軟化とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 軟化 > 軟化の意味・解説 

なん‐か〔‐クワ〕【軟化】

[名](スル)

かたい物がやわらかくなること。固形物質が加熱によってやわらかくなり、変形しやすくなること。また、物をやわらかくすること。⇔硬化

主張態度やわらげ穏やかになること。また、穏やかにすること。「深夜に及ぶ説得態度を軟化させる」⇔硬化

取引で、相場が下がり気味になること。⇔硬化

硬水中のカルシウムマグネシウム取り除き、軟水にすること。

野菜食用部分白くやわらかに生長させること。軟白


なん‐か ‥クヮ 【軟化】

〔名〕

(イ) 一般に、硬いものがやわらかくなること。柔軟なものに変化すること。⇔硬化

(ロ) 固体加熱によりやわらかく変形しやすくなること。ガラス・アスファルト・プラスチックなどに見られる現象。⇔硬化

(ハ) 熱処理により炭素鋼材質をやわらかくすること。また、その方法、⇔硬化

(ニ) 医学細胞組織軟弱になること。〔医語類聚(1872)〕

(ホ) 硬水中のカルシウムイオンやマグネシウムイオンを取り除き、軟水にすること。〔家事研究1920)〕

強硬だった主張態度やわらげられて穏やかになること。また、そのようにすること。⇔硬化

ホトトギス第四第一号のはじめに1900)〈正岡子規〉「万一我々が都会腐敗一掃する前に軟化して勇気挫けたといふやうな事があったら

取引市場で、相場安くなること。また、買いから売り転じること。⇔硬化。〔取引所用語字彙1917)〕

海を見に行く1925)〈石坂洋次郎〉「後場(ごば)軟化でガラ落ちってえんだから」

通風や照光を遮断することによって、ウド・アスパラガス・ナガネギなど野菜類の食用とする部分緑色化や硬質化を防ぎ軟質を保ちながら生長させ、食用として利用しやすいようにすること。軟白


軟化

読み方:なんか

  1. 取引所の語。買屋売屋となること。
  2. 硬化対す。敵に対して妥協気分となる事。②〔経〕取引所用語。市況劣勢に転じた事。
  3. 相場安くなること。

分類 取引所株式、経

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

軟化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/11 17:26 UTC 版)

軟化(なんか、: malacia)とは病的に組織が柔らかくなることを意味する医学用語であり、他の用語と組み合わせて用いられる(主に末尾に位置し、疾病を示す場合が軟化症が用いられる)。中枢神経系は脂肪含量が多いために液化壊死を起こしやすく、その状態を指して単に軟化と呼ぶ場合もある。




「軟化」の続きの解説一覧



軟化と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「軟化」の関連用語

軟化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軟化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軟化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS