類似表現とは? わかりやすく解説

類似表現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 04:36 UTC 版)

フリー・ジャズ」の記事における「類似表現」の解説

アヴァンギャルド・ジャズ前衛ジャズ同時期発生したジャズのうち、現代音楽手法基づいた演奏スタイルで、メロディ和音リズム自由なジャズフリー・ジャズ重な部分が多いが、完全に同じとは限らないロフト・ジャズ やや年代下って当時若手前衛ジャズ演奏家たちなどによって演奏され前衛ジャズを指す。音楽傾向関係なく、別ジャンルとして差別化されている

※この「類似表現」の解説は、「フリー・ジャズ」の解説の一部です。
「類似表現」を含む「フリー・ジャズ」の記事については、「フリー・ジャズ」の概要を参照ください。


類似表現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 14:19 UTC 版)

3大ギタリスト」の記事における「類似表現」の解説

1970年ラリー・コリエルジョン・マクラフリンパコ・デ・ルシアユニット組んで10年強の活動行った際には、日本のマスコミがこのユニットを「スーパー・ギター・トリオ」と呼んだこともあり1980年ラリー・コリエル抜けてアル・ディ・メオラ交替した時のライブアルバムは『フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ〜スーパー・ギター・トリオ・ライヴ!』という邦題付けられている。またローリング・ストーン誌は2007年2月号ジョン・メイヤージョン・メイヤー・トリオ)、デレク・トラックスオールマン・ブラザーズ・バンド)、ジョン・フルシアンテレッド・ホット・チリ・ペッパーズ)の3人を「The New Guitar Gods」とした。なお、前節記述の通り、この3人は「ギター・マガジン」2009年5月号で「現代3大ギタリスト」と表現されている。 前述のとおり『3大ギタリスト』とは『エリック・クラプトン』、『ジェフ・ベック』、『ジミー・ペイジ』の三者を示す固有名称であるが、一般的な言葉として3大ギタリスト」と使う場合は類似表現として説明必要である

※この「類似表現」の解説は、「3大ギタリスト」の解説の一部です。
「類似表現」を含む「3大ギタリスト」の記事については、「3大ギタリスト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「類似表現」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「類似表現」の関連用語

類似表現のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



類似表現のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフリー・ジャズ (改訂履歴)、3大ギタリスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS