歌とは?

か【歌】

漢詩の一体。もとは歌謡形式楽府(がふ)で、のちには「長恨歌」のように、古詩でも作られた。


か【歌】

[音](呉)(漢) [訓]うた うたう

学習漢字2年

[一]〈カ〉

うた。「歌曲歌劇歌詞歌謡哀歌演歌凱歌(がいか)・軍歌校歌国歌賛歌聖歌挽歌(ばんか)・牧歌四面楚歌流行歌

うたう。「歌手歌唱歌舞謳歌(おうか)・高歌放歌

和歌短歌のこと。「歌人歌壇歌碑歌風狂歌作歌詩歌選歌長歌連歌(れんが)」

[二]〈うた〉「歌会歌声船歌元歌童歌(わらべうた)・子守歌

難読]嬥歌(かがい)


うた【歌/唄】

拍子と節をつけて歌う言葉総称また、それを歌うこと。神楽歌催馬楽(さいばら)・今様(いまよう)から、現今唱歌民謡歌謡曲などまで種類が多い。

一定の音節数によって語の調子を整えた感情表現長歌短歌旋頭歌(せどうか)や近代詩などの総称

(歌)和歌。特に、短歌をさしていう。「—の道」

(唄)三味線伴奏とする「うたいもの」の称。長唄端唄(はうた)・小唄地唄など。

[補説] 2で、近代詩場合には「詩」とも書く。

[下接語] 東(あずま)歌・後(あと)歌・糸繰り歌・田舎歌・稲刈り歌・稲扱(こ)き歌・今様歌伊呂波(いろは)歌・祝い歌牛追い唄牛方唄・臼(うす)歌・江戸唄大歌置き唄踊り歌替え歌返し歌神楽歌懸け歌陰唄数え歌片歌門付(かどづけ)歌・賀の歌・歌舞伎(かぶき)唄・神歌上方唄唐歌(きね)歌・木遣(や)り歌・口説き歌・組歌久米(くめ)歌・下座(げざ)唄・恋歌小唄小歌腰折れ歌琴歌木挽(こび)き歌・子守歌在郷(ざいごう)歌・棹(さお)歌・防人(さきもり)の歌・座敷歌・戯(ざ)れ歌・騒ぎ歌・地歌仕事歌・地搗(つ)き歌・芝居唄・三味線歌・祝儀歌・巡礼歌畳句(じょうく)歌・田植え歌・田歌・田打ち歌・立(たて)唄・茶摘み歌・継ぎ歌付け歌鼓唄紡ぎ歌連ね歌手鞠(てまり)歌・鳥追い歌・長唄・長歌長持(ながもち)歌・端(は)唄・白鳥の歌鼻歌・浜歌・流行(はや)り歌・引き歌・鄙(ひな)歌・百首歌琵琶(びわ)歌・風俗(ふぞく)歌・船歌・祝(ほぎ)歌・盆歌・盆踊り歌・前歌馬子唄・鞠(まり)歌・短(みじか)歌・持ち歌・本(もと)歌・大和(やまと)歌・童(わらべ)歌

[補説]  
2016年実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2016キャンペーンでの「歌」への投稿から選ばれた優秀作品。

国境をこえて人と人をつなぐ声の手紙。
アキさん

一瞬過去自分タイムスリップできる鍵。
ぽんちょびさん

想い伝え手段
ほーがさん

嬉しいとき、楽しいとき、悲しいとき、落ち込んだときなど、わたしたち感情寄り添ってくれるもの。
RUMIさん

音痴地獄
takuroさん

希望パワー空想妄想情景が浮かぶ歴史年表。心の履歴書人類にとって共通・共有出来五線譜
メスカリートさん

言葉旋律に乗せ、さらにそれを人の声で発することにより、言葉の力途方もなく増幅するもの。
yatakusaさん

人生の節目思い出なくてはならないもの。その記憶鮮明らせてくれる装置
ピンキーさん


作者花田清輝

収載図書花田清輝
出版社国書刊行会
刊行年月1994.11
シリーズ名日本幻想文学集成


作者バリー・ユアグロー

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1996.7

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1999.9
シリーズ名新潮文庫


作者壺井栄

収載図書壺井栄全集 6
出版社文泉堂出版
刊行年月1998.4

収載図書戦後出発女性文学 第9巻 昭和29年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5


作者田中成和

収載図書たびだちフェリシモしあわせショートショート
出版社フェリシモ
刊行年月2000.6


作者龍瑛宗

収載図書台湾純文学集 1
出版社緑蔭書房
刊行年月2002.11
シリーズ名日本統治台湾文学集成


作者阿刀田高

収載図書黒い自画像
出版社角川書店
刊行年月2003.5

収載図書黒い自画像
出版社角川書店
刊行年月2006.8
シリーズ名角川文庫


作者スチュアート・ダイベック

収載図書僕はマゼランと旅した
出版社白水社
刊行年月2006.3


作者次郎

収載図書草ひばりの歌
出版社書房
刊行年月2007.6


作者浜崎勢津子

収載図書美枝の出産
出版社マルニ
刊行年月2007.7


読み方:ウタuta

所在 新潟県糸魚川市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 20:13 UTC 版)

うた)とは、によって音楽的を生み出す行為[1]のことであり、リズム旋律[2]をつけて歌詞などを連続発声する音楽娯楽芸術のひとつである。歌謡(かよう)[3]歌唱(かしょう)[2]とも言う。その起源は旧石器時代にまで遡るとする見解もある[4]




  1. ^ 冥界の神ハーデースとその妻ペルセポネーは、地上に出るまで決してオルペウスの妻(ニンフエウリュディケー)の顔を見ないという約束でオルペウスに彼女を連れ戻すことを許した。しかし、地上へ急いだオルペウスは、あと一歩のところで誘惑に負けて後ろを振り返り、エウリュディケーを見てしまったため、再び冥界へ降ろされた。
  1. ^ 吉川(1990)p.38-40
  2. ^ a b c d e f g 大辞林「歌唱」「歌謡」
  3. ^ a b c d e 世界大百科事典,平凡社「歌謡」
  4. ^ 武田梵声『フースラーメソード入門』日本実業出版社、2017年、4頁。ISBN 9784534054746
  5. ^ a b c d 吉川(1990)p.38-40
  6. ^ a b 吉川「歌いもの」(1990)p.75
  7. ^ a b c 波多野 和夫 『重症失語の症状学 ~ ジャルゴンとその周辺 ~』 p.158 金芳堂 1991年1月20日発行 ISBN 4-7653-0592-9
  8. ^ 波多野 和夫 『重症失語の症状学 ~ ジャルゴンとその周辺 ~』 p.157 金芳堂 1991年1月20日発行 ISBN 4-7653-0592-9
  9. ^ a b 徳江「歌謡」(2004)
  10. ^ a b c 松村明監修、「大辞泉」編集部編集『大辞泉(第1版増補)』小学館、1998年10月。ISBN 4095012129
  11. ^ 市川孝・遠藤織枝・進藤咲子・見坊豪紀・西尾寅弥編集『三省堂現代新国語辞典(第3版)』三省堂、2007年10月。ISBN 438514060X
  12. ^ 和歌#歴史参照
  13. ^ 金田一春彦金田一秀穂編集『学研現代新国語辞典(改訂第4版)』学習研究社、2008年12月。ISBN 4053028248
  14. ^ 佐藤(2004)



出典:『Wiktionary』 (2019/01/14 13:27 UTC 版)

発音

名詞

  1. うた参照

関連語

手書きの字形について

第5画は止めても、はねて「可」の形で書いてもよい[1]

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歌」の関連用語


2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||


6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
70% |||||

10
70% |||||

歌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS