成形とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 成形 > 成形の意味・解説 

せい‐けい【成形】

読み方:せいけい

[名](スル)かたちづくること。また、ある形に作ること形成。「胸郭―」

明治十四五年の交に―したる在野政党」〈小林雄七郎薩長土肥


成形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 05:26 UTC 版)

炭素繊維強化プラスチック」の記事における「成形」の解説

成形を行うメーカーでは、シート制作まで終了している炭素繊維クロスプリプレグメーカーから購入することが多い。 樹脂硬化させて成形する工程では、必要とする強度や形状生産数に合わせて多くの方法がある。マトリックス樹脂高温硬化するもの、常温硬化するもの、熱可塑性樹脂などがあり、それによって成形の方法変わる。 低品位のものについては、樹脂含浸/塗布させた炭素繊維クロス含浸させたものはプリプレグ呼ばれる)を金型形状切断したものからつくられる。高品位のものは、真空パックオートクレーブ硬化させるオートクレーブ代わりにエアブラダーやEPSフォーム硬化前の炭素繊維内圧掛ける方法もある。 強度低下原因となるのは微小な気泡であるが、これは真空引きやプレス用いることで解消可能であるプレス成型法 (Compression molding) 金型プリプレグ挟んでプレスする高速で成形できる。寸法精度良い金型加工精度要求されるために、初期コストは高いほか、プレス機使用するので成形品の形状制約されるRTM法 (Resin Transfer Mold) プレス成型一種自動車メーカーBMWは、成型の1サイクル80以内とする技術有している。形状自由度強度性能成形性課題ドライレイアップ法 (dry layup) プリプレグ金型貼りつけ真空引いて硬化させる樹脂量が少なくてもピンホール発生する場合は、オートクレーブ圧力をかけて残留ガス排出する必要があるオートクレーブ法 オートクレーブ圧力容器)を用いてプリプレグ加熱加圧真空引きをしながら樹脂硬化させる成形法所定の形状カットしたプリプレグを、設計され所定の位置方向に必要枚数積層し、フィルム内を真空化状態し、オートクレーブ内で加熱加圧するオートクレーブでは昇温降温含めて1 - 8時程度時間を必要とし、製造コストが高い、材料形状など設計自由度高くCFRP特長性能を最も引き出しやすい製法と言える

※この「成形」の解説は、「炭素繊維強化プラスチック」の解説の一部です。
「成形」を含む「炭素繊維強化プラスチック」の記事については、「炭素繊維強化プラスチック」の概要を参照ください。


成形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 05:38 UTC 版)

ハンバーグ」の記事における「成形」の解説

形状に特に決まりはないが、日本においては小判型に成形されるのが一般的である。生地こねたり丸い形に整え場合素手使われることも多く料理用ビニール手袋利用される生地適量手に取り右手、左手交互に手のひらに生地叩きつけて丸めていく。成形時には破裂焼き崩れを防ぐために中央部分へこませる空気抜きを行う。ハンバーグは焼く過程縦に膨張するため、へこみは自然に消滅する

※この「成形」の解説は、「ハンバーグ」の解説の一部です。
「成形」を含む「ハンバーグ」の記事については、「ハンバーグ」の概要を参照ください。


成形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 05:28 UTC 版)

古代ギリシアの陶芸」の記事における「成形」の解説

轆轤紀元前2500年ごろから使われており、粘土ひも状にしてコイルのように重ねて壁を作る技法よりも古い。古代ギリシャ陶芸でも轆轤使ったものが多いが、リュトンのような轆轤では不可能な複雑な形状装飾手で成形されていた。さらに複雑な形状のものは部品毎に作ってある程度乾燥して硬くなってからスリップ液状粘土)を使って繋ぎ合わせ轆轤載せて仕上げをした。

※この「成形」の解説は、「古代ギリシアの陶芸」の解説の一部です。
「成形」を含む「古代ギリシアの陶芸」の記事については、「古代ギリシアの陶芸」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「成形」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「成形」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



成形と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「成形」の関連用語

成形のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



成形のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの炭素繊維強化プラスチック (改訂履歴)、ハンバーグ (改訂履歴)、古代ギリシアの陶芸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS