気泡とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 気泡 > 気泡の意味・解説 

き‐ほう〔‐ハウ〕【気泡】

液体固体内部表面にできる、気体を含んで丸くなったもの。泡(あわ)。


気泡=セル

部分的にまたは完全にその壁で囲まれた個々小さな空洞で、セル(CELL)ともいう。一つ一つが壁に囲まれて独立している構造独立気泡、壁が破れて繋がってしまってい構造連続気泡という。EPSの気泡は厚さμm程度皮膜で囲まれた50300μm大きさ空洞空気が閉じこめられているので断熱性能が高く、一つひとつが独立している独立気泡であるため、吸収しにくい構造になっている

気泡(バブル)

プツプツとした泡が入ってしまう状況を意味します。アクリルパウダーとアクリルリキッドの分量を誤った際にミクスチャーに 生じることもありますまた、ネイルカラーポリッシュ)などを振ってしまった際に生じてしまう泡を指したりします。

気泡

作者柴田よしき

収載図書残響
出版社新潮社
刊行年月2001.11
シリーズ名新潮エンターテインメント倶楽部

収載図書残響
出版社新潮社
刊行年月2005.2
シリーズ名新潮文庫


(気泡 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 16:26 UTC 版)

(あわ、あぶく、: foambubble)または泡沫(ほうまつ、うたかた)とは、液体もしくは固体がその中に空気などの気体を含んで丸くなったもの。気体を包む液体の表面張力により作られる。固体の泡は、液体の状態で形成されたものが固体化されたものが普通である。


  1. ^ 浅野康一 『物質移動の基礎と応用』 丸善、2004年、137頁。ISBN 4-621-07356-7 
  2. ^ 【動画】アラスカの湖からメタンの泡の悪循環「今は北極の冷蔵庫が開きっぱなし」と研究者ナショナルジオグラフィック日本版サイト(2016年9月5日)2018年5月13日閲覧。
  3. ^ イエローストーン国立公園の「Mudpots」アメリカ合衆国内務省ナショナルパーク・サービス(2018年5月13日閲覧)。
  4. ^ 「マグマの複雑な泡の構造が火山の爆発的噴火を促すことを解明」東北大学(2017年12月4日)2018年5月13日閲覧。
  5. ^ a b c 「マイクロ・ナノバブル水-微細な泡で植物を活性化 農業現場に浸透」『日本農業新聞』2020年1月13日(18面)
  6. ^ 【サイエンスview】小さな泡の大きな力■国際規格「0.1ミリ未満」■鮮度保持や汚れ洗浄『読売新聞』朝刊2018年4月29日(くらしサイエンス面)。
  7. ^ 一般社団法人 日本マイクロ・ナノバブル学会(2020年2月4日閲覧)


「泡」の続きの解説一覧



気泡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気泡」の関連用語

気泡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気泡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2021 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
スターネイル・ジャパンスターネイル・ジャパン
Copyright (C) 2021 STAR NAIL JAPAN . All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの泡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS