何処とは?

いず‐く〔いづ‐〕【処】

[代]《「いずこ」の古形不定称指示代名詞。どこ。

「—より来りしものそ」〈万・八〇二〉


いず‐こ〔いづ‐〕【処】

[代]《「いずく」の音変化で、平安時代以降の語》不定称指示代名詞。どこ。

「むかしの光いま—」〈晩翠荒城の月


いど‐こ【処】

[代]《「いずこ」の音変化》「どこ」の古形

「ここや—と問ひければ」〈土佐


ど‐こ【処/所】

[代]《「いづこ」の音変化「いどこ」がさらに変化した語》不定称指示代名詞。はっきりと指示できない場所や状況などをさす。

どの場所。どの部分。どんなところ。「—へ行こうか」「—が悪かったのか」

どのような程度どのような段階どれ程。「—まで本気なのか」「仕事は—まで進んでいるのか」「—も痛くない」


いず‐く いづ‥ 【何処】

代名〕 (「く」は場所を表わす接尾語不定称。場所を表わす。「いづこ」の古形だが、平安時代以後併用された。どこ。

古事記(712)中・歌謡「この伊豆久(イヅク)の ももづたふ 角鹿(つぬが)の 横去らふ 伊豆久(イヅク)に到る

歌舞伎傾城仏の原(1699)二「『いづくへも立退かん』ト打ちつれ出でんとしたりしが」


いず‐こ いづ‥ 【何処】

代名〕 (「いずく」の変化した語) 不定称。場所を表わす平安時代から用いられた。どこ。

神楽歌(9C後)採物本 こは 伊津古(イつコ)のぞ 天にます 豊岡姫の 宮なり」

読本春雨物語(1808)樊噲上「いづこより来たる。あやしき男也」

[語誌]和文資料では場所を問う用法限定されるが、平安期訓点資料には「いづくにか・いづこにか・いづくにぞ・いづこにぞ」のような形で、理由を問う用法現われる。特に「ぞ」を伴う形には場所を問う用法はなく、「いづくんぞ」などの訓点語を生みだした。


いど‐こ【何処】

代名〕 (「いづこ」の変化したもの不定称。「どこ」の古形

三条西家本土左(935頃)承平五年一月二九日「『ここやいどこ』ととひければ、『とさのとまり』といひけり」


ど‐こ【何処・何所】

代名〕 (「いずこ」から転じた「いどこ」がさらに変化した語) 不定称。場所をさす。どのところ。

将門記承徳三年点(1099)「何(トコ)にか往き何より来り誰が家宿る


どっ‐こ【何処】

代名〕 「どこ(何処)」を強めた、俗ないい方

杜詩続翠抄(1439頃)七「とっこまでも遠く行んず」


何処

読み方:イドコ(idoko)

不明の場所やきまっていない場所などを指し示すのに用い


何処

作者岸田尚

収載図書日々は過ぎてDays went by
出版社文芸社
刊行年月2002.7




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「何処」の関連用語

何処のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



何処の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS