致すとは?

いた・す【致す】

[動サ五(四)《「いたる」に対して「いたらせる」の意。敬語として用いられるのは中世以降

届くようにする。至らせる。「遠い祖国思いを—・す」

そのことがもとで、ある結果、特によくない結果引き起こす。ある状態に立ち至らせる。「私の不明の—・すところ」

全力で事を行う。心を尽くす

遠く京師離れていたので、玄機がために力を—・すことができなかった」〈鴎外魚玄機

㋐「する」の謙譲語自己側の動作低めて言ったり、改まった気持ちで言ったりすることで聞き手対す敬意を表す多くいたします」の形で用いる。「努力を—・す所存です」「御指示どおりに—・します」「私から話を—・します」

㋑「する」の丁寧語多くいたします」の形で用いる。「いい香りが—・します」「あと数分—・しますと重大発が行われます」

「勢の良い扇の音が、はたはたと—・しますと」〈芥川邪宗門

㋒「する」の尊大言い方話し手相手行為について、自分を高い位置に置いて言う。「何を—・しておる。早く—・せ」「無用の殺生を—・すでないぞ」

命を差し出す。身をささげる

「危ふきを見て命を—・す処、兼ねて思ひ定め候ひけるかに依りて」〈太平記・二六〉

補助動詞動詞連用形やこれに「お」を付けた形、または、漢語サ変動詞語幹やこれに「御(ご)」を付けた形などに付く。

補助動詞「する」の謙譲語丁寧語多くいたします」の形で用いる。「お静かにお願い—・します」「御一緒—・しましょう

補助動詞「する」の尊大言い方。「即刻返答—・せ」

[補説] 平安時代は、主として漢文訓読用いられた。

[下接句] 思いを致す心を致す・仕(し)を致す・死を致す信を致す蒼蠅(そうよう)驥尾(きび)に付して千里を致す


おこ・す【遣す/致す】

【一】[動サ下二

よこす。届けてくる。

講師、もの、酒—・せたり」〈土佐

動詞連用形に付いて)その動作自分の方へ及ぶことを表す。こちらへ…する。…してくる。

空合はせ(=夢判断)にあらず、いひ—・せたる僧の疑はしきなり」〈かげろふ・下〉

【二】[動サ四]【一】四段活用化》【一】1に同じ。

極道めが—・しをらぬわい」〈滑・浮世床・初〉


おく・す【遣す/致す】

[動サ四]《「おこ(遣)す」の音変化》よこす。

「(船賃ヲ)それに—・しやらぬ人は、向かふな島へうちあげておきまする」〈狂言記薩摩守


いた・す【致】

1 〔他サ五(四)〕 (動詞「いたる(至)」に対す他動詞形という)

[一]

① 届くようにする。至らせる。

書紀720持統四年一〇月(北野本訓)「其の水田曾孫(ひひこ)に及至(イタセ)」

全力をあげて事を行なう

(イ) (おもに「心」に関係のある語に付いて) 誠意尽くす。できる限り事をする

伊勢物語(10C前)四一「心ざしはいたしけれど」

今昔1120頃か)六「其後、彌(いよい)よ信を至して」

(ロ) (命、身などの語を伴って) 命を差し出す。身を捧げ事を行なう

書紀720雄略年三月(前田本訓)「身を対馬の外に投(イタシ)」〔論語‐学而〕

③ (①の意から) ある状熊にたち至らせる。多くよくない結果引き起こすことをいう。

宇津保(970‐999頃)藤原の君「おほやけの御ためにさまたげをいたし」

平家13C前)灌頂「世をも人をも憚かられざりしがいたす所なり」

④ (「富を致す」などのかたちで) 獲得する。手に入れる。

小学入門甲号)(1874)〈民間版〉「家業を励めば富を致(イタ)す」

(5) 話相手に対し自分自分の側の者を下位に置く場合や、目下の者に重々しく言う改まった場面などで、「(物事を)する・なす」の意に用いる。動詞連用形助詞「は・も」などの付いた形を受けるときは補助動詞的な働きになる。

*虎明本狂言引敷聟室町末‐近世初)「今日ひもよふござる程にむこいりを致す」

洒落本・婦美車紫(1774)高輪茶屋の段「わるじゃれをいったりしたりいたしますゆへ」

(6)隠語のように用いて男性女性と関係を結ぶ。

[二] 補助動詞として用いられる。(一)(5)同意

(イ) 動作性の名詞主として漢語名詞に付く。

玉塵抄(1563)四一「赤心を下れたほどに返報いたさいでは」

歌舞伎怪談月笠森笠森お仙)(1865)序幕留立(とめだ)て致(イタ)すな」

(ロ) 敬語名詞動詞連用形敬意接頭語「お」を冠したものを含む)に付く。

*虎明本狂言筑紫奥室町末‐近世初)「都までおともいたさう」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「ちと拝見いたしたうございます

2 〔自サ五(四)改まった場面用いる「する」の意の丁重な、いくらか堅苦しい表現

*虎明本狂言乞聟室町末‐近世初)「うちにござらぬと仰らるるが、声がいたす」

塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉一五「母の姿を視て喫驚(びっくり)致しましたが」

[語誌](1)上代中古では、漢文訓読語として現われるのがほとんどで、「行為をなす」「尽くす」「結果としてある事態を招く」などの意で用いられている。
(2)中古後半から記録体漢文や「今昔物語集」などに見えるようになる。語義上は、後世の「なす」「する」に転化していく兆し見せながらも前代からの漢文的・文章語性格多分に残していた。
(3)室町時代頃から「なす」「する」の謙譲語として用いられるようになる。
(4)江戸時代には、「いたす」「…いたす」は話し手主として武士階級)の聞き手に対して自卑丁重表現、「お…いたす」は動作の及ぶ対象への謙譲表現として用いられ、それが現代に及んでいる。
(5)江戸期には二段活用のような語形「いたする」の例がある。
(6)現代語では(一)(一)(5)(二)(二)場合、ふつう「いたします」の形をとる。また、「お…いたします」の形で、対象への待遇価値が非常に高い表現として用いられている。


おく・す【致】

〔他サ四〕 (「おこす(致)」の変化した語) よこす。

狂言記萩大名(1660)「のこぎりをくせい、引切(ひききっ)てしんに立てうに」


おこ・す【遣・致】

1 〔他サ下二〕 こちらに送ってくる。よこす。

万葉(8C後)一八・四一〇五「白珠の五百(いほ)つつどひを手にむすび於許世(オコセ)む海女(あま)はむがしくもあるか」

2 〔他サ四〕 ((一)室町頃に四段に転じたもの) (一)に同じ。

曾我物語南北朝頃)九「あまりのおもしろさに、斧の柄のくつるをわすれ、曾我へ人をこして候

*虎明本狂言雁盗人室町末‐近世初)「爰元はしった者がござなひほどに、はやう代物をおこさせられひ」

[語誌]下二段活用を本来とするが、中世後期四段活用が生じる。同じ意味を表わす語に「よこす」があり、室町時代より使用がみられる。「物類称呼‐五」に「つかはせといふ詞を 大坂にて、おこせと云〈略〉江戸にて、よこせと云」とあるように、両語には、関西方言の「おこす」と関東方言の「よこす」という地域的対立がある。


致す

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 08:08 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. いたす」を参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「致す」の関連用語

致すのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



致すの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの致す (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS