唯我独尊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 社会・生活 > 仏教 > 唯我独尊の意味・解説 

唯我独尊

唯我独尊(ゆいがどくそん)とは、自己を最も重んじ、他を軽視する態度を示す言葉である。自己中心的な行動や思考強調し他者意見感情無視する傾向を指す。唯我独尊は、個人自尊心自己主張が強いことを示す一方で他者との協調性共感性欠如していることを暗示する。 唯我独尊は、古代インド仏教用語で、釈迦悟り開いた後に述べた言葉「天上天下唯我独尊」から派生した表現である。しかし、仏教教えとは異なり現代では自己至上主義エゴイズムを表す言葉として用いられることが多い。

唯我独尊

読み方:ゆいがどくそん

「唯我独尊」とは、「自分は誰よりも優れている」「自分だけが尊い存在である」という意味で用いられる表現である。本来は釈迦誕生まつわる言葉であるが、今日では不遜な思い上がった態度揶揄する意味合い用いられることが多い。

「唯我独尊」は「天上天下唯我独尊」の略である。さらに略して独尊」と表現されることもある。

「唯我独尊」とは・「唯我独尊」の意味

「唯我独尊」を字面通り解釈すると「我ただ一人だけが尊い者である」ということである。釈迦生誕した直後歩き、7歩前進して「天上天下唯我独尊」という言葉発した、と伝えられている。

要するに本来の「唯我独尊」は、釈迦牟尼尊さ伝えエピソードである。

「唯我独尊」は「自分だけが優れている」という意味で日常的に使われているが、実は本当の意味はそうではない。そもそも「唯我独尊」は仏教用語で、釈迦生まれた時に発した言葉だ。「私たち人間は、ただ一つの命として唯一無二存在であり、尊いものだ」という意味である。すなわち、本来の「唯我独尊」の意味は、一般的に認識されている意味とはほぼ真逆だ。

また、「唯我独尊」という文字人気アニメ東京リベンジャーズ」にも登場して大変話題となった東京卍會特攻服の両胸の所に、刺繍文字で「唯我独尊」と入れられている。このアニメ影響で「唯我独尊」という言葉若者の間に浸透し、「唯我独尊」という印字施され数珠ブレスレット販売され人気博した

「唯我独尊」の熟語・言い回し

唯我独尊な人とは


「唯我独尊な人」とは、この世自分ど偉い人間はいないとばかり傲慢我儘振る舞う人を意味する言葉である。ネガティブな意味で用いられることが多い。例えば、「彼は私が今まで出会った人の中でとりわけ唯我独尊な人なので、本当に苦手だ」というように使われる

天上天下唯我独尊とは


「天上天下唯我独尊」とは、釈迦生まれた際に発した言葉だ。「すべての存在尊く財産、名誉や地位など何一つ加える必要もなく大切な命を与えられている」という意味である。読み方は、「てんじょうてんがゆいがどくそん」「てんじょうてんげゆいがどくそん」の2通りある。そもそも釈迦はどんな人かというとゴータマ・シッダールタという仏教創始者のことだ。そのような偉い人が、生まれてすぐに七歩歩いて、右手を上にあげて左手で地を指すというポーズ「天上天下唯我独尊」唱えた伝えられている。

「唯我独尊」の使い方・例文

「唯我独尊」とは、人間態度性格傲慢良くないことを表現したい場合使われるネガティブなニュアンス言葉なので、むやみに使わない方がいい。

高校の同じクラスに唯我独尊な同級生一人いて、周り人間心の底から辟易している。
子供の頃から次期社長として周囲から甘やかされ育てられたせいで、彼はかなり唯我独尊で社員意見一切聞き入れようとしない
自分は偉いとばかりに唯我独尊な振る舞いをずっと続けていると他人から嫌われてしまうから、絶対に気を付けた方がいい。
自分特別に優秀だ勘違いしている唯我独尊な人は、周囲からは冷たい目で見られていることが多い。
自分が優秀ではないと思われるのが怖いためなのか、唯我独尊な人は周囲から間違い指摘されただけで過剰に反応することが多い。
「天上天下唯我独尊」というと悪い意味で使われることが多いが、本当の意味は全く異なる。
先日人生初めお見合い参加したのだが、紹介され男性女性に対して常に横柄傲慢な態度接してくるような唯我独尊な人だった。
「天上天下唯我独尊」釈迦生まれてすぐに発したものなので、とてもありがた言葉だと思う。
クラスガキ大将クラスメートに対して自分の家来であるかのように命令下していて、まさに唯我独尊といった感じである。
自分思うように事が進まない部下文句言いまくったり、嫌なことがある大声喚き散らしたりと、彼の性格本当に唯我独尊だと言える

唯我独尊

読み方:ゆいがどくそん

唯我独尊とは、唯我独尊の意味

唯我独尊とは、世の中自分が最も優れている自惚れること。「我」は自分表し、「独尊」は自分1人だけが尊いという意味である。したがって、唯我独尊でただ自分だけが尊いという意味となる。基本的に周囲顧みず自尊心が高い人を指すために用い良い意味使われることはほとんどない

唯我独尊の語の由来・語源

唯我独尊の由来は、仏教の祖である釈迦生まれた時に発したとされる言葉である。釈迦生まれた直後に7歩歩き、「天上天下唯我独尊」唱えたとされている。これは天と地両方、つまり世の中において、自分よりも尊い者はいないという意味である。ただ、これは本来悪い意味ではなく誰しも生きているだけで、代わりのいない尊い存在だという意味であった。それが現代では解釈変わり自惚れているという意味で使われるようになった

唯我独尊の語の使い方(用法)、例文

唯我独尊は原則として自尊心が高い人を対象使用する。そのため「あの社長は常に唯我独尊な態度取っている」「唯我独尊な人は他人から好かれにくい」といった使い方となる。そして、対象他人だけでなく、「あの頃は唯我独尊ぎみだった」「上の立場になったからといって、唯我独尊になってしまわないように注意する」という風に自身自惚れ諫めるために使用するともできるまた、釈迦言葉として、人は誰もが尊いという意味合い使用する場合もある。

唯我独尊の類語と使い分け方方

唯我独尊の代表的な類語としては、「独り善がり」や「独善」が挙げられるどちらも自分正しいと信じて疑わないという意味であり、唯我独尊と共通する部分がある。ただ、唯我独尊は自分持ち上げるようにしているのに対して独り善がり独善他人意見寄せ付けないというように、若干ニュアンス異なる。また、独り善がり独善一時的な状態を示すことができるが、唯我独尊は人となりを表すことが多い。したがって独り善がり独善的な態度続いた挙句、唯我独尊な人だと扱われるうになる考えと良いだろう。 そして、代わりのいない尊い存在という意味の唯我独尊は、唯一無二類語となり、意味は大きく変わらないそのまま置き換えて問題なく伝わるだろう。ただ、一般的に唯我独尊は、独り善がり自己中心的など悪い意味で使用されることがほとんどである。したがって、他に代わりがいないという意味を示したいであれば唯一無二の方が伝わりやすいだろう

唯我独尊の英語

唯我独尊を英語で表現するとself-conceitやself-righteousとなる。仏教用語として使用する場合は、天上天下唯我独尊意味するI alone am the world honored oneが適している。

唯我独尊

読み方:ゆいがどくそん

唯我独尊は「自分が最も優れた唯一の者である」という意味の語である。「天上天下唯我独尊」の略であり、さらに略して独尊」ともいう。今日では「自分が誰よりも優れている」と考える、思い上がり自惚れ独りよがりを指す意味で用いられることが多い。

「天上天下唯我独尊」は、元々は仏教における頌偈(じゅげ)のひとつであり、釈迦牟尼尊さを頌える言葉である。釈迦誕生偈では、釈迦生まれやいなや七歩ばかり歩いて天地指差し「天上天下唯我独尊」唱えた、と伝えられる道元は「正法眼蔵」において「仏法天上天下唯我独尊である」と述べている。つまり、釈迦その人だけではなく仏教教えそのものも、「この世で最も優れた尊ぶべき対象である」と解釈しうるわけである。

仏教とは関係のない文脈では、「宇宙一偉い」くらいの意味で「唯我独尊」の語が用いられる場合がある。たいてい「そう思っているのはお前だけだ」というような皮肉や非難の意味込めて用いられる

ゆいが‐どくそん【唯我独尊】

読み方:ゆいがどくそん

天上天下(てんじょうてんげ)唯我独尊」の略。

自分一人特別にすぐれているうぬぼれること。ひとりよがり


ゆいがどくそん 【唯我独尊】


天上天下唯我独尊

(唯我独尊 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/13 23:13 UTC 版)

七歩を歩む釈迦。左端に摩耶夫人が、中央右に執金剛神が彫られている。

天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん[1][2][3][4]、または、てんじょうでんがゆいがどくそん)とは、釈迦が誕生した時に言ったとされる言葉。

釈迦は摩耶夫人の右脇から生まれた[5]とされるが、その直後に七歩歩いて右手で天を指し、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」と言った、という逸話から出てきたものである。しばしば釈迦を崇める言葉として使われる。

古い仏典には「天上天下唯我為尊」との表記が見られる[6]

形成過程

元来、「天上天下唯我為尊」あるいは「天上天下唯我独尊」は、釈迦が言ったのではない。『長阿含経』では釈迦以前に出世したといわれる過去七仏の第1仏である毘婆尸仏(びばしぶつ)が誕生した際に言った[7]とされる。

しかしそれが、釈迦が生まれた際に、他の人々がそのように讃嘆したという説が生じて[要出典]、のちに釈迦自身が誕生直後に自ら言ったと信じられるようになったものである[8]

釈迦の誕生を伝える漢訳仏典には、『佛本行集経』卷八・樹下誕生品下、『佛説太子瑞應本起経』卷上など様々あるが、代表的な『修行本起経』卷上・菩薩降身品第二には、

天上天下唯我為尊 三界皆苦吾当安之

欲界・色界・無色界の三界の迷界にある衆生はすべてに悩んでいる。私はこの苦の衆生を安んずるために誕生したのだから、尊いとしている(利他)。

大唐西域記』(646年成立)の中に記載されている、釈迦の誕生当時を伝える誕生偈と呼ばれる偈文には、

天上天下 唯吾獨尊
今茲而往 生分已盡
[9]

という一節が記されている。 これを訳すと

世界の中で我のみが尊い。
今ここに生まれてきたが再び生きることはない。

つまり釈迦がこの世で解脱するから「唯我独尊」としている。

残存するパーリ仏典も『大唐西域記』と同じように釈迦自身の解脱という点で尊いとしている[要出典]。この利他の面で尊いとするのか、解脱という利自の面で尊いとするのかに、時代による釈迦観の違いが現れている。

後世

  • 天台宗尼僧の露の団姫は、「この広い世界のなかで、私たち人間にしかできない尊い使命がある」と解釈している[10]

唯我独尊

天上天下を除いた省略形として「この世で自分ほど偉いものは居ない」といううぬぼれることの意味で用いられる[11]

関連項目

脚注

  1. ^ 天にちあ、やおらあり、たつやおま、用語 | 読むページ | 大谷大学
  2. ^ 禅語「天上天下唯我独尊」: 臨済・黄檗 禅の公式サイト
  3. ^ 禅語に親しむ 平成26年度: 天上天下唯我独尊(著・木村文輝)
  4. ^ コトバンク:故事成語を知る辞典 「天上天下唯我独尊」の解説
  5. ^ 「致令摩耶國大夫人立地之時。童子自然從右脇出。國大夫人胸脇腰身不破不缺。」(『仏本行集経』)など
  6. ^ 門川徹眞「佛傳における誕生偈の形成過程」『印度學佛教學研究』第15巻第2号、日本印度学仏教学会、1967年、614-615頁、doi:10.4259/ibk.15.614ISSN 0019-4344NAID 130003828683 
  7. ^ 毗婆屍菩薩當其生時。從右脅出。專念不亂。從右脅出。墮地行七步。無人扶侍。遍觀四方。舉手而言。天上天下唯我為尊 長阿含經 (中国語), 長阿含經/卷一, ウィキソースより閲覧。 」(『長阿含経』)など
  8. ^ 「到四月八日夜明星出時。化從右脇生墮地。即行七歩。擧右手住而言。天上天下。唯我爲尊。」(『仏説太子瑞応本起経』)などにおいては、明らかに釈迦の誕生譚となっている。
  9. ^  玄奘 (中国語), 大唐西域記/06, ウィキソースより閲覧。 )
  10. ^ 「人生が100倍オモシロくなる仏の教え」露の団姫
  11. ^ 新明解四字熟語辞典(三省堂)

唯我独尊 (転用)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 05:43 UTC 版)

「天上天下唯我独尊」記事における「唯我独尊 (転用)」の解説

後に、「この世自分ど偉いものは居ない」といううぬぼれることの意味誤用された。

※この「唯我独尊 (転用)」の解説は、「天上天下唯我独尊」の解説の一部です。
「唯我独尊 (転用)」を含む「天上天下唯我独尊」の記事については、「天上天下唯我独尊」の概要を参照ください。


唯我独尊(オンリーワンフラワー / Only One Flower)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 08:58 UTC 版)

Hyper→Highspeed→Genius」の記事における「唯我独尊(オンリーワンフラワー / Only One Flower)」の解説

発動地点から半径10mの能力無効化する能力

※この「唯我独尊(オンリーワンフラワー / Only One Flower)」の解説は、「Hyper→Highspeed→Genius」の解説の一部です。
「唯我独尊(オンリーワンフラワー / Only One Flower)」を含む「Hyper→Highspeed→Genius」の記事については、「Hyper→Highspeed→Genius」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「唯我独尊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

唯我独尊

出典:『Wiktionary』 (2020/08/25 11:43 UTC 版)

名詞

ゆいがどくそん

  1. 天上天下唯我独尊省略
  2. 世の中自分だけが特別すぐれているうぬぼれること。ひとりよがり

由来

関連語


「唯我独尊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



唯我独尊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「唯我独尊」の関連用語

唯我独尊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



唯我独尊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天上天下唯我独尊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの天上天下唯我独尊 (改訂履歴)、Hyper→Highspeed→Genius (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの唯我独尊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS