ニューミュージックとは?

ニュー・ミュージック[new music]

日本ポップスのこと。'70年代中盤にできた呼び名で、フォーク系のシンガー・ソングライターたちが中心になったのでこの名がついたが、サウンド的にはロック的なものも含まれる

ニューミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/07 21:50 UTC 版)

ニューミュージック(new music) は、1970年代から1980年代にかけて流行した、日本ポピュラー音楽のジャンルの一つ。作曲面ではフォークソングロックなどの要素を加え、作詞面ではそれまでのフォークソングの特徴であった政治性や生活感を排した、新しい音楽であった[1]。ただし文献により、定義などにずれがある[2][3][4]




  1. ^ a b c d e “〔俗語辞典〕 いつまで新しい?いまでも新しい?『ニューミュージック』”. NHKスペシャルニッポンのポ (NHK). (2017年6月1日). オリジナルの2017年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170416153126/http://www.nhk.or.jp/po/zokugo/1334.html 2018年5月7日閲覧。 
  2. ^ a b #全員集合69-71頁
  3. ^ a b #池田143-145頁
  4. ^ a b c #hdp101-105頁
  5. ^ a b 広辞苑』第四版、1965頁
  6. ^ #富澤11頁
  7. ^ #祭り35頁
  8. ^ Vol.31 昭和50年 ニューミュージック誕生(1/3) - 振り返る昭和 - 地球発
  9. ^ #白書113-117頁
  10. ^ #小川51頁
  11. ^ #CD検定14頁
  12. ^ #新譜197991頁
  13. ^ a b “拓郎・かぐや姫 イン つま恋”コンサート開催(1975) - おんがく日めくり
  14. ^ #辻84頁
  15. ^ #ロック学182頁
  16. ^ #抒情歌
  17. ^ #クロニクル110頁
  18. ^ #矢沢21頁
  19. ^ #野地151-152頁
  20. ^ 週刊朝日』、1979年11月9日、39頁
  21. ^ #仲間たち36頁
  22. ^ #NEW19頁
  23. ^ #時代204頁
  24. ^ #白書53頁
  25. ^ a b c d #エンタ26-29頁
  26. ^ 「ニューミュージック徹底研究 2つのクロスオーバーがはじまった! 歌謡曲との違いは、どこにあるのか...」『週刊平凡1978年昭和53年)5月4日号 49-49頁、平凡出版
  27. ^ 「'80年代ニューミュージックの歌手で生き残るのはこの人! 松山千春や原田真二は? 中島みゆきは?」『週刊平凡1980年昭和55年)1月3日/1月10日合併号 218-220頁、平凡出版
  28. ^ a b #ルージュ9-10頁
  29. ^ 「フォーク紳士録 【荒井由実】 『ユーミンはあわてん坊』」『月刊平凡』1976年5月号、平凡出版、 150-151頁。
  30. ^ #全員集合234-235頁
  31. ^ a b c d #クロニクル44-46頁
  32. ^ #白書124頁
  33. ^ #白書145頁
  34. ^ a b c d e 連載「ニューミュージックを創った男 〜伝説のプロデューサー三浦光紀氏が語る裏話〜(1)」デイリースポーツ、2013年4月2日
  35. ^ ミュージック・マガジン1月増刊号『ロックの世紀Vol.2』ミュージック・マガジン、2000年、127頁
  36. ^ #黄金時代4-7頁
  37. ^ #俺たちのうた44-85頁
  38. ^ #俺たちのうた61、133頁
  39. ^ #流行歌史63-64頁
  40. ^ a b #菊池245-246頁
  41. ^ 選曲編集・解説:土龍団
  42. ^ 「カレッジフォーク」は、一説には東芝音工が考案した用語、宣伝キャッチコピーとされる。日本のフォーク系音楽ミュージシャンなどの説明とアングラ・フォークなど区別に他社レーベルなども使用した。用語として1970年を前後する時期(昭和40年代)に活躍したコーラス、ハーモニーに主点を置くフォークのミュージシャンやグループなどに用いられることが多い。
  43. ^ 村田久夫・小島智編「金子洋明インタビュー」『日本のポピュラー史を語る―時代を映した51人の証言』シンコーミュージック、1999年10月14日、88-91頁。ISBN 4-401-613-40-6
  44. ^ 金子洋明『プロデューサー感覚』ダイヤモンド社、1994年
  45. ^ 連載「ニューミュージックを創った男 三浦光紀(2)」デイリースポーツ、2013年4月3日
  46. ^ 大瀧さん 並外れた音楽知識と多芸多才 - デイリースポーツ
  47. ^ 40年の時を越えて蘇った「放送禁止歌」 熱い志が結実 - ZAKZAK
  48. ^ ユーミン「『いちご白書』をもう一度」の題材を提供した音楽プロデューサー前田仁さん死去!
  49. ^ 『日本ロック雑誌クロニクル』篠原章著の8頁に、当時アメリカで本稿と意味が異なる「ニューミュージック」という言葉があったと書かれている〔中村とうようと『ニューミュージック・マガジン』 - 批評.COM(hi-hyou.com)
  50. ^ 第88回 村井 邦彦 氏 | Musicman-NET 6. ユーミンとの出会いとスタジオA
  51. ^ a b c d #松木144-150頁
  52. ^ music - _... moment ...._ 庄野真代 / Mayo Shono
  53. ^ #牧村70-71頁
  54. ^ a b #宮入76-77頁
  55. ^ 朝日新聞、1980年9月3日、3面
  56. ^ “利権”が先に立つCMとのタイアップ曲に異議あり! - 富澤一誠
  57. ^ インタビュー Museum of Modern Music 1960年代からの日本のミュージック・シーンをまるごと記憶するWEBサイト
  58. ^ #小川114頁
  59. ^ なかにし礼「時には娼婦のように」 世間の常識にノン
  60. ^ ニューミュージック界のキーパーソン、大瀧詠一誕生(1948〜) - Yamaha
  61. ^ a b CDショップに聞いてみた「どっからどこまでがJ-POP?」 - Excite Bit(Internet Archive)
  62. ^ #ベスト91頁
  63. ^ 沿革 - 会社情報 - TOWER RECORDS ONLINE
  64. ^ a b J-POP編 | スターデジオ15周年特別企画 音楽再発見 - 第一興商スターデジオ公式サイト。
  65. ^ 60~70年代フォーク&ニューミュージック全集 | 主婦と生活社
  66. ^ ニューミュージック・ベスト・ファイル | 自由現代社-総合出版社
  67. ^ フォーク&ニューミュージック大全集300 楽譜(曲集) |シンコーミュージック・エンタテイメント
  68. ^ ニューミュージックに見る恋愛風景
  69. ^ 校歌:ポップに!増殖中 ニューミュージック歌手に依頼も - 毎日新聞 - 毎日jp
  70. ^ テン年代の“ニューミュージック”を奏でる稀代の女性シンガーソングライター!南壽あさ子のインストアライブを生配信決定!
  71. ^ 内田裕也 | OGな人びとVol.15 - OCN TODAY - OCNジャーナル-p2
  72. ^ 女王に陰り? 松任谷由実の“歌声の変化”にファンのため息


「ニューミュージック」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニューミュージック」の関連用語

ニューミュージックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニューミュージックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2019 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューミュージック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS