手術中とは? わかりやすく解説

手術中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 04:50 UTC 版)

斜視」の記事における「手術中」の解説

筋肉処置する際に脈が落ちたり止まったりする人が稀にいる。

※この「手術中」の解説は、「斜視」の解説の一部です。
「手術中」を含む「斜視」の記事については、「斜視」の概要を参照ください。


手術中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 09:00 UTC 版)

輸液」の記事における「手術中」の解説

手術中の輸液に関して様々な理論存在する末梢静脈輸液以外にも薬剤投与などに必要不可欠であるため輸液都合だけで投与量決定できないこと多々ある目安として下の経験則使える。なお、ここでは輸液製剤細胞外液補充液である。 開腹術 5〜15ml/kg/hour 開胸術 3〜8ml/kg/hour 脳外科手術 2〜5ml/kg/hour 小手術 0〜2ml/kg これらの経験則と言えば経験則だがある程度理論存在する以下の内容を踏まえ微調整していくことが大切である術前の欠乏量と術中維持量 入院して手術を行う場合前日の夜から絶飲食となる場合が多い。そのため、手術時は脱水状態となっている。そのため前日からの欠乏量と、術中維持輸液を行う必要がある。その量は、輸液製剤細胞外液補充液として4-2-1ルールとして纏められている。 4-2-1ルール 体重10kgまで 4ml/kg/hour 体重10〜20kg 2ml/kg/hour 体重20kg以上 1ml/kg/hour 例え体重60kgを想定した場合は、 60=10+(20-10)+(60-20) であるので4-2-1ルール適用し10×4+(20-10)×2+(60-20)×1=100ml/hour となり、絶飲食時間15時間とすると 100×15=1500ml の量を手術早期補給すればよいということとなる。 血管外液代償 麻酔薬静脈拡張させ、血管容量増加させるため、血圧安定化させるために輸液が必要と考えられている。麻酔導入時血管内代償は5〜7ml/kg必要と考えられている。しかし麻酔が切れると血管容量はもとに戻るので、血圧安定した投与速度修正する必要がある術中不感蒸泄 1〜2ml/kg/hourで細胞外液補充するサードスペース 手術侵襲にもよるが小手術で1〜2ml/kg/hour、開胸開腹手術の場合は4〜6ml/kg/hour必要とされている。 さらに以下のもの考慮する術中喪失量 腹水出血よるものである。以下の内容覚えておく便利である循環血液量は大体70ml/kgで概算される。即ち50kgの成人なら3500mlである。 100mlの出血Ht1%低下する逆に100mlの輸血Ht1%上昇する。 300mlの出血Htは3%低下しHbは1低下する。 手術中は出血量が測れるため問題はないが、出血した場合血液生化学所見から輸液量調整することがある。なお、一般的にショックおこった場合0号液即ち生理食塩水用いる。また、手術中電解質大量に投与し術後電解質投与量少なくしたいときのために4号液というものが存在する4号液このような用途のため、術後回復液といわれることもある。 その他

※この「手術中」の解説は、「輸液」の解説の一部です。
「手術中」を含む「輸液」の記事については、「輸液」の概要を参照ください。


手術中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/08/24 02:02 UTC 版)

ビデオ直視下前立腺蒸散術」の記事における「手術中」の解説

レーザー光線のカテーテルチップを前立腺組織表面直接当ててレーザー光線照射するレーザー光線700900温度前立腺組織蒸発させて組織消えていく

※この「手術中」の解説は、「ビデオ直視下前立腺蒸散術」の解説の一部です。
「手術中」を含む「ビデオ直視下前立腺蒸散術」の記事については、「ビデオ直視下前立腺蒸散術」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「手術中」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「手術中」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手術中」の関連用語

手術中のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手術中のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの斜視 (改訂履歴)、輸液 (改訂履歴)、ビデオ直視下前立腺蒸散術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS