行なうとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 行なうの意味・解説 

おこな・う〔おこなふ〕【行う〔行なう〕】

[動ワ五(ハ四)]

物事をする。なす。やる。実施する。「儀式を—・う」「合同演習を—・う」「四月五日入学式が—・われる」

仏道修行する。勤行(ごんぎょう)する。

いみじう額(ぬか)づき—・ひて寝たりしかば」〈更級

理する。指図する。

世の人飢ゑず、寒からぬやうに、世をば—・はまほしきなり」〈徒然・一四二〉

(「…におこなう」の形で)処する付する

死罪に—・はるべかりし人の」〈平家・二〉

[補説] 一定の手順経て、または慣習方式に従って何かをするのがもとの意。現在もその含みが残る。

[可能] おこなえる


おこな・う おこなふ 【行】

1 〔他ワ五(ハ四)〕

順序方式にしたがって、しごとをする。挙行する。実行する。

書紀720天武一一一二月(北野本訓)「然る後其の状を斟酌(はか)りて、処分(オコナヘ)。因りて官判を承けよ」

修行する。ことに仏道修行をする。勤行(ごんぎょう)をする。

書紀720天智一〇年一〇月(北野本訓)「吉野に之(まか)りて、脩行(オコナハ)む、と請したまふ」

③ あたえる。配分する。わりあてる

土左(935頃)承平五年二月九日「このあひだにわだのとまりのあかれのところといふところあり。米(よね)、(いを)など乞(こ)へば、おこなひつ」

食事をする。食べる。

実隆公記長享二年(1488)三月二一日「早朝朝膳進発可参江州御陣之由也」

(5)理する。指図する。

宇治拾遺(1221頃)一〇「頭中将、『さりとてあるべきことならず。これ、諸司下部めして、かきいでよ』とおこなひ給」

(6) 処罰する。制裁する。助動詞「る」を伴った受身の形も多い。

説経節説経さんせう太夫佐渡太夫正本)(1656)上「此事ぢとう聞召しょせんやどかす物有ならば、となり三げん、ざいくゎにおこなふべきと有により」

(7) 女を自由にする。手ごめにする

滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)三「ここには女房ないそうだから、きゃつめをおこなってゐるに違ひはねへ」

2 〔自ハ四〕 順序どおり進行する。

徒然草1331頃)一五五生・住・異・滅移り変る実(まこと)の大事は、たけき河のみなぎり流るるが如し、暫(しばし)も滞(とどこほ)らず、ただちにおこなひゆくものなり


行なう

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 06:02 UTC 版)

漢字混じり表記

なう

  1. ある一定の様式ルールに従って物事実施すること。 おこなう 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行なう」の関連用語

行なうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



行なうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの行なう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS