因果応報とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 因果応報の意味・解説 

因果応報

読み方:いんがおうほう

因果応報とは

因果応報とは、良い行いか悪い行いかによってそれにふさわしい報い現われること。因果応報は、仏教言葉語源になった四字熟語である。仏教では、「行い善悪によってそれぞれ報い現われる」と考えられている。原因となった「因」によって、結果である「果」が生じるというのがこの言葉一般的な意味である。「因」は、過去に行ったことはもちろん、前世での因縁含まれる。悪い結果得ているときは、「過去に行ったこと、もしくは前世因縁原因になっている」というのが、因果応報の考え方になっているちなみに、因果応報は悪い結果原因を意味することが多い。

因果応報の類語

悪い結果を表すときに主に使われる因果応報の類語には、「悪行が悪い結果を招く」という意味をもつ言葉が多い。因果応報の類語に挙げられるのが、「悪因悪果」や「善因善果」などの四字熟語である。「悪因悪果」も仏教かかわりが深い言葉であり、因果応報と似た意味をもつ。「悪因悪果」の場合は、「悪い行いが悪い結果を招く」という意味でもっぱら使われている。異なる意味で使われるのが、「善因善果」である。「善因善果」は、「良い行い良い結果もたらす」という意味をもつ。「自業自得」も、因果応報と共通した意味で使われることがある

仏教語のひとつである「自業自得」には「自分の悪い行為報い自分に返ってくる」という意味があり、「悪因悪果」ともほぼ同じ意味で使われている。四字熟語以外では、「身から出た錆」や「悪事身に返る」、「自分で蒔いた種」などが因果応報の意味に近い。「身から出た錆」は、自分が行った悪い行いで、自分自身苦境に立たされたり苦しんだりする状況を指す。因果応報と同様に自分行為結果原因となることを意味しているのがこの言葉特徴である。「悪事身に返る」も、基本的な意味は因果応報と似ている。この言葉も、自分悪事自分の身に返ってくることを表現している。

自分で蒔いた種」は、自分行為言動責任を後にとらなければならないときなどにしばしば使われる。「悪いことがのちに自身の身に返ってくる」という意味の言葉では、「平家を滅ぼすは平家」も有名である。源平の戦い負け平家敗因は、平家側の悪い行為傲慢さであるというのが、この言葉の意味になっている

因果応報の使い方

因果応報の語は、「彼は人の悪口ばかり言うので、友達にも敬遠されている。因果応報だ」や「彼女は浪費をし過ぎて人からお金借りなければならなくなった。因果応報だ」などの用法で使われることが多い。因果応報の場合、「良い原因良い結果を招く」という「善因善果」の意味で使われることはあまりない。何か悪い結果が生じたときに、本人過去行為挙げて因果応報と表現するのが一般的な使い方である。日常会話では、「原因をつくったのは自分自身ということ強調したいときなどに、因果応報という言葉を使うことがある

「人の悪口を言う」や「浪費をし過ぎた」などは、その人自身が行た行為である。また、過去に行った悪い行為が、巡りめぐって後に別な形で返ってくる」ことを表すときにも因果応報が使われることがある例えば、「彼は昔、詐欺を働いていた。今度自分詐欺被害あったようだ。因果応報だ」などは、昔の行為原因となり、後に思いがけない形で悪い結果が返ってきたことを表している。詐欺を働いた相手ではなく予想つかないところから報い現われる状況示しているのが、このような使い方をするケースである。

また、彼の先祖は人をだましていた。彼が詐欺にあったのは因果応報かもしれない」などのように前世過去から因縁といった深い原因によって、悪い結果が生じたことを表すケースもある。

いん がおうほう -ぐわ- [1][1][0]因果応報

前世における行為結果として現在における幸不幸があり、現世における行為結果として来世における幸不幸が生じること。

因果応報

読み方:インガオウホウ(ingaouhou)

善悪原因があれば必ずそれに相応する楽苦の結果のあること。

別名 因果報応


因果応報

作者兵衛

収載図書神の黄昏ショートショート
出版社新風舎
刊行年月1994.5


因果応報

作者永原和幸

収載図書動物園のトラ・その他の短編
出版社新風舎
刊行年月1995.1


因果応報

作者かんべむさし

収載図書SFバカペンギン
出版社広済堂出版
刊行年月1999.8
シリーズ名広済堂文庫


因果応報


因果応報

収載図書房中悦あり―中国奇談
出版社徳間書店
刊行年月2004.4
シリーズ名徳間文庫


因果応報

作者松本攸吾

収載図書葉集大江戸実話特選
出版社文芸社
刊行年月2005.5


因果

(因果応報 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/09 05:25 UTC 版)

因果(いんが)は、原因と結果を意味する用語[2]。仏教用語として用いられる場合は(カルマ)論と関連せしめられて自己の境遇に関する因果関係として語られる。[3]時代の関係を考慮し、ヴェーダ、仏教の順で解説する。 因果は 転じて原因結果のことを指すようになった。


  1. ^ 丸山勇 『ブッダの旅』 岩波書店〈岩波新書〉、2007年4月20日、189-192頁。ISBN 978-4004310723 
  2. ^ 三枝充悳「因果」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館。
  3. ^ 「因果」 - 世界大百科事典 第2版、平凡社。
  4. ^ 【概要】遊行と僧院の建設とサンガの形成 (森 章司) - 「中央学術研究所紀要」モノグラフ篇 No.14


「因果」の続きの解説一覧

因果応報

出典:『Wiktionary』 (2012/01/01 20:08 UTC 版)

四字熟語

いんがおうほう

  1. 良い行いをした人には良い報い、悪い行いをした人には悪い報いがある。つまり、やった行に対して報いが返ってくるという事

発音

いんがおーほー

翻訳

関連語




因果応報と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「因果応報」の関連用語

因果応報のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



因果応報のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの因果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの因果応報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS