落書きとは?

がくしょ 楽書

音楽書。中国、宋の陳暘(ちんよう)著。二〇〇巻。経書訓義律呂りつりよ)の本義楽器楽章などを論ずる。

らく がき [0]落書(き)・楽書(き)

スル
らくしょ落書から転じた語
壁・塀など、本来書くべきでない所にいたずら書きをすること。また、その字や絵。 壁に-する

落書き(約款用語)

車にペンキや油性ペンなどで、文字・線・絵など、社会通念上『書かれた』もしくは『描かれた』とみなし得るものをいいます。鋼板部分のへこみを伴ういたずら傷は「落書き」には該当しません。
※この「自動車保険用語集」の内容は、チューリッヒ保険会社が扱う保険の内容に即しております。

落書き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 06:58 UTC 版)

落書き(らくがき、落書)とは、以下のようなものである。




  1. ^ SiliconZoo
  2. ^ CNET記事
  3. ^ 参考文献: NHKスペシャル ローマ帝国 2 ポンペイの落書き、ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 / 中公新書
  4. ^ ヘルプ!広島市立袋町小学校被爆校舎(西校舎)アーカイブ
  5. ^ 袋町小学校平和資料館
  6. ^ 三上喜孝『落書きに歴史をよむ』吉川弘文館、2014年。p4
  7. ^ 海外邦人事件簿|Vol.06外務省
  8. ^ 神奈川大生、ケルン大聖堂に落書き ツイッターで発覚朝日新聞
  9. ^ 1996年 - 97年頃の発言。スキゾ・エヴァンゲリオン、パラノ・エヴァンゲリオンなどを参照。
  10. ^ News23多事争論(1999年7月15日のインターネットアーカイブキャッシュ)
  11. ^ 落書きアート消した開発業者に賠償命令7億円超、米NY”. AFP BB NEWS. フランス通信社 (2018年2月14日). 2018年2月19日閲覧。
  12. ^ The Legends of "Kilroy Was Here"
  13. ^ a b c 「<落書き>伊紙「あり得ない」 日本の厳罰処分に」『毎日新聞』2008年7月1日
  14. ^ 「ハートマークに相合い傘 落書きだらけのイタリア大聖堂」『中國新聞』2008年6月29日付配信
  15. ^ スプレー落書きを受けた列車の動画
  16. ^ 公共物に落書きの男性が賠償金450万円支払う”. 毎日新聞 (2019年6月4日). 2019年6月18日閲覧。
  17. ^ どうしても落書きしたい?アプリでどうぞ 伊フィレンツェAFPBB 2016年5月3日閲覧
  18. ^ ビルの外壁に落書き、豪州国籍の2人を逮捕「渋谷はいいと思った」、ライブドアニュース、2018年2月7日。
  19. ^ 落書きNO! 「渋谷はOK」外国人ら誤解?、日本経済新聞、2016年10月12日。



落書き

出典:『Wiktionary』 (2015/07/02 15:41 UTC 版)

表記揺れ

名詞

らくがき

  1. 本来描いてはならない場所文字を描くこと。

発音

東京アクセント
ら↗くか゜[1]

類義語

翻訳

動詞

  1. 本来描いてはならない場所に絵を描く。

活用

サ行変格活用
落書き-する

使用例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「落書き」の関連用語

落書きのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



落書きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
チューリッヒ保険会社チューリッヒ保険会社
Copyright © 2020 Zurich
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの落書き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの落書き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS