硬度とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 程度 > 硬度の意味・解説 

こう‐ど〔カウ‐〕【硬度】

物体硬さ程度金属などは、鋼球を一定の圧力押しつけてできるくぼみの大小で表す。鉱物場合は、互いにひっかき合わせて調べる。→押し込み硬さ引っ掻き硬さ微小硬さモース硬さ

水のカルシウムイオン・マグネシウムイオンを含有する程度酸化カルシウム換算して、1立方メートル中に10グラム含むときを1度とする。硬度20以上を硬水10以下を軟水という。

X線物体透化する度合い


硬度

水中に溶存するカルシウムイオンおよびマグネシウムイオンの量を,これに対応する炭酸カルシウムの量に換算して示したもので,単位mg/Lで表します。 
10~100mg/L程度が「おいしい水」であると言われています。硬度が高すぎると石鹸泡立ちが悪く,よごれが落ちにくくなることが知られています。また,飲み水としては,高濃度であると下痢起こしたり,胃腸障害起こすと言われています。 
軟水 0~60mg/L
中程度の硬水 60~120mg/L
硬水 120~180mg/L
非常な硬水 180mg/L以上
WHO水質ガイドラインより

硬度

英語 hardness

水中カルシウムイオンおよびマグネシウムイオンの量を、これに対応する炭酸カルシウムの量に換算したもの。または換算した質量(mg/&) のこと。通常材質や塗面の表面硬度を指す場合硬さ表現する。硬さとは物体硬軟程度を示す量であって一般的にはほかの、より硬い物体試料押し込む、あるいは引っかくときに示す抵抗をもってはかる。金属材料では使用試験によってブリネル硬さビッカース硬さロックウェル硬さショア硬さなどという。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

硬度

読み方:こうど
【英】:hardness

物体硬さ程度表わす語。定量的に定義することはむずかしいが、
(1)押込み法(ブリネル硬さロックウエル硬さ)、
(2)引っかき法(モース硬さ)、
(3)はね返り法(ショアー硬さ
などの試験により測定する。

硬度(こうど)

水中カルシウムマグネシウムの量を総体的酸化カルシウム量で表した値。硬度の高い硬水といい、逆に低い軟水という。また、硬水中の硬度成分取り除き軟水にすることを軟化という。

硬さ

(硬度 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/31 17:05 UTC 版)

硬さ(かたさ、: hardness硬度)とは物質、材料の特に表面または表面近傍の機械的性質の一つであり、材料が異物によって変形や傷を与えられようとする時の、物体の変形しにくさ、物体の傷つきにくさである。工業的に比較的簡単に検査でき、これを硬さ試験法と呼ぶ。例えば鋼製品の熱処理結果の管理などに用いられている。




「硬さ」の続きの解説一覧



硬度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「硬度」の関連用語

硬度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



硬度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2021, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2021 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2021 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硬さ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS