唯我独尊とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 社会・生活 > 仏教 > 唯我独尊の意味・解説 

唯我独尊

読み方:ゆいがどくそん

唯我独尊とは、唯我独尊の意味

唯我独尊とは、自分が誰よりも優れている思い込むという意味のこと。天上天下唯我独尊の略である。英語表現は、I alone am the world honored one. となる。唯我独尊は、釈迦生まれ時に天上天下唯我独尊」と唱えたのが由来とされる唯我独尊仏教用語思われるがの語源定かではない。唯は「それだけ」、我は「ひとりよがり」という意である。唯我の意味は「自分だけである」である。独は「他をかえりみない」、尊は「身分がたっとい」の意がある。独尊の意味は「他の誰でもなく自分尊い」である。

唯我独尊の類語

唯我独尊の類語には、自任自己中心的唯一無二などが挙げられる。自任は、自分能力がその任務地位にふさわしいと思い込むことである。自己中心的は、自分中心であると考えることである。ともに悪い意味で使用される。唯一無二は、この世でただ一つしかないことで、良い意味として使われる。仏教教えでは、唯我は「一人ひとりはこの世唯一の存在独尊は「たった一つ尊い使命」の意味である。我々人間は、聖なる使命を果たすべく、この世生まれてきたのだ、と解釈されている。

唯我独尊の例文、使い方

唯我独尊の使い方は、ひとりよがり傲慢な態度揶揄する時である。


ゆいが‐どくそん【唯我独尊】


ゆいがどくそん 【唯我独尊】


唯我独尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/25 03:45 UTC 版)

唯我独尊(ゆいがどくそん)とは、釈迦が誕生した時に言ったとされる言葉。これは誤用され、この世で自分ほど偉いものはいないとうぬぼれることの意に歪曲された[1]




  1. ^ 新明解四字熟語辞典(三省堂)
  2. ^ 「致令摩耶國大夫人立地之時。童子自然從右脇出。國大夫人胸脇腰身不破不缺。」(『仏本行集経』)など
  3. ^ 天上天下唯我独尊 | 生活の中の仏教用語 | 読むページ | 大谷大学
  4. ^ 禅語「天上天下唯我独尊」: 臨済・黄檗 禅の公式サイト
  5. ^ 宗務所:高野山東京別院 メッセージ 高野山真言宗 総本山金剛峯寺
  6. ^ 毗婆屍菩薩當其生時。從右脅出。專念不亂。從右脅出。墮地行七步。無人扶侍。遍觀四方。舉手而言。天上天下唯我為尊 長阿含經. 長阿含經/卷一. - ウィキソース. 」(『長阿含経』)など
  7. ^ 「到四月八日夜明星出時。化從右脇生墮地。即行七歩。擧右手住而言。天上天下。唯我爲尊。」(『仏説太子瑞応本起経』)などにおいては、明らかに釈迦の誕生譚となっている。
  8. ^  玄奘. 大唐西域記/06. - ウィキソース. )
  9. ^ 「人生が100倍オモシロくなる仏の教え」露の団姫


「唯我独尊」の続きの解説一覧

唯我独尊

出典:『Wiktionary』 (2019/10/05 15:05 UTC 版)

名詞

ゆいがどくそん

  1. 天上天下唯我独尊省略
  2. 世の中自分特別すぐれていると、うぬぼれること。ひとりよがり

由来

関連語




唯我独尊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「唯我独尊」の関連用語

唯我独尊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



唯我独尊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの唯我独尊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの唯我独尊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS