太平記とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 太平記 > 太平記の意味・解説 

たいへいき【太平記】

【一】南北朝時代軍記物語40巻。小島法師作と伝えられるが未詳応安年間(1368〜1375)の成立とされる。鎌倉末期から南北朝中期までの約50年間の争乱を、華麗和漢混交文で描く。

【二】太平記読み」の略。


たいへいき 【太平記】

軍記物語。四〇巻。作者小島法師説が有力。いくつかの段階経て南北朝時代末までに成立仏教因果応報思想基礎にある。慶長(一五九六一六一五)頃刊行註釈書『太平記鈔』は世雄房日性の著かといわれる

太平記


太平記〈吉川元春筆/〉

主名称: 太平記〈吉川元春筆/〉
指定番号 1995
枝番 00
指定年月日 1959.12.18(昭和34.12.18)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 各冊自永禄六年至同八年書写奥書
員数 40
時代区分 室町
年代 1563~65
検索年代
解説文 室町時代作品

太平記

重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  太子刷護経  太平記  太平記  太平記  太平記拔書 吉利支丹版  央掘魔羅経  夾註法華経

太平記

作者清水義範

収載図書日本文学全集
出版社実業之日本社
刊行年月1992.10

収載図書普及版 日本文学全集 第1集
出版社集英社
刊行年月1996.2
シリーズ名集英社文庫


太平記

読み方:タイヘイキtaiheiki

初演 元禄12.5(大坂)


太平記


太平記


太平記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 03:49 UTC 版)

太平記』(たいへいき)は、日本の古典文学作品の1つである。歴史文学に分類され、日本の歴史文学の中では最長の作品とされる[1]。ジャンルは軍記物語。成立は室町時代


  1. ^ 龍谷大学図書館蔵『太平記』の研究
  2. ^ 大隅和雄『事典の語る日本の歴史』(そしえて)第5章『太平記』
  3. ^ 岩波文庫『太平記』解説・480頁
  4. ^ a b 近藤 1930.
  5. ^ 龍谷大学図書館蔵『太平記』の研究
  6. ^ 谷口雄太「終章 結論と展望」『中世足利氏の血統と権威』(吉川弘文社、2019年) ISBN 978-4-642-02958-2 P315-319.
  7. ^ 龍谷大学図書館蔵『太平記』の研究
  8. ^ 新潮古典文学アルバム14 太平記(新潮社) 92頁


「太平記」の続きの解説一覧

「太平記」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



太平記と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「太平記」の関連用語

太平記のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



太平記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太平記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS