消すとは? わかりやすく解説

け・す【消す】

読み方:けす

[動サ五(四)

燃えている火をなくならせる。「たき火を—・す」「ろうそく吹いて—・す」

電気機器スイッチ切ったりガス栓ひねったりして、その働き止める。「電灯を—・す」「ガスを—・す」

ぬぐったり塗ったりして、今まで見えていたもの見えなくする。「黒板の字を—・す」「壁の落書きを—・す」

㋑姿を見えなくする行方をくらます。「忽然(こつぜん)と姿を—・す」

今まであったものを取り去ってなくす。存在形跡をなくす。「証拠を—・す」「痛みを—・す

吸収するようにして、音やにおいなどをなくす。「話し声騒音に—・される」「魚の臭み生姜(しょうが)で—・す」

否定する。うちけす。

「何か手懸り有りそうものだねと、お京の言うを—・して」〈一葉わかれ道

空いた時間費やす時間をつぶす月日過ごす。

それ迄何処(どこ)かに時間を—・さなければならぬ」〈森田草平煤煙

殺す。「裏切者は—・せ」

歌舞伎の用語。

下座音楽をしだいに弱めていって止める

黒子などが舞台で不必要になったものを片付ける。

非難する。けなす。

「その話は古いぞ古いぞと—・されければ」〈咄・露がはなし・一〉

10 (「肝(きも)をけす」の形で)非常にびっくりする肝をつぶす

「沖に釣する舟をば敵(かたき)の舟かと肝を—・し」〈平家灌頂

[可能] けせる


消す

読み方:せうす

サ行変格活用動詞「消す」の終止形
「消す」の口語形としては、サ行変格活用動詞消する」が対応する

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

消す

無くすこと。駒を取ったり捨てたりすることによる

消す

作者豊田有恒

収載図書宇宙塵傑作選 2 日SF軌跡
出版社出版芸術社
刊行年月1997.12


消す

作者石川英輔

収載図書大江戸仙花
出版社講談社
刊行年月2002.12
シリーズ名講談社文庫


消す

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 09:17 UTC 版)

脳開発研究所クルクルラボ」の記事における「消す」の解説

受け取ったえてがみ消し受信箱を空にする思い出残したもの消える。通常えてがみ受け取るたびに新しいもので上書きされていくので、見たくないものが来た時以外は特に消す必要はない

※この「消す」の解説は、「脳開発研究所クルクルラボ」の解説の一部です。
「消す」を含む「脳開発研究所クルクルラボ」の記事については、「脳開発研究所クルクルラボ」の概要を参照ください。


消す

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 17:04 UTC 版)

ファイアーイーティング」の記事における「消す」の解説

消火トーチ消火する方法であり、ファイアーイーティング伝統的な特徴である。 ブローアウト – ブレスコントロールを使用して消す。 複数の火を食べる – 一度いくつかのトーチ基本的な火を食べる。 燃え綿球を消す – トーチのように綿球を消す。 手で消す – トーチ手で消す。 クラゲ消火トーチを炎から降ろして消す。

※この「消す」の解説は、「ファイアーイーティング」の解説の一部です。
「消す」を含む「ファイアーイーティング」の記事については、「ファイアーイーティング」の概要を参照ください。


消す

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:11 UTC 版)

将棋用語一覧」の記事における「消す」の解説

駒を取ったり交換したりして盤上からなくすこと。

※この「消す」の解説は、「将棋用語一覧」の解説の一部です。
「消す」を含む「将棋用語一覧」の記事については、「将棋用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「消す」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

消す

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 08:26 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. けすを参照

「消す」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

消すのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消すのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2022 Shogitown. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの脳開発研究所クルクルラボ (改訂履歴)、ファイアーイーティング (改訂履歴)、将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの消す (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS