途方とは?

と‐ほう〔‐ハウ〕【途方/十方】

多く方向。向かう方向

「—を失へる敵どもを」〈太平記・一〇〉

てだて。方法手段

「年よって子を先だて、—があるまい」〈浄・丹波与作

すじみち道理

遠慮忘れ—なくて、言ふまじき事をも言ひ」〈鑑草・一〉


と‐ほう ‥ハウ 【途方・十方】

〔名〕

方向。めあて。あてど。方針。〔日葡辞書(1603‐04)〕

方法手段。すべ。

高野山文書応永三三年(1426)一一月二五日・鞆淵彦太郎去状案「ことさらくゎんかくゐんのかちし、ほほくなり候間、みのとほうなく候」

集義和書(1676頃)三「軍法しりても、勝負の利くらき大将は、敵に逢て斗方なく候」

道理すじみち

日葡辞書(1603‐04)「Tof&ocaron;uo(トハウヲ) ワキマエヌ ヒトヂャ」


途方

出典:『Wiktionary』 (2017/04/22 14:56 UTC 版)

名詞

とほう

  1. 向かうべき方向
  2. 手段方法
  3. 道理筋道

発音

と↗ほー

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「途方」の関連用語

途方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



途方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの途方 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS