鋳造とは? わかりやすく解説

ちゅう‐ぞう〔チウザウ〕【鋳造】

読み方:ちゅうぞう

[名](スル)金属溶かし鋳型流し込んで物をつくること。「貨幣を—する」


鋳造(ちゅうぞう)

溶融状態のアルミニウム溶液鋳型流し冷却して所定の形状製品鋳物)を作る方法のことです。鋳造は、砂型鋳造金型鋳造低圧鋳造、などの方法に分類されます。

鋳造

英語 casting

金属材料加工法のひとつ。砂や金属でつくった鋳型に、溶けた金属流し込んで凝固させ、鋳型から取り出して製品をつくることをいう。鋳型とは、つくろうとする形状と同じ形状空洞をもっている型。鋳造の3大要素は、湯(溶融した金属)、砂(鋳型材料)、型(鋳型の基になる模型)である。自動車では、エンジン部品(シリンダーブロックシリンダーヘッドカムシャフトなど)、ミッション部品(ミッションケースなど)、足まわり部品(デフケース、ディスクプレートなど)に使われる

鋳造

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

鋳造(ちゅうぞう)

金属の塊を溶かし金型(鋳型など)に流し込んで成型する方法のこと。鋳造は木の型であれ、金型であれ、型をつくらなければならない。しかし、基本的に一回型を作ってしまえば、あとは溶かした金属流し込むだけなので、同じ形状のものを作りやすい。しかしコンピューター進化にともない加工に関しては不利といわれていた鍛造(たんぞう)でも同じ形状ものを作るのはたやすくなっている。 現在は価格面で鍛造より大幅なアドバンテージがあるので、現行のスポーツモデルにはほとんど鋳造のホイール(キャストホイール)が採用されている。寺社釣鐘大仏作る手法根本的に同じだちなみにミニカーなどの製造方法でよく使われているアルミダイキャストも鋳造の一種高圧鋳型に流し込む製法だ。
鋳造


関連用語キャストホイール

鋳造

溶解炉金属加熱して溶融し溶けた金属(湯)を鋳型流し込み冷却凝固させて製品をつくる方法材料には、鋳鉄、鋼のほか、アルミニウム合金銅合金チタンなどの合金使用される
  鋳造では、まず最初に製品同一形状模型作り、それをけい砂などの鋳砂に埋め込み模型取り出して製品ほぼ同じ形状空洞を持つ鋳型作成する製品の形状によって、中子作る場合もある。この鋳型溶融した金属(湯)を流し込む鋳込め)。その後、湯は冷却され固まった金属鋳型から取り出し必要に応じ機械などで仕上げ加工行い製品とする。鋳造で得られる製品総称して鋳物という。
  鋳造では、鋳型形状に応じて複雑な形の部品作成できるので、機械部品建築金物などの工業製品をはじめ鉄瓶美術工芸品製造方法などとして、幅広く用いられている。特に中空構造成形は鋳造特有のものであり、花ビンエンジンシリンダーブロック製造などに生かされている。
  鋳造法大きな分類には砂型使用するものと金型を使用するものがあるが、砂型金型に拘わらず、特に寸法精度良いものを精密鋳造呼び、その代表的な製法としてはロストワックス法インベストメントモールド法)などがある。

鋳造の主な種類
 
生砂型鋳造法手込造型機械造型)、乾燥鋳造法自硬性鋳型鋳造法熱硬化鋳型鋳造法シェルモールド法)、ガス硬化鋳造法消失模型鋳型鋳造法フルモールド法)、減圧造型鋳造法(Vプロセス鋳造法など)
ロストワックス法インベストメントモールド法)、セラミックモールド法、プラスターモールド法
重力鋳造法ダイカスト法低圧鋳造法

用語解説

鋳鉄
炭素2%以上含む鉄-炭素合金ケイ素マンガン、りん、硫黄含み流れ性が良いため鋳造に用いられる
炭素含有量が0.03〜1.7%の鉄-炭素合金性質改善するためニッケルマンガンなどを含む鋼は特殊鋼という。
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

鋳造 (ちゅうぞう)

金属溶かして、型に流し込んで製品をつくることを言います


鋳造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 01:04 UTC 版)

(ちゅうぞう、: casting)は、材料(主にアルミ合金真鍮などの金属)を融点よりも高い温度で熱して液体にしたあと、型に流し込み、冷やして目的の形状に固める加工方法である。


  1. ^ casting”. 新英和中辞典. 研究社. 2020年2月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 菅野利猛. “世界文化遺産、韮山反射炉の10大ミステリーを解く”. 2020年5月15日閲覧。
  3. ^ 鋳造貨幣, コトバンク, 2014年7月18日閲覧.
  4. ^ 金属貨幣, Weblio, 2014年7月18日閲覧.
  5. ^ 貨幣の製造工程(その1), 貨幣の製造工程(その2), 独立行政法人造幣局ウェブサイト, 2014年7月18日閲覧.


「鋳造」の続きの解説一覧

鋳造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:26 UTC 版)

製鉄所」の記事における「鋳造」の解説

取鍋運ばれてきた溶鋼は、加工しすいよう一定の形に鋳固められるが、その工程を鋳造と呼ぶ日本では上下開口した鋳型の上部から溶鋼注入しあたかもところてんのように連続して鋼を鋳固めてゆく連続鋳造という方式採用進んでいる連続鋳造極めて高度な技術管理必要であり鉄鋼各社生産性品質レベルの向上にしのぎを削っていたが進歩はほぼ終了し連続鋳造適切でない鋼材については昔ながらインゴット鋳造も併存している。連続鋳造成分制約大きく受け、固液共存温度幅が小さくデルタフェライトδ鉄)が出ない熱間脆化元素含まないといった狭い条件においてのみ適用可能技術であるのに対しインゴット鋳造する方法ではその縛り受けないためと、生産量小さくなる特殊鋼の場合では、多量の溶けた鋼を要する連続鋳造では全く刃が立たないめである鋳造されたものは、その形状によりおおむね下記のように分類される。これらはいずれ半製品として次の工程材料用いられるスラブ 巨大なかまぼこのような形状。主に厚板薄板加工ビレット 巨大な円柱または角柱形状。継目無鋼管や小サイズ形鋼棒鋼線材などに加工するブルーム スラブよりも小断面・厚肉で、羊羹のような形状各種形鋼棒鋼線材また上ビレットなどに加工ビームブランク ブルームの中でも、特にH字型に近い形に鋳造されたもの。H形鋼専用素材

※この「鋳造」の解説は、「製鉄所」の解説の一部です。
「鋳造」を含む「製鉄所」の記事については、「製鉄所」の概要を参照ください。


鋳造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/06 09:08 UTC 版)

聖剣の刀鍛冶」の記事における「鋳造」の解説

現代における刀剣製造技法大量生産可能なため、「代理契約戦争」を契機に普及した

※この「鋳造」の解説は、「聖剣の刀鍛冶」の解説の一部です。
「鋳造」を含む「聖剣の刀鍛冶」の記事については、「聖剣の刀鍛冶」の概要を参照ください。


鋳造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 01:42 UTC 版)

フローイング・ヘア・ダラー」の記事における「鋳造」の解説

銀貨の鋳造を始めにあたって造幣局金塊銀塊供託者を捜しある程度預金集まった後で貨幣試金者のアルビオン・コックスは、純度89.2%以上が保証された銀貨作るのは難しく作ったとしても流通しているうちに黒くなってしまうという考えリッテンハウス話したその代わり90.0%の純度保証し重量416グレーンのままにするよう勧めた。これは1792年の貨幣法定められた銀の含有量より多いので、銀塊供託者に過剰請求することになり、貨幣法反した提案であった造幣局硬貨純度上げたことにより、預金者1%の損をした。最も預金したジョン・ヴォーンは、2260ドル損失をしたといわれている。議会何度か延期のあと、1800年にその補償について請願認め補償することを決めた硬貨鋳造する前に、縁の額面の文字図案硬貨の型につける必要があり、キャスティングマシーンという名で知られている機械彫られる。その機械用いて装飾周りに「Hundred Cents One Dollar or Unit」という文字を縁に彫った硬貨の型は不正確に作られてしまったので、予定していた重さを超えてしまった型が多かった。この不正確さ直すため硬貨の型の表面埋め方法をとったので、その後作られた、より精密な装置使って鋳造され硬貨に比べ重さの差が大きかった最初のドル銀貨1794年10月15日鋳造された。1794年硬貨使われた銀は、メリーランド銀行から預金されフランス製の硬貨の銀が大部分占めていた。その硬貨の銀は純度足りてなかったので精錬不可欠だった。1794年の間、あわせて1758公認銀貨発行された。そして流通適していない思われ硬貨は、1795年溶かさ再発行された。1758硬貨は鋳造責任者であるヘンリー・ボイトによって公式に届けられ、その硬貨公認ではあるものの、ハーフ・ダラーより大きくない硬貨作るためのスクリュープレスという機械使って人力作られた貨幣であった1794年作られた公認の硬貨リッテンハウス払われた。硬貨流通助けるためリッテンハウスは、多くの硬貨使って造幣局新し硬貨作り出すために外貨交換した余った硬貨特別待遇者と、造幣局訪れたうち特別な人渡された。最初の硬貨製造終わったリッテンハウスは、硬貨の型をより協力押すことができ、より正確に硬貨作ることのできる機械職員作るまで銀貨の鋳造をやめるように命じたニューハンプシャー新聞1794年にその銀貨について記事書いている。 造幣局作られた硬貨にはニューハンプシャー使われたものもあった。担当記者一人昨日硬貨一枚手に入れてきて、編集者の手入った。その重さはスペインドルと同じであるが、使われている金属はより純度高く見える。(中略)全体デザイン鑑定家の目から見て喜ばしいものだが、彫刻がとても繊細すぎて、耐久性硬貨必要である大胆なデザイン足りない硬貨製造の型を押す新し機械1795年はじめに完成され合計3810ドル硬貨1795年5月6日発行された1975年5月8日鋳造され硬貨1794年日付記されたものもあったかもしれない多数1794年1795年ドル硬貨が、中央に8ミリメートル (0.31 in)ほどの銀のふくらみつけられた。その理由は、重量不足した銀貨重さ補正するためといわれている。1794年1795年発行された硬貨160,295とみられている1795年内に合計する203,033ドル銀貨鋳造されているが、そのうちフローイング・ヘア・ダラーなのかは正確にわかっていない。その理由はドレープト・バスト・ダラーが1795年10月フローイング・ヘア・ダラー続いて発行されたからである。ドレープト・バスト・ダラーは、リッテンハウスに次ぐ造幣局長のヘンリー・ド・ソシュールの要請に応じて肖像画家ギルバート・ステュアートデザイン制作した

※この「鋳造」の解説は、「フローイング・ヘア・ダラー」の解説の一部です。
「鋳造」を含む「フローイング・ヘア・ダラー」の記事については、「フローイング・ヘア・ダラー」の概要を参照ください。


鋳造(鋳鋼鋳物鋳造作業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 15:09 UTC 版)

鋳造技能士」の記事における「鋳造(鋳鋼鋳物鋳造作業)」の解説

特級工程管理作業管理品質管理原価管理安全衛生管理作業指導及び設備管理について行う。試験時間3時1級課題図に示す鋳造品(シーブ SC450)の鋳型与えられた木型等によって造型する。ただし、造型作業については、生型法又は炭酸ガス型法のいずれか選択して行う。試験時間5時30分 2級課題図に示す鋳造品(トラニオン SC450)の鋳型与えられた木型等によって造型する。ただし、造型作業については、生型法又は炭酸ガス型法のいずれか選択して行う。試験時間3時

※この「鋳造(鋳鋼鋳物鋳造作業)」の解説は、「鋳造技能士」の解説の一部です。
「鋳造(鋳鋼鋳物鋳造作業)」を含む「鋳造技能士」の記事については、「鋳造技能士」の概要を参照ください。


鋳造(鋳鉄鋳物鋳造作業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 15:09 UTC 版)

鋳造技能士」の記事における「鋳造(鋳鉄鋳物鋳造作業)」の解説

特級工程管理作業管理品質管理原価管理安全衛生管理作業指導及び設備管理について行う。試験時間3時1級所定の模型使用して、主型及び主中子手込めにより造型し、フロート・チャンバ(製品重量約11kg、材質FC200又はFC250相当)を製作する。なお、造型CO2型法、生型法及び自硬性型法のいずれかによるものとし、注湯作業及び型ばらし作業も行う。試験時間3時2級所定の模型使用してすり合わせ定盤(製品重量約16kg、材質FC200又はFC250相当)を製作する。なお、造型CO2型法、生型法及び自硬性型法のいずれかによるものとし、注湯作業及び型ばらし作業も行う。試験時間3時

※この「鋳造(鋳鉄鋳物鋳造作業)」の解説は、「鋳造技能士」の解説の一部です。
「鋳造(鋳鉄鋳物鋳造作業)」を含む「鋳造技能士」の記事については、「鋳造技能士」の概要を参照ください。


鋳造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 01:16 UTC 版)

金属」の記事における「鋳造」の解説

金属工業材料として用いるには、まず溶融させて鋳型に流し込む鋳造から始まる。青銅器時代から用いられたこの金属加工法で作られた鋳物は、そのままで粗く不純物遍在や鋳巣などがあり強度が低い。これらは金属部品要求性能高まるにつれ、塑性加工技術進展用いられる合金改良などが施されたでは1947年球状黒鉛鋳鉄アルミニウム合金では1920年シルミン改良法が発案され、溶湯ようとう溶融状態の金属処理法での強度改良大きく寄与した製法も、砂型金型ダイカスト精密鋳造など多種の手段が用いられるようになった効率上においては連続鋳造法基礎1933年発案され、1950年代プロセス改良経て実用的な技術として確立された

※この「鋳造」の解説は、「金属」の解説の一部です。
「鋳造」を含む「金属」の記事については、「金属」の概要を参照ください。


鋳造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:24 UTC 版)

ステンレス鋼」の記事における「鋳造」の解説

精錬終えた溶鋼は、鉄鋼メーカーから出荷される最終製品形状適した形へ冷やし固められる。この段階で冷やし固められたものを半製品呼び厚板圧延生産用スラブ形鋼生産用ブルーム棒材線材パイプ生産用ビレットがある。この工程を鋳造といい、大きく分けて造塊法と連続鋳造法2つがある。造塊法は、インゴット呼ばれる型に溶鋼注入して固め再加熱圧延して半製品作る方法である。過去ステンレス鋼は主に造塊法で造られていたが、生産効率の高い連続鋳造法実現されてからは、一部特殊な鋼種除いてほとんどのステンレス鋼連続鋳造法製造されている。 連続鋳造過程に他と異なステンレス鋼特有の要素はないが、表面品質が特に要求されるステンレス鋼では品質重視操業特徴といえる連続鋳造では、取鍋入れられ精錬炉から供給される溶鋼が、タンディッシュと呼ばれる容器へ一旦移される。タンディッシュでは、溶鋼中の有害な非金属介在物浮かび上がらせて除去する。タンディッシュから出た溶鋼は、冷却され鋳型に通され、さらに冷却スプレー浴びせられ凝固する凝固したステンレス鋼を、その下に配置されているローラー連続的に引き抜き切断機まで送り出す切断機で所定の長さ切断して長方体角材の形の半製品となる。

※この「鋳造」の解説は、「ステンレス鋼」の解説の一部です。
「鋳造」を含む「ステンレス鋼」の記事については、「ステンレス鋼」の概要を参照ください。


鋳造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/08 03:39 UTC 版)

シャット (通貨)」の記事における「鋳造」の解説

シャット銀貨鋳造された場所は明らかになっていないが、1970年代以降の金属探知機による大量発掘で、Hタイプサウサンプトン中心としたウェセックス)とSタイプエセックス)などいくつかの分類出来ること分かっているデンマークでは、当時流通中心だったリーベ付近の物がXタイプとされている。 鋳造年代の特定困難であるフリースラントのドゥーレスタッドではシャット銀貨鋳造されていたことが知られており、フランク王国ではピピン3世時代755年貨幣改革カロリング朝ルネサンスが行われるまで、ここで製造されシャット銀貨流通していた。

※この「鋳造」の解説は、「シャット (通貨)」の解説の一部です。
「鋳造」を含む「シャット (通貨)」の記事については、「シャット (通貨)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鋳造」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鋳造

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 02:02 UTC 版)

名詞

 ちゅうぞう

  1. 金属溶かして型に流し物を作ること。鋳物いものづくり。

発音(?)

ちゅ↗ーぞー

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
鋳造-する

類義語

翻訳


「鋳造」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鋳造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2022 TECH PLAZA
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鋳造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの製鉄所 (改訂履歴)、聖剣の刀鍛冶 (改訂履歴)、フローイング・ヘア・ダラー (改訂履歴)、鋳造技能士 (改訂履歴)、金属 (改訂履歴)、ステンレス鋼 (改訂履歴)、シャット (通貨) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鋳造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS