リズムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 動き > リズムの意味・解説 

リズム【rhythm】

読み方:りずむ

強弱明暗遅速などの周期的な反復。「生活の―が狂う」

音楽基本的要素一つで、音の時間的な変化構造アクセント規則的に反復する拍節的リズム、アクセント継起不規則な定量リズム、音の長さ一定の単位もたない自由リズムなどに分類される。「―に乗って踊る」

詩の韻律

「リズム」に似た言葉

リズム

【英】:rhythm

同じ(あるいは似た)状態が、自律的かつ周期的にくりかえされること。周期的であることが適当な統計的手法によって証明されている必要がある

ハルシャーニ:リズム

英語表記/番号出版情報
ハルシャーニ:リズムRythmes作曲年1929年  出版年1929年  初版出版地/出版社Deiss 

リズム

作者志賀直哉

収載図書ちくま日本文学全集 043 志賀直哉
出版社筑摩書房
刊行年月1992.11

収載図書志賀直哉
出版社筑摩書房
刊行年月2008.8
シリーズ名ちくま日本文学


リズム

作者尾関忠雄

収載図書尾関忠雄文学全集 第1巻
出版社風媒社
刊行年月2000.9


リズム

作者森絵都

収載図書リズム
出版社講談社
刊行年月2006.6
シリーズ名講談社青い鳥文庫


リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 14:18 UTC 版)

リズム英語:Rhythm, 伊語:Ritmo)とは、周期的な動きや進行の調子。律動(りつどう)と訳される。


  1. ^ a b c d e f 徳丸吉彦『音楽理論の基礎('07)第10回「リズムと時間構造」』、放送大学学園東京テレビジョン放送局・放送大学学園東京デジタルテレビジョン放送局、放送日2010年2月25日など。
  2. ^ a b 枡矢 好弘 『英語音声学』こびあん書房、1976年、361頁。 


「リズム」の続きの解説一覧

リズム(精密採点プラスを除く)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 09:57 UTC 版)

精密採点」の記事における「リズム(精密採点プラスを除く)」の解説

伴奏に対して歌唱速い場合には「走り」、遅い場合には「タメ」と判定されいずれも減点対象になる。7段階のグラフメーターによって表される

※この「リズム(精密採点プラスを除く)」の解説は、「精密採点」の解説の一部です。
「リズム(精密採点プラスを除く)」を含む「精密採点」の記事については、「精密採点」の概要を参照ください。


リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 18:30 UTC 版)

阿波踊り」の記事における「リズム」の解説

阿波踊り2拍子で、テンポは、早い連、遅い連と様々である。これらが連の個性演出する重要な要素となっている。

※この「リズム」の解説は、「阿波踊り」の解説の一部です。
「リズム」を含む「阿波踊り」の記事については、「阿波踊り」の概要を参照ください。


リズム(Rythm)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 11:42 UTC 版)

ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の記事における「リズム(Rythm)」の解説

貯金はたいて黒猫飼っている女の子

※この「リズム(Rythm)」の解説は、「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の解説の一部です。
「リズム(Rythm)」を含む「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の記事については、「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の概要を参照ください。


リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 16:50 UTC 版)

ミロンガ」の記事における「リズム」の解説

歌は軽快な2/4拍子決まり、しばしば即興ミュージカル含まれる時間が経つにつれ、ダンスのステップ他の音楽の影響加わり結局はタンゴになる。 2/4形式にも関わらず、リズムは変則的である。 シンコペーション効き、1拍目にアクセントを置き (時々2拍目になる)、4拍目、5拍目、7拍目と続いて8ビート成立させる通常の 2/4[1] 2 3 4 [5] 6 7 8 ミロンガ[1] 2 3 [4] [5] 6 [7] 8, 時々 [1] [2] 3 [4] [5] 6 [7] 8 332[1] 2 3 [4] 5 6 [7] 8

※この「リズム」の解説は、「ミロンガ」の解説の一部です。
「リズム」を含む「ミロンガ」の記事については、「ミロンガ」の概要を参照ください。


リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/29 06:16 UTC 版)

オリジナルダンス」の記事における「リズム」の解説

シーズン毎にリズム(ダンス)が課題として指定される以下にシニア課題を示す。ただし、1970-1990の間はオリジナルセットパターンダンスのリズムである。 シーズンリズム1936-1961なし(競技含まれず) 1961-1966自由選択 1966-1967自由選択(別競技) 1967-1968自由選択世界選手権大会組み込まれた) 1968-1969自由選択(1シークエンス一周x2または1シークエンス半周x4) 1969-1970自由選択シークエンス数は発表されず) 1970-1971ポルカ 1971-1972サンバ 1972-1973ワルツ 1973-1974タンゴ 1974-1975ブルース 1975-1976ルンバ 1976-1977マーチジュニアシニアで共通) 1977-1978パソ・ドブレ 1978-1979ワルツ 1979-1980フォックストロット 1980-1981チャチャ 1981-1982ブルース(3シークエンス) 1982-1983ロックンロール 1983-1984パソ・ドブレ 1984-1985クイックステップ 1985-1986ポルカ 1986-1987ウィンナー 1987-1988タンゴ 1988-1989チャールストン 1989-1990サンバ 1990-1991ブルース 1991-1992ポルカ 1992-1993ウィーナー 1993-1994ルンバ 1994-1995クイックステップ 1995-1996パソドブレ 1996-1997タンゴ 1997-1998ジャイブ 1998-1999ワルツ 1999-2000ラテンコンビネーション:メレンゲチャチャサンバマンボルンバ 2000-2001チャールストンフォックストロットクイックステップマーチ 2001-2002タンゴフラメンコパソドブレ、スパニッシュワルツ 2002-2003メモリー・オブ・グランドボール:ワルツポルカマーチギャロップ 2003-2004スウィングコンボ:ジャイブブギウギジルバロックンロールブルース 2004-2005フォックストロットクイックステップチャールストン 2005-2006ラテンコンビネーション:メレンゲチャチャサンバマンボルンバ 2006-2007タンゴ 2007-2008フォークカントリー 2008-20091920年代30年代40年代ダンス 2009-2010フォークカントリー 2010-20111950年代60年代70年代ダンス(前シーズン発表されたが、このシーズンからオリジナルダンス廃止されショートダンス導入されたため、実際には課題となっていない。)

※この「リズム」の解説は、「オリジナルダンス」の解説の一部です。
「リズム」を含む「オリジナルダンス」の記事については、「オリジナルダンス」の概要を参照ください。


リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/17 05:42 UTC 版)

北マケドニアの民俗舞踊」の記事における「リズム」の解説

一般的なビートは、2/4、7/16(3+2+2)、3/43/83/44/46/8、5/16(2+3)、7/16(2+2+3)、8/16(2+2+3)、9/16(3+2+2+2) 又は (2+3+2+2)、11/16(2+2+3+2+2) 又は (3+2+2+2+2)、12/16(3+2+2+2+3)、13/16(3+2+3+2+3)、16/16(2+2+3+2+2+2+3)、25/16(3+2+2+3+2+2+2+2+3+2+2)で、その他に様々な種類ビート踊りがある。

※この「リズム」の解説は、「北マケドニアの民俗舞踊」の解説の一部です。
「リズム」を含む「北マケドニアの民俗舞踊」の記事については、「北マケドニアの民俗舞踊」の概要を参照ください。


リズム(REZM)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/08 09:51 UTC 版)

かねたや家具店」の記事における「リズム(REZM)」の解説

リズム(REZM)は、家具をはじめ壁紙照明カーテンなどのエレメントからリフォームまでをワンストップ提供するインテリアのトータルブランドである。マンションライフを意識しており、従来家具一般的されていたサイズ感よりコンパクトに設計されている。モダンデザインを基調木の質感ファブリック質感などを合わせた温もりコンセプトとしている。 リズムの家具はルームデコの店舗展開されており、トータルインテリアとライフスタイル提案はリズム(REZM)幕張新都心店で受けることができる。

※この「リズム(REZM)」の解説は、「かねたや家具店」の解説の一部です。
「リズム(REZM)」を含む「かねたや家具店」の記事については、「かねたや家具店」の概要を参照ください。


リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:34 UTC 版)

「詩」の記事における「リズム」の解説

詩的リズムを作り出すのに用いられる方法言語や詩の伝統によってさまざまである言語は、どのようにしてリズムが確立されるかによって、アクセント強勢アクセント)、音節モーラいずれかに主によるタイミング (en:isochrony) のセットを持つとしてしばしば記述されるが、それ以外にも複数の方面からの影響を受ける日本語はモーラ・タイミングの言語である。音節タイミング言語にはラテン語カタルーニャ語フランス語レオン語ガリシア語スペイン語などがある。英語とロシア語はアクセント・タイミングの言語である。ドイツ語概ねアクセント・タイミングに含まれるさまざまなイントネーションもリズムがどう感受されるかに影響する。また高低アクセントヴェーダ語古代ギリシア語など)や声調などに依存する場合もある。声調言語には中国語ベトナム語リトアニア語、およびニジェール・コンゴ語族大半言語含まれるメーターによるリズムは一般的に各行の中で強勢音節韻脚呼ばれるパターンの反復正確に配置することを意味する近代英詩では強勢パターンが主に韻脚違い付けるので、メーターによるリズムは専ら強勢・非強勢音節単独、またはエリジオンして)のパターンによって確立される一方古典語では、メーター単位同様であるが、強勢よりもむしろ母音長短メーター定義していた。古英語の詩は、各行音節数は不定である強勢の数は一定というメーターのパターン用いていた。 詩篇内の多くも含む古代ヘブライ語聖書の詩での主要な道具は、連続する詩行文法構造音声構造概念的内容もしくはその全てにおいて互い反映し合う修辞構造であるパラレリズムであったパラレリズムアンティフォナコールアンドレスポンスといった実演適しており、イントネーションによってさらに強化されうるものであった従って、聖書の詩はメーターによる韻脚にはあまり頼らず、行・フレーズ・センテンスといったより大きな音の単位基いてリズムを作り出していた。古典的な詩の形式中にはタミル語ヴェンパヴェン調、en:Venpa)のように、(文脈自由文法として表せるほどまでに)厳密な文法持ちそれがリズムを確保していたものもあった。漢詩では、強勢並んで声調がリズムを作り出す中国古典詩は四声区別していた。平声上声去声入声である。他の分類法では中国語最大8つベトナム語6つ声があることもある。 近代西洋詩でリズムを作り出すのに使われる正式なメーターのパターンは、現代では最早支配的なものではない。自由詩の場合、リズムはしばし規則的なメーターよりもより緩やかなケイデンス単位基い構成される。ロビンソン・ジェファーズ、マリアン・ムーア、ウィリアム・カルロス・ウィリアムズ英詩規則的な強勢メーター不可欠だという考え方拒絶した代表的な詩人である。ジェファーズ強勢によるリズムに代わる選択肢としてスプラング・リズム実験した

※この「リズム」の解説は、「詩」の解説の一部です。
「リズム」を含む「詩」の記事については、「詩」の概要を参照ください。


リズム (RHYTHM)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 08:26 UTC 版)

Dance Dance Revolutionの登場キャラクター」の記事における「リズム (RHYTHM)」の解説

FESTIVAL』にて登場17歳。ヘルシー嗜好らしいチアガールFESTIVALではチアガール姿で登場する

※この「リズム (RHYTHM)」の解説は、「Dance Dance Revolutionの登場キャラクター」の解説の一部です。
「リズム (RHYTHM)」を含む「Dance Dance Revolutionの登場キャラクター」の記事については、「Dance Dance Revolutionの登場キャラクター」の概要を参照ください。


リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 02:40 UTC 版)

バッカーノ! (1930年代)」の記事における「リズム」の解説

サロメ・カンペーター 「リズム」のリーダー飛行機乗りのようなゴーグルをつけた白髪の男。「吸血鬼」のメンバー作った研究者であり、自らを中間管理職と呼ぶ普段は高慢だヒューイの前では大人しくなる。

※この「リズム」の解説は、「バッカーノ! (1930年代)」の解説の一部です。
「リズム」を含む「バッカーノ! (1930年代)」の記事については、「バッカーノ! (1930年代)」の概要を参照ください。


リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 00:47 UTC 版)

社交ダンス用語一覧」の記事における「リズム」の解説

音の流れの中で強弱作った一定の規則正しい繰り返しのこと。リズムの取り方で「拍子」を感じることができる。

※この「リズム」の解説は、「社交ダンス用語一覧」の解説の一部です。
「リズム」を含む「社交ダンス用語一覧」の記事については、「社交ダンス用語一覧」の概要を参照ください。


リズム(Rhythm)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/29 09:06 UTC 版)

アーサー・マレー」の記事における「リズム(Rhythm)」の解説

チャチャ アメリカではチャチャチャ”」ではなく、「チャチャ」と呼ばれている。 ルンバ 日本ではイギリス経由して「ボックスルンバ」「スクエアルンバ」として入ってきた元のダンスである。 スウィング (イーストコーストスウィング) ボレロ ボレロスペインキューバ起源を持つ官能的で、なめらかでゆっくりした揺れ動くようなステップ特徴的なダンスマンボ 日本のパーティダンスで行わるマンボとは異なる。 ※競技種目では、時にサンバとウエストコーストスウィングを含む場合がある。 ■インターナショナルスタイルとは下記の5点違いがある。 [種目] [ダンスフレーム]考えられうる限り開放的自由である映画ミュージカル見られるペアダンス雰囲気が近い。 [衣装]ダンスフレームと同じように革新的自由な衣装用いる。スムースでもラテン衣装のように見えるドレス用いられることもある。袖部分フロートがないことも特徴一つである。 [テクニック]アメリカンスムースは、インターナショナル・スタイルと同じフットワークスウィングスウェイライズフォール、頭のポジション特徴としている。スムースフレーム多くはダンスフレームの外で行われるため、ラテンダンス、腕のスタイル、各ダンスドラマチックな解釈などの多くの原則また、重要なポイントになる。 [ソーシャルスタイルへの適用性]アメリカンスムースはもともとソーシャルスタイルを基盤にしている為、社交場からダンスパーティナイトクラブへの移行インターナショナルスタイルに比べ容易であること。

※この「リズム(Rhythm)」の解説は、「アーサー・マレー」の解説の一部です。
「リズム(Rhythm)」を含む「アーサー・マレー」の記事については、「アーサー・マレー」の概要を参照ください。


リズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 03:27 UTC 版)

ボンバーマンキャラクター一覧」の記事における「リズム」の解説

象った仮面被っているボンバーマンで、常に太鼓を持っている。クラブゾーン支配者性格は陽気。音楽好き。自称森の妖精」。

※この「リズム」の解説は、「ボンバーマンキャラクター一覧」の解説の一部です。
「リズム」を含む「ボンバーマンキャラクター一覧」の記事については、「ボンバーマンキャラクター一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リズム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

リズム

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:13 UTC 版)

名詞

リズム

  1. 律動調子

語源

翻訳

派生語

関連語


「リズム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リズムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リズム」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リズムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本時間生物学会日本時間生物学会
Copyright © Japanese Society for Chronobiology | All Rights Reserved
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2023 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2023 PianoTeachers' National Association of Japan
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2023 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの精密採点 (改訂履歴)、阿波踊り (改訂履歴)、ミラキュラス レディバグ&シャノワール (改訂履歴)、ミロンガ (改訂履歴)、オリジナルダンス (改訂履歴)、北マケドニアの民俗舞踊 (改訂履歴)、かねたや家具店 (改訂履歴)、詩 (改訂履歴)、Dance Dance Revolutionの登場キャラクター (改訂履歴)、バッカーノ! (1930年代) (改訂履歴)、社交ダンス用語一覧 (改訂履歴)、アーサー・マレー (改訂履歴)、ボンバーマンキャラクター一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS