男社会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 男社会の意味・解説 

男社会

読み方:おとこしゃかい

主に、男性優位男尊女卑傾向顕著社会共同体、あるいは組織などを指す語。

女性差別

(男社会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 03:50 UTC 版)

女性差別(じょせいさべつ)とは、女性に対する性差別である。男尊女卑(だんそんじょひ)と呼ぶ人もいる。対義語は男性差別という。




  1. ^ 男性を「ソクラテスみたい」と褒めるべし 日本の女性誌の助言に冷笑 AFP BB NEWS 2019年12月5日
  2. ^ a b c d e f 『裁判と社会―司法の「常識」再考』著:ダニエル・H・フット 訳:溜箭将之 NTT出版 2006年10月 ISBN 9784757140950
  3. ^ 水町勇一郎『均等待遇の国際比較とパート活用の鍵―ヨーロッパ、アメリカ、そして日本』2004年10月、独立行政法人 労働政策研究・研修機構
  4. ^ 参議院会議録情報
  5. ^ 平成26年(2014)人口動態統計の年間推計、厚生労働省
  6. ^ a b 提言 男女共同参画社会の形成に向けた民法改正 日本学術会議
  7. ^ a b 「選択的夫婦別姓・婚外子の相続分差別 Q&A」日本弁護士連合会
  8. ^ 「原告『女性を間接差別』 国側『同姓は広く浸透』夫婦別姓認めぬ規定、最高裁で弁論」、日経新聞、2015年11月5日
  9. ^ 民法改正を考える会、「よくわかる民法改正」、朝陽会
  10. ^ a b 上告理由書、平成26年(ネオ)第309号上告提起事件、2014年6月4日
  11. ^ a b 「『夫婦同姓強制は合憲』判決はなぜ『鈍感』か?」、HUFF POST SOCIETY、2015年12月24日。
  12. ^ 「『再婚禁止と夫婦別姓規定』最高裁判決に注目集まる 憲法を軽視してきた永田町の『非常識』」、Business Journal、2015年11月13日
  13. ^ "Japan upholds rule that married couples must have same surname ", The Guardian, December 16, 2015.
  14. ^ 「選択的夫婦別姓 国民的議論を深めよう」、日本農業新聞、2015年12月24日。
  15. ^ 2006年4月3日付しんぶん赤旗
  16. ^ 「未亡人・離婚女性への差別、韓国が最も過酷」『中央日報』2008年6月25日付配信
  17. ^ a b 困惑する中国女性 増える性差別=ニューヨーク・タイムズ紙 大紀元 2010年12月9日
  18. ^ a b 遠藤誉「第5回 <A女>の影に潜む「隠婚族」の女たち 「仕事にマイナスになるから」結婚をひた隠す」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月11日付配信
  19. ^ ロシア連邦:雇用差別と闘う女性航海士アムネスティ国際事務局(2017年9月9日)
  20. ^ ロシアの女性、456職種で就業制限=世銀調査NNAアジア経済ニュース(2015年9月15日)
  21. ^ 山口昌子「【緯度経度】「処女性」は結婚の条件?」『産経新聞』産経新聞社、2008年6月9日付配信


「女性差別」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「男社会」の関連用語

男社会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



男社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女性差別 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS