引きこもりとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 健康用語 > 引きこもりの意味・解説 

ひき こもり [0](き)籠もり

自宅自室長期間ひきこもって社会的活動参加できない状態。精神医学的に病理性の高いものから、社会生活に対してストレス強く感じるためなど、さまざまな原因が挙げられる。

引きこもり

読み方ひきこもり

様々な原因長期間自宅などから出ず、自宅外での生活の場がない状態。特定の精神疾患有するものとそうでないものがあり、後者社会問題化している。

 基本的に長期間自宅から出ることができないでいる状態のこと。厚生労働省の定義では、単一疾患障害概念ではなく、「さまざまな要因によって社会的参加場面がせばまり、就労就学などの自宅以外での生活の場が長期わたって失われている状態」とされています。厚生労働省岡山大学委託した調査結果によれば、引きこもりの子がいる家庭少なくとも全国41万世帯にのぼります。また、医療機関等の統計では、男性が7、8割を占めるとの結果がでています。
 引きこもりには、統合失調症などの精神疾患学習障害発達障害などにより、周囲との摩擦が生じて引きこもる場合と、そういった疾患障害などの生物学的な要因原因とは考えにくい場合あります後者は、対人関係心的外傷などが引き金となり、社会参加難しくなってしまったもので、「社会的ひきこもり」と呼ばれることもあります
 引きこもりの人々様相多彩ですが、引きこもりが長期化するのは、生物学側面心理的側面社会的側面から複数要因混在しています。
 厚生労働省では、「引きこもり」を精神保健福祉対象とし、平成15年援助活動福祉サービスの他NPOなど支援施設による様々な施策のための『「ひきこもり」対応ガイドライン』を策定しています。


引きこもり

作者智恵

収載図書
出版社新風舎
刊行年月2006.3
シリーズ名新風舎文庫


引きこもり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/22 17:30 UTC 版)

引きこもり(引き籠もり[1]、ひきこもり、英語表記 hikikomori[2])とは、仕事学校に行けずに籠り、家族以外とほとんど交流がない人の状況を指す。現時点では、日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている[3]。また内閣府は引きこもりの実態を把握するために、若年層(15歳~39歳)[4][5][6]を対象にしてきた調査を長期化する人が増えていることから、2018年12月、中高年層(40歳~64歳)を対象とする初めての調査を行い、中高年層における引きこもりの人は、推計で61万3,000人[7]に上り、若年層で推計した54万1,000人より多くなっている。引きこもりの人たちを強引に施設に入所させ、高額の費用を親に請求する「引き出し業者」も問題となっている[8]




  1. ^ 国語辞書-大辞泉「ひき‐こもり【引き籠もり】」
  2. ^ a b c OECD Series on Health Care Quality Reviews - Japan (Report). OECD. (2014-11). p. 174. doi:10.1787/9789264225817-en. 
  3. ^ 政策レポート・ひきこもり施策について厚生労働省ホームページ(2018年1月7日閲覧)
  4. ^ 【産経新聞】中高年ひきこもり61万人 若年層上回る2019年3月29日
  5. ^ 【朝日新聞】中高年ひきこもり61万人 初の全国調査、若年層上回る2019年3月29日
  6. ^ 【サンデー毎日】内閣府調査が見落とした女性ひきこもりの無念2019年5月19日号
  7. ^ 【日本経済新聞】中高年ひきこもり61万人 内閣府が初調査2019年3月29人
  8. ^ 読売新聞 2019年7月15日 15面掲載
  9. ^ ひきこもりという概念の歴史(1) 稲村博先生と斎藤環先生”. メディカルノート (2017年5月8日). 2019年4月20日閲覧。
  10. ^ a b c わが国における「ひきこもり」の実態と関連要因:世界精神保健日本調査から(平成22年2月13日)]
  11. ^ a b OECD 2015, p. 40.
  12. ^ ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン厚生労働省
  13. ^ OECD 2015, p. 178.
  14. ^ 引きこもりの人間不信と親への不信感”. ひきこもり自立支援センター. 2017年11月3日閲覧。
  15. ^ 池上正樹『大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』講談社現代新書
  16. ^ 池上正樹『大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』講談社現代新書、66p
  17. ^ 池上正樹『大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』講談社現代新書、80p
  18. ^ 池上正樹『大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』講談社現代新書、11p
  19. ^ 池上正樹『大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』講談社現代新書、11p
  20. ^ 星野 仁彦. “ひきこもりと発達障害”. 内閣府. 2019年12月22日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i j 近藤 直司 (2010)、「青年期のひきこもりと発達障害」 『心身医学』 2010年 50巻 4号 p.285-291, doi:10.15064/jjpm.50.4_285
  22. ^ 三宅典恵, 岡本百合, 神人蘭 ほか、「社交不安障害に対する大学生の理解について」 『総合保健科学』 2014年 30巻 p.1-6, doi:10.15027/35439 ,広島大学保健管理センター
  23. ^ a b 森田公代, 平川真理子, 益満成美 ほか、「対人関係トレーニングを中心とした集団療法により社会参加が可能となったひきこもりの2例」 『心身医学』 2004年 44巻 7号 p.519-, doi:10.15064/jjpm.44.7_519_1
  24. ^ 福田真也 (2000)、「大学生の引きこもりと心身症」 『心身医学』 2000年 40巻 3号 p.199-205, doi:10.15064/jjpm.40.3_199
  25. ^ 「オープンダイアローグ」とは=対話で精神病からの回復目指す」『時事メディカル』。2018年5月20日閲覧。
  26. ^ a b 本間 友巳 (2006). 居場所とは何か 浅井 利明・本間 友巳(編)不登校・引きこもりと居場所 (pp. 5-10) ミネルヴァ書房
  27. ^ 本間 友巳 (2006). 居場所とは何か 浅井 利明・本間 友巳(編)不登校・引きこもりと居場所 (pp. 10-15) ミネルヴァ書房
  28. ^ 本間 友巳 (2006). 居場所とは何か 浅井 利明・本間 友巳(編)不登校・引きこもりと居場所 (pp. 15-20) ミネルヴァ書房
  29. ^ 田中千穂子『ひきこもりー「対話する関係」を取り戻すためにー、サイエンス社、1996
  30. ^ 石田弓編著『自己を追いつめる青少年の心』、北大路書房、2005年、55p、ひきこもりと自殺
  31. ^ 斉藤環、1998、2002
  32. ^ 石田弓編著『自己を追いつめる青少年の心』、北大路書房、2005年、56p、ひきこもりと自殺
  33. ^ 【1989年 平成元年 からの視線】(6) 54万人が社会と隔絶 引きこもり、進む高齢化『日本経済新聞』2018年1月5日(社会面)
  34. ^ “長期高年齢化 平成29年度「潜在化する社会的孤立問題(長期化したひきこもり・ニート等)へのフォーマル・インフォーマル支援を通した 『発見・介入・見守り』に関する調査・研究事業」” (プレスリリース), 特定非営利活動法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会, (2017年4月13日), https://www.khj-h.com/research-study/aiging/ 2018年1月8日閲覧。 
  35. ^ a b “高齢化する引きこもり 親亡き後の「サバイバルプラン」を”. 産経新聞. (2014年3月17日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/140317/trd14031707360005-n3.htm 2014年3月17日閲覧。 
  36. ^ a b 実態調査からみるひきこもる若者のこころ 東京都 青少年・治安対策本部 2008年
  37. ^ 【1989年 平成元年 からの視線】(6) 54万人が社会と隔絶 引きこもり、進む高齢化『日本経済新聞』2018年1月5日(社会面)
  38. ^ “「8050問題」とは?中高年ひきこもり、初調査 40~59歳対象” (日本語). 産経ニュース. (2018年1月1日). https://www.sankei.com/life/news/180101/lif1801010024-n1.html 2018年9月10日閲覧。 
  39. ^ 中高年のひきこもり 手探りの支援2019年6月6日
  40. ^ 日本放送協会. ““ひきこもり死”~中高年 親亡きあとの現実~”. NHK クローズアップ現代 2019年8月1日(木)+. 2019年11月29日閲覧。
  41. ^ “全国で推計50万人! 40歳以上の"ひきこもり中年"たちは、なぜ公的支援の対象から外され続けてきたのか?”.  週プレNEWS. (2018年10月28日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/society/2018/10/28/107403/ 
  42. ^ “中高年のひきこもりは推計61万人余り 39歳以下を上回る”. NHKニュース. (2019年3月29日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190329/k10011865371000.html 2019年4月20日閲覧。 
  43. ^ 池上正樹『大人の引きこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』講談社現代新書(2014年)12p
  44. ^ 池上正樹『大人の引きこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』講談社現代新書(2014年)89p
  45. ^ 「孤独」に社会で向き合う英国、その背景とは(読売新聞2018年5月16日)2019年12月16日閲覧
  46. ^ “引きこもり、イタリアで急増…「昼は寝て、夜に冷蔵庫をあさり、インターネットと漫画だけの生活」”. 毎日新聞. (2009年2月17日) 
  47. ^ 「引きこもり増 悩むイタリア/不況で将来不安■日本の対策に関心」『読売新聞』朝刊2017年8月31日(国際面)
  48. ^ 長期化するひきこもりへの支援~精神保健からのアプローチ~長野県精神保健福祉センター 大沼泰枝 小泉典章
  49. ^ a b c d 若者の意識に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)報告書(概要版)平成22年7月 内閣府
  50. ^ ひきこもり開始年齢と期間
  51. ^ 衆院法制局が見解 ひきこもりの引き出しビジネス「犯罪に該当する可能性が高い」 - 2019年11月27日YAHOO!ニュース、加藤順子著
  52. ^ 池上正樹 (2011年2月10日). “引きこもりは本当に「裕福な家庭の子」の甘えかNHK『クローズアップ現代』出演で知った偏見の根深さ”. ダイヤモンド・オンライン (ダイヤモンド社). https://diamond.jp/articles/-/11083 2019年4月20日閲覧。 
  53. ^ 県の動き1 「沖縄県ひきこもり専門支援センター」の開所~小さな一歩を踏み出そう~”. 美ら島沖縄. 沖縄県 (2017年1月). 2019年4月20日閲覧。
  54. ^ “ひきこもり高齢化 当事者目線で対策を急げ”. 徳島新聞 (徳島新聞社). (2018年1月29日). https://www.topics.or.jp/articles/-/18384 2019年4月20日閲覧。 
  55. ^ 阪田憲二郎「ひきこもり支援におけるソーシャルワーク機能に関する考察」『神戸学院総合リハビリテーション研究』第11巻第2号、神戸学院大学総合リハビリテーション学会、2016年3月。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「引きこもり」の関連用語

引きこもりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



引きこもりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
厚生労働省厚生労働省
(C)2020 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの引きこもり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS