刻印とは? わかりやすく解説

こく‐いん【刻印】

読み方:こくいん

[名](スル)

印を彫ること。また、その印。

刻みつけること。「幼児期に—された心象

極印(ごくいん)2」に同じ。


刻印

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

刻印(こくいん)

銘文と共に自作証明する手段として独自の紋章刻み込むこと、またその印章偽物を防ぐ目的と、美感高め目的があった。水心子、大慶月山一派に多い。印は硬度の高い金属作られていたが、損傷激しいために刀工生涯のうち幾度か作り直している。このため、その形と損傷の程度により作刀年代推し計ることも可能である

刻印

作者小林泰三

収載図書-か-コレクション
出版社メディアワークス
刊行年月2002.2
シリーズ名電撃文庫

収載図書目を擦る女
出版社早川書房
刊行年月2003.9
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


刻印

作者ジル・ド・サンタヴィ

収載図書恋人
出版社白亜書房
刊行年月2005.5


刻印

作者ヒキタクニオ

収載図書東京ボイス
出版社講談社
刊行年月2006.4


刻印

作者横山秀夫

収載図書影踏み
出版社祥伝社
刊行年月2007.2
シリーズ名祥伝社文庫


刻印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/19 13:30 UTC 版)

剣の女王と烙印の仔」の記事における「刻印」の解説

神々の力を持った者の、額及び両手刻まれている痣のような印。紋様個体差があり、それぞれ神々のうちの一柱しめしており、固有の異能有している。活性化する青く発光する三大公家異能はいずれも「黒き獣」の力の一部であり、「」の紋様を持つクリスが彼らを殺害していくと力を取り戻していくようになっている一方アナスタシアミネルヴァ紋様は神そのものの力であり、能力三大公家の力より上である。

※この「刻印」の解説は、「剣の女王と烙印の仔」の解説の一部です。
「刻印」を含む「剣の女王と烙印の仔」の記事については、「剣の女王と烙印の仔」の概要を参照ください。


刻印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/04 03:37 UTC 版)

タロットの御主人様。」の記事における「刻印」の解説

タロット憑依された者の体に現れる印。唐草模様に似ており、その形と色でタロット属性特定できる占現師の物になったタロットは、その占現師に刻印をキスされないと詩篇発動できない

※この「刻印」の解説は、「タロットの御主人様。」の解説の一部です。
「刻印」を含む「タロットの御主人様。」の記事については、「タロットの御主人様。」の概要を参照ください。


刻印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 06:04 UTC 版)

Soranica Ele -ソラニカ エレ-」の記事における「刻印」の解説

学園入学できる者だけが持つもの。普段は見えないが、特殊能力発動させると、胸に刻印が現れ背中羽が生える

※この「刻印」の解説は、「Soranica Ele -ソラニカ エレ-」の解説の一部です。
「刻印」を含む「Soranica Ele -ソラニカ エレ-」の記事については、「Soranica Ele -ソラニカ エレ-」の概要を参照ください。


刻印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:04 UTC 版)

1001 (漫画)」の記事における「刻印」の解説

亡霊の星地球ぶつかった時に散らばったかけらが人々に取付いたもの。刻印を持つ者地球と星を行き来するエージェント星の刻印者)」と認められる。七糸は左肩に、勇高は右肩に刻印を持つ。

※この「刻印」の解説は、「1001 (漫画)」の解説の一部です。
「刻印」を含む「1001 (漫画)」の記事については、「1001 (漫画)」の概要を参照ください。


刻印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 09:40 UTC 版)

シグマ ハーモニクス」の記事における「刻印」の解説

音使いであるシグマが人の会話状況から重要な音を聞き分け深層下に刻み込んだ情報の塊。

※この「刻印」の解説は、「シグマ ハーモニクス」の解説の一部です。
「刻印」を含む「シグマ ハーモニクス」の記事については、「シグマ ハーモニクス」の概要を参照ください。


刻印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:22 UTC 版)

四十七大戦」の記事における「刻印」の解説

併合され都道府県所有証として身体に付けられるもの。刻印を付けられたことを喜ぶ者もいれば嫌がる者もいる。領主は刻印を通じて電気走ったような痛み与えことが出来るまた、併合した県がダメージ受けれ領主伝わる。

※この「刻印」の解説は、「四十七大戦」の解説の一部です。
「刻印」を含む「四十七大戦」の記事については、「四十七大戦」の概要を参照ください。


刻印(スペル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 06:42 UTC 版)

ばいばい、アース」の記事における「刻印(スペル)」の解説

剣にそれぞれ刻まれており、刻まれスペルによって剣は特殊な効果を発揮する。

※この「刻印(スペル)」の解説は、「ばいばい、アース」の解説の一部です。
「刻印(スペル)」を含む「ばいばい、アース」の記事については、「ばいばい、アース」の概要を参照ください。


刻印(こくいん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 02:45 UTC 版)

華鬼」の記事における「刻印(こくいん)」の解説

鬼が己の花嫁に刻む印。外見関係なく異性魅了する独特な芳香放っており、その強さは刻印を刻んだ鬼の強さ比例する

※この「刻印(こくいん)」の解説は、「華鬼」の解説の一部です。
「刻印(こくいん)」を含む「華鬼」の記事については、「華鬼」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「刻印」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「刻印」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

刻印のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



刻印のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2022 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの剣の女王と烙印の仔 (改訂履歴)、タロットの御主人様。 (改訂履歴)、Soranica Ele -ソラニカ エレ- (改訂履歴)、1001 (漫画) (改訂履歴)、シグマ ハーモニクス (改訂履歴)、四十七大戦 (改訂履歴)、ばいばい、アース (改訂履歴)、華鬼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS