正法眼蔵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 正法眼蔵の意味・解説 

しょうぼうげんぞう〔シヤウボフゲンザウ〕【正法眼蔵】

[一]中国南宋時代大慧宗杲(だいえそうこう)の法語集。6巻。1147年成立俗称大慧正法眼蔵。

[二]鎌倉時代法語集。95巻。寛喜3〜建長5年1231〜1253)成立宗門規則行儀坐禅弁道など520からなる曹洞(そうとう)宗の根本聖典永平正法眼蔵。


しょうぼう‐げんぞう〔シヤウボフゲンザウ〕【正法眼蔵】

一切のものを明らかにし、包み込んでいる、正し教え仏法

[補説] 書名別項。→正法眼蔵


しょうぼうげん‐ぞう シャウボフザウ 【正法眼蔵】

(「しょう」「げん」はそれぞれ「正」「眼」の呉音

1⃣ (「眼」は照らすこと、「」は含の意) 仏語一切照らし、包んで、あますところのない無上の法、すなわち仏法眼目仏法根本真理のこと。

*正法眼蔵(123153弁道話「いまこの如来一大事の、正法眼蔵、無上大法禅宗となづくる」〔景徳伝燈録‐二〕

2⃣

[一] 中国宋代の宗杲(そうこう)大慧法語侍者沖密慧然が集録した書。

[二] 日本曹洞宗開祖道元主著寛喜三〜建長五年(一二三一‐五三)の間に、折にふれて説示されたもの。現行本九五巻。修証一如宗教的世界すぐれた和文によって明らかにされ、哲学文学分野でも高く評価されている。


正法眼蔵

読み方:ショウボウゲンゾウ(shoubougenzou)

鎌倉時代仏教書。道元著。


正法眼蔵〈山水経第二十九道元筆/十方第四十五懐奘筆〉


正法眼蔵

読み方:ショウボウゲンゾウ(shoubougenzou)

分野 仏教

年代 鎌倉中期

作者 道元


正法眼蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 01:24 UTC 版)

正法眼蔵(しょうぼうげんぞう、正法眼藏)は、主にである道元が執筆した仏教思想書を指す。正法眼蔵という言葉は、本来は仏法の端的な肝心要の事柄を意味する。禅家はこれをもって教外別伝の心印となす[1]。著者によって大別すると、次の3種類に分かれる。


  1. ^ 「織田佛教大辞典」p790
  2. ^ 駒澤大学禅文化歴史博物館所蔵「道元禅師真筆「正法眼蔵嗣書」2008年
  3. ^ 駒澤大学禅文化歴史博物館 平成21年度企画展『正法眼蔵』出版の足跡リーフレット
  4. ^ 鏡島元隆「正法眼蔵の成立的研究について:古田紹欽著『正法眼蔵の研究』刊行にちなんで」『駒澤大學佛教學部研究紀要』31巻、1973年
  5. ^ 旧岩波文庫全3巻、ただしこの版は、語句の誤りが多いので、岩波書店では絶版になった。復刻版が一穂社にある。
  6. ^ 水野弥穂子校注、岩波文庫版での解説。
  7. ^ 旧文庫版は衛藤即応校註 全3巻


「正法眼蔵」の続きの解説一覧



正法眼蔵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正法眼蔵」の関連用語

正法眼蔵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



正法眼蔵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2021 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正法眼蔵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS