坐禅とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 坐禅の意味・解説 

ざ ぜん [0] 【座禅・坐禅】

〘仏〙 仏教中心的修行法の一つで、特に禅宗においては根幹をなす修行とされる瞑想法状況に応じて変更することが許されるが、原則として座布団の上に尻を置き、結跏趺坐けつかふざ)し、手に法界定印を結び、呼吸を緩やかにして、宗教的な精神統一実現する。 →

坐禅

読み方:ザゼンzazen

端座し心を寂静清澄にして悟道消息工夫すること。

別名 座禅


坐禅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/27 10:11 UTC 版)

坐禅(ざぜん、座禅とも)とは、仏教で姿勢を正して坐った状態で精神統一を行う、の基本的な修行法。




  1. ^ a b c d 伊吹 2001, pp. 346-351.


「坐禅」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「坐禅」の関連用語

坐禅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



坐禅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの坐禅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS