石鹸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 石鹸 > 石鹸の意味・解説 

サボン【(フランス)savon】

読み方:さぼん

「シャボン」に同じ。

[補説] 「石鹸」とも書く。


せっ‐けん〔セキ‐〕【石×鹸】


石鹸

読み方:セッケン(sekken)

洗剤として得る、高級脂肪酸ナトリウム塩


石鹸(シヤボン)

作者火坂雅志

収載図書壮心の夢
出版社徳間書店
刊行年月1999.7


石鹸

作者火坂雅志

収載図書壮心の夢
出版社徳間書店
刊行年月2003.1
シリーズ名徳間文庫

収載図書短篇小説集 軍師生きざま
出版社作品社
刊行年月2008.11


石鹸

作者魯迅

収載図書魯迅文集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1991.3
シリーズ名ちくま文庫


石鹸

作者三砂ちづる

収載図書月の小屋
出版社毎日新聞社
刊行年月2008.1


石鹸

読み方:セッケン(sekken)

作者 林芙美子

ジャンル 小説


石鹸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/27 14:06 UTC 版)

石鹸(石鹼、せっけん、シャボン、: sabào)は、一般に汚れ落としの洗浄剤を示す語である。また高級脂肪酸塩(えん)の総称である。


注釈

  1. ^ 駄菓子屋で売られていた紙石鹸は女の子が本の間に挟んで香りを楽しむという使用方法もあった
  2. ^ サポニンを多く含む、エゴノキムクロジなど。インドではリタ(reetha)、ソープナッツとも呼ばれ、現在も粉末が利用されている。

出典

  1. ^ Tumosa, Charles S. (2001年9月). “A Brief History of Aluminum Stearate as a Component of Paint” (英語). cool.culturalheritage.org. 2022年5月26日閲覧。
  2. ^ Cleancult. “What's The Difference Between Soap and Detergent” (英語). Cleancult. 2022年5月26日閲覧。
  3. ^ おふろ宇宙航空研究開発機構
  4. ^ Holman, John S. (2001). Chemistry.. Phil Stone (2nd ed. ed.). Cheltenham: Nelson Thornes. ISBN 0-7487-6239-6. OCLC 49984041. https://www.worldcat.org/oclc/49984041 
  5. ^ 石鹸と硬水・軟水” (日本語). 石鹸百科. 2022年5月26日閲覧。
  6. ^ a b c d 日本石鹸洗剤工業会
  7. ^ Commissioner, Office of the (2020年3月24日). “FDA issues final rule on safety and effectiveness of antibacterial soaps” (英語). FDA. 2022年5月26日閲覧。
  8. ^ 厚生労働省発表資料(医薬部外品・化粧品) | 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構”. www.pmda.go.jp. 2022年5月26日閲覧。
  9. ^ Online, D. I.. “厚労省、薬用せっけんの成分変更を要請” (日本語). DI Online. 2022年5月26日閲覧。
  10. ^ a b 日本大百科全書. “薬用石ケン”. コトバンク. 2020年3月22日閲覧。
  11. ^ Kumazawa, Taeko (2021年4月20日). “紙石鹸とは? コロナ対策に携帯できるおすすめの紙石鹸15選” (日本語). ELLE. 2022年5月26日閲覧。
  12. ^ 昭和の懐かし「紙せっけん」コロナ禍で再ブーム!? 年間売り上げ35万円→370万円に” (Japanese). 神戸新聞NEXT (2021年11月18日). 2022年5月26日閲覧。
  13. ^ コロナ禍で再注目の「紙せっけん」 衛生意識の向上から“売上100倍”のメーカーも…元々は子供向けで駄菓子店等に”. FNNプライムオンライン. 2022年5月26日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 暮らしの中の石けん・洗剤”. 日本石鹸洗剤工業会. 2019年10月17日閲覧。
  15. ^ 石鹸洗剤の歴史日本石鹸洗剤工業会
  16. ^ シリア 千年の潤い|中東解体新書 - NHK
  17. ^ 石けん洗剤の歴史
  18. ^ a b ティドビット〜水まわりのまめ知識〜”. TOTO. 2013年5月25日閲覧。
  19. ^ a b タイムスリップよこはま - 根岸周辺 - - 石鹸工場発祥の地 -”. www.timeslip-y.jp. 2022年5月27日閲覧。
  20. ^ 石鹸業界における流通の変遷 : 石鹸業界の誕生から統制解除まで 宝子山 嘉一 2017年8月26日
  21. ^ 日本石鹸洗剤工業会「石けん洗剤知識」を一部改変
  22. ^ Kawahara, Takayoshi; Akiba, Isamu; Sakou, Megumi; Sakaguchi, Takemasa; Taniguchi, Hatsumi (2018-09-27). “Inactivation of human and avian influenza viruses by potassium oleate of natural soap component through exothermic interaction”. PLOS ONE 13 (9): e0204908. doi:10.1371/journal.pone.0204908. ISSN 1932-6203. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0204908. 
  23. ^ シャボン玉石けん、天然石けん成分「オレイン酸カリウム」の高い抗ウイルス効果を実証” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年5月1日閲覧。
  24. ^ 50 雑貨工業品品質表示規定経済産業省
  25. ^ 洗濯用又は台所用の石けん消費者庁
  26. ^ JISK3304:2019 石けん試験方法”. www.kikakurui.com. 2022年5月26日閲覧。
  27. ^ 「2-611 飽和脂肪酸(C=8〜18、直鎖型)のナトリウム塩または不飽和脂肪酸(C=16〜18、直鎖型)のナトリウム塩」「2-611 飽和脂肪酸(C=8〜18、直鎖型)のカリウム塩又は不飽和脂肪酸(C=18、直鎖型)のカリウム塩」化審法データベース 独)製品評価技術基盤機構
  28. ^ Cowan-Ellsberry, Christina; Belanger, Scott; Dorn, Philip; Dyer, Scott; McAvoy, Drew; Sanderson, Hans; Versteeg, Donald; Ferrer, Darci et al. (2014-09-02). “Environmental Safety of the Use of Major Surfactant Classes in North America” (英語). Critical Reviews in Environmental Science and Technology 44 (17): 1893–1993. doi:10.1080/10739149.2013.803777. ISSN 1064-3389. PMC 4130171. PMID 25170243. http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/10739149.2013.803777. 
  29. ^ 2-1.魚介類への毒性 - 洗浄・洗剤の科学
  30. ^ 初期リスク評価書NITE-化学物質管理分野
  31. ^ a b 下水道における白色固形物の成分組成変化調査”. 中部管理事務所 芝浦処理場. 2022年5月26日閲覧。
  32. ^ 環境用語集:「オイルボール」|EICネット”. www.eic.or.jp. 2022年5月26日閲覧。
  33. ^ 都民のみなさまへお願い|東京都下水道局” (日本語). 東京都下水道局. 2022年5月26日閲覧。
  34. ^ 知ってる?合流式下水道|東京都下水道局” (日本語). 東京都下水道局. 2022年5月26日閲覧。
  35. ^ 東京湾の廃油ボール激減/都の下水道改善で成果”. 四国新聞社. 2022年5月26日閲覧。


「石鹸」の続きの解説一覧

石鹸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/24 00:05 UTC 版)

陰イオン界面活性剤」の記事における「石鹸」の解説

油脂鹸化法 牛脂ヤシ油オリーブ油などの天然油脂水酸化ナトリウム用いて鹸化する方法。 R-COOCH2CH(OOC-R)CH2OOC-R + 3 NaOH → C3H5(OH)3 + 3 R-COO-Na以前は炭酸ナトリウム用いた方法で合成されていた。 2 R-COOCH2CH(OOC-R)CH2OOC-R + 3 Na2CO3 + 6 H2O → 3 H2CO3 + 2 C3H5(OH)3 + 6 R-COO-Na

※この「石鹸」の解説は、「陰イオン界面活性剤」の解説の一部です。
「石鹸」を含む「陰イオン界面活性剤」の記事については、「陰イオン界面活性剤」の概要を参照ください。


石鹸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:51 UTC 版)

Dr.STONE」の記事における「石鹸」の解説

貝殻粉々にした炭酸カルシウムを元に作り出した洗浄剤

※この「石鹸」の解説は、「Dr.STONE」の解説の一部です。
「石鹸」を含む「Dr.STONE」の記事については、「Dr.STONE」の概要を参照ください。


石鹸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 17:56 UTC 版)

マーク・ボイル」の記事における「石鹸」の解説

ソープ・ナッツムクロジの木の実を乾燥させたもの)を煮詰めて作っている。

※この「石鹸」の解説は、「マーク・ボイル」の解説の一部です。
「石鹸」を含む「マーク・ボイル」の記事については、「マーク・ボイル」の概要を参照ください。


石鹸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 07:21 UTC 版)

手洗い」の記事における「石鹸」の解説

薬用石鹸には皮膚の殺菌消毒用のデオドラントソープと肌荒れ防止用のメディカルソープの2種類がある。デオドラントソープには塩化ベンザルコニウムやイソプロピルメチルフェノール、トリクロサン等の殺菌剤成分含有されている。またメディカルソープには肌荒れ防止する成分含まれており、アセルイセチアンサン塩等の界面活性剤洗浄成分として含有される肌荒れ予防用のクリーム等の共同使用避けるべきである。

※この「石鹸」の解説は、「手洗い」の解説の一部です。
「石鹸」を含む「手洗い」の記事については、「手洗い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「石鹸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

石鹸


石鹼

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 14:05 UTC 版)

名詞

せっけん

  1. 洗剤一つ代表的製法は、動植物油脂水酸化ナトリウム鹼化し塩析する。

関連語

翻訳


「石鹸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



石鹸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石鹸」の関連用語

石鹸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石鹸のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石鹸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの陰イオン界面活性剤 (改訂履歴)、Dr.STONE (改訂履歴)、マーク・ボイル (改訂履歴)、手洗い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの石鹸 (改訂履歴)、石鹼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS