テンプレートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 用具 > テンプレートの意味・解説 

テンプレート

英語:template

テンプレートとは

テンプレート(英: template)とは、「型板」や「鋳型という意味を持つ英単語である。

テンプレートは「型に流し込んで、同じ形のものをつくりだすことから一般では「定型文」「ひな形」「決まった様式」などの意味で用いられるまた、インターネット上ではテンプレ」と略して用いられる傾向があり、インターネット上でテンプレと書かれた場合は、同じような文章決まり文句繰り返されるような状況用いられることが多い。

テンプレート(template)の語源・由来

テンプレート(template)の語源は「伸子・籡(しんし)」という意味を持つtempleである。伸子とは、布を洗ったり染色したりするときに、布幅左右均等にぴんと張った状態にする棒状のもののこと。「一定の状態にする」という意味から、templateの「型」という意味生じた

インターネット用語としてのテンプレート(テンプレ)の用法

テンプレート(テンプレ)は、同じ文章決まり文句繰り返されるような状況用いられることが多い傾向にある。

たとえば、5ちゃんねるなどの電子掲示板システムで、新しスレッド会話)を立てるたびに趣旨単語登場人物説明が行われるが、これらの概略やまとめのことをテンプレと呼ぶ

また、SNS掲示板やりとりなどで見受けられる決まりきった表現反応のこともテンプレと呼ぶ。たとえばSNSで「仕事終わったと書かれたものに対して「オツー」(おつかれさまの意味)と毎回のようにする同じ返信などがテンプレ該当する

テンプレート【template】


テンプレート


.tpl

読み方ティーピーエル,テンプレート

.tplとは、様々なデータについて、テンプレート(ひな形)として保存されるファイル一般に付く拡張子のことである。


テンプレート

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

テンプレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 07:47 UTC 版)

テンプレート: template)とは、文書などのコンピュータデータを作成する上で雛形となるデータ、あるいは雛形そのもの[1]


  1. ^ 「ひな形(ひな型?)」「テンプレート」とは定型書式のことのように両者を同一視している表現もある。


「テンプレート」の続きの解説一覧

「テンプレート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



テンプレートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テンプレートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テンプレートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリテンプレートの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.tplの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテンプレート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS