. (2006). “Alphabet”. In Wilson, Nigel Guy. Encyclopedia of ancient Greece. London: Routldedge. p. 38. 
  4. ^ Edward M. Thompson (1912). Introduction to Greek and Latin paleography, Oxford: Clarendon. p. 108, 144.
  5. ^ Edward C. D. Hopkins, Numismatica Font Projects.


「Σ」の続きの解説一覧



シグマと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「シグマ」に関係したコラム

  • FXやCFDの線形回帰チャネルとは

    線形回帰チャネルとは、線形回帰分析の1つで線形回帰線の上部と下部に線を引いたものです。一般的にFXやCFDなどで取引される銘柄の価格は、線形回帰チャネル内に収まりながら推移します。線形回帰チャネルは、...

  • FXのボリンジャーバンドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のボリンジャーバンド(略称、ボリバン)とは、現在の為替レートが高値圏にあるか安値圏にあるかを判断するためのテクニカル指標です。また、ボリンジャーバンドはトレンドの転換点を見つ...

  • FXのチャート分析ソフトMT4でボリンジャーバンドの1σ、2σ、3σを一度に表示するには

    ボリンジャーバンドは、+1σと-1σの間で推移するのがおよそ68%、+2σと-2σの間で推移するのがおよそ95%、そして、+3σと-3σの間で推移するのがおよそ98%といわれています。FX(外国為替証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シグマ」の関連用語

シグマのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シグマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2019 数理検定協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのΣ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS