反日感情とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 反日感情の意味・解説 

反日感情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/01 09:06 UTC 版)

反日感情(はんにちかんじょう、英語:Anti-Japanese sentiment)は、日本日本人日系人に対して抱いている反感を指す言葉である。




  1. ^ 2014 BBC World Service poll (PDF)” (English) (2013年5月22日). 2013年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月3日閲覧。
  2. ^ Japanese Public’s Mood Rebounding, Abe Highly Popular”. Pew Research Center (2014年7月11日). 2015年1月23日閲覧。
  3. ^ a b c 27カ国のうち韓国を含む25カ国が日本は「主として世界に好影響を与えていると感じる」と回答した人の数が「主として悪影響を与えていると感じる」と答えた人の数を上回っている(全体平均は「好影響」57%対「悪影響」20%)。メキシコと中国の2カ国では日本について「主として悪影響」が多数であった(メキシコ24%対34%中国16%対71%)。Views of US Continue to Improve in 2011 BBC Country Rating Poll (PDF)”. BBC (2011年3月7日). 2012年11月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月6日閲覧。
  4. ^ a b c 1995年5月29日 読売新聞
  5. ^ [1]
  6. ^ インディーズバンド百済の日本人罵倒曲「fUCk zAPAN」については、日本国内における一部ネットユーザーの間で、韓国で有名なラッパー「DJ DOC」の作品として大ヒットしたと言う誤報があったが、単なる誤報であり決して意図的に流された悪質なデマでは無い。
  7. ^ Japanese are Simply the Best (Press Release British tourists amongst worst in the world by Expedia.co.uk)
  8. ^ "最も好ましい観光客"は日本人、では最下位は? - エクスペディア調査
  9. ^ "Japan" from "Country Reports on Human Rights Practices - 2005"
  10. ^ a b Efforts mount in Japan to counter human trafficking
  11. ^ 外国人女性被害者を犯罪者扱い…人身売買実態で報告書 (ACE児童労働メールマガジン vol.31、読売新聞、国際労働機関駐日事務所とILO本部)
  12. ^ Trafficking Alert International Edition, May 2005 (Vital Voice)
  13. ^ a b c 「強制労働」と未払い賃金求め提訴 中国人実習生 熊本 2007年12月6日 (asahi.com、魚拓)
  14. ^ Human Rights, Japan Anti-Trafficking Programs (Vital Voices)
  15. ^ 外国人労働者数の推移 (社会実情データ図録)
  16. ^ 世界各国の外国人労働者 (社会実情データ図録)
  17. ^ 中国の歴史教科諸問題(袁偉時著、2006年、日本僑社)
  18. ^ 海南一医院挂牌称“日本人拒不认罪禁止入内" Archived 2005年7月25日, at the Wayback Machine.」(南方都市报、2005年7月15日)
  19. ^ 深センのバーで 「日本人の入店お断り」」(人民網日本語版、2002年5月23日)
  20. ^ その影響で土肥原賢二は華北分離工作を計画した罪でA級戦犯として絞首刑にされた。
  21. ^ 広田、有田、川越は三者とも日中両国で防共協定を締結する事で日中関係を改善しようとしたのである。
  22. ^ 更に児玉訪中団のメンバーであった藤山愛一郎(大日本製糖社長)は岳父の結城(豊太郎)蔵相のメッセージを新任の外交部長王寵恵らの国民政府首脳に伝えた。それは日中経済提携の実績によって出先の関東軍や支那駐屯軍を抑制し、両国の関係安定化を図りたいとの趣旨であった。
  23. ^ 松浦「再考・日中戦争前夜」142-143 頁。
  24. ^ 朝日新聞2007年12月13日
  25. ^ 2007年12月10日 中央日報
  26. ^ 中国人が「最も嫌いな国」は、日本ではなくなった! ダイヤモンドオンライン
  27. ^ serchina 2009年6月27日
  28. ^ serchina 2009年12月31日
  29. ^ 朝日新聞2010年8月3日
  30. ^ 南京大虐殺から70年、その傷は今なお深く【12月12日 AFP】
  31. ^ 「MBSナウスペシャル「フィルムは見ていた 検証南京大虐殺」1991年10月6日放映、毎日放送。
  32. ^ 例として、漫画家の小林よしのり、チャンネル桜社長の水島総は、1937年「南京占領」当時の日本の新聞記事や1938年の映画『南京』を根拠に南京大虐殺を否定している
  33. ^ 具体的には以下のものが「掲載を許可せず」となっていた。「我が軍に不利なる記事、写真・支那兵または支那人逮捕訊問の記事写真中、虐待の感を与えるおそれのあるもの・残虐なる写真、ただし支那兵または支那人の残虐性に関する記事は差し支えなし」。(『不許可写真1』毎日新聞社、1998年。南京事件調査研究会・編『南京大虐殺否定論13のウソ』柏書房、1999年。笠原十九司『南京事件論争史』平凡社新書、2007年。)
  34. ^ 毎日新聞社だけは、戦中の「不許可写真」を今でも持っており、他の新聞社は1945年終戦の際に内務省命令で全て焼却した。(『不許可写真1』毎日新聞社、1998年)
  35. ^ 難民キャンプの入口に新聞記者が数名やって来て、ケーキ、りんごを配り、わずかな硬貨を難民に手渡して、この場面を映画撮影していた。こうしている間にも、かなりの数の兵士が裏の塀をよじ登り、構内に侵入して一〇名ほどの婦人を強姦したが、こちらの写真は一枚も撮らなかった。(『南京事件資料集 1 アメリカ関係資料編』P266)
  36. ^ 『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』第2巻(P311-P312)
  37. ^ 蒋介石は「これによって敵軍と偽軍(汪兆銘政権の軍)は安心して投降し、共産党に煽動と誘惑の機会を与えることがなかったのである。」と『蒋介石秘録14 日本降伏』で述べている。
  38. ^ 暴を以て暴に報ゆる勿れー蒋介石の戦後捕虜取扱い方針ー
  39. ^ 『南京戦史資料集』(旧版p660)
  40. ^ 「興亜観音を守る会」会報15号
  41. ^ 『朝日が明かす中国の嘘』田中正明氏と蒋介石
  42. ^ 蒋介石秘録12 日中全面戦争 69-70P
  43. ^ 『中日関係と世界の前途』pp.44-45
  44. ^ 毛沢東は1938年1月週刊誌「群衆」で「南京大虐殺は人類に対する犯罪」と述べている。その内容は次の通りである。「…9.18に敵軍がわが東北・華北ではたらいた残虐な行為は、すでに世のともに知るところとなっている。しかし、南京・上海沿線、とりわけ南京市の大虐殺は、人類有史以来空前未嘗有の血なまぐさい残虐な獣行記録をつくることとなった。これは中国の全民族に対する宣戦にとどまらず、全人類に対する宣戦でもある。敵の凶悪な残忍さは、人道と正義を血で洗い、全世界・全人類の憤怒と憎悪をよびおこした…」
  45. ^ 『南京の真実』講談社、1997年、83-90頁
  46. ^ 本来の中国語ではオラトリオの意味だが、ネットスラングでは「ネット上で人気のあるドラマ」を意味しており、ニュアンスとしては日本語の「神作品」に近い。
  47. ^ 反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織-香港紙
  48. ^ 浅野和生「国民党馬英九政権の対日政策」『問題と研究』2008年10・11・12月号、『聨合報』2008年6月14日
  49. ^ 台湾も慰安婦問題で安倍首相に抗議 - nikkei.net 2007年3月7日(2007年5月5日時点のアーカイブ
  50. ^ 「日台親和」の虚像と実像-植民地支配の歴史経験は国際協力のモデルか
  51. ^ 自己肯定の「物語」を超えて
  52. ^ Tipei Times Feb、06、2006
  53. ^ 2009年4月財団法人交流協会が実施した初の台湾人対象の対日意識世論調査台湾における対日世論調査(財団法人交流協会実施)
  54. ^ 2010年度「台湾における対日世論調査」台湾における対日世論調査(財団法人交流協会実施)
  55. ^ 2009年に台湾の財団法人金車教育基金会が学生を対象に実施した「最も友好的な国・最も非友好的な国」に対するアンケートによる。serchina 2009年7月15日
  56. ^ 「日本と台湾の歴史と今後の関係」をテーマに講演した。産経新聞 2009年12月18日
  57. ^ 川島真・楊永明等『日台関係史』東京大学出版会、2009年3月
  58. ^ 朝日新聞2010年3月22日
  59. ^ 台北駐日経済文化代表処
  60. ^ a b c d 河宇鳳『朝鮮王朝時代の世界観と日本認識』明石書店、2008年
  61. ^ 朝鮮王朝実録』(世祖14年3月乙酉)
  62. ^ a b c d 村井章介 『中世倭人伝』 岩波新書、1993年.p59-61
  63. ^ 山内弘一 『朝鮮からみた華夷思想』 山川出版社〈世界史リブレット 67〉、2003年
  64. ^ 朝鮮王朝実録』(中宗20(1525)年4月丁巳)
  65. ^ 小中華思想参照
  66. ^ 河宇鳳2008,第一部第一章「朝鮮時代の人々の世界観と日本認識」3節「他者としての日本と女真」
  67. ^ a b c d e f 古田博司 『「相互認識」 東アジア・イデオロギーと日本のアジア主義
  68. ^ 李景稷著・若松実訳『扶桑録 江戸時代第二次(元和三)朝鮮通信使の記録』(日朝協会愛知県連合会、1988
  69. ^ 金仁謙『日東壮遊歌平凡社東洋文庫 662〉、1999年、p251
  70. ^ 金仁謙1999,p292
  71. ^ 河宇鳳2008,第二部第二章「朝鮮時代後期の通信使使行員の日本認識――一七六四年甲申通信使の元重挙を中心に」
  72. ^ 世界大百科事典 第2版
  73. ^ "In Korea with Marquis Ito" p201ジョージ・トランブル・ラッド、 New York, C. Scribner's sons, 1908
  74. ^ 木村幹『t』ミネルヴァ書房、2000年、ISBN 978-4623032921
  75. ^ 『大統領李承晩博士儒教談話集』1958年
  76. ^ 朴正煕 『朴正煕選集2 国家・民族・私』 鹿島研究所出版会、1970年、234-238頁。全国書誌番号:72004958
  77. ^ 朴正煕 『朴正煕選集1 韓民族の進むべき道』 鹿島研究所出版会、1970年、79-91頁。全国書誌番号:72004958
  78. ^ 黒田勝弘『日韓新考』産経新聞社、2002年8月
  79. ^ 金文学 『「反日」という甘えを断て 再び、韓国民に告ぐ!』祥伝社、2002年
  80. ^ 2013年8月18日日本社会新聞
  81. ^ 中華民国は汪兆銘政権を支えた陳公博などの要人52名を銃殺刑にし、さらに、親日派ゆえに漢奸とされた約4万人が処刑や処罰を受け、処刑された者には墓を建てることも禁止された。
  82. ^ 「東アジアの対日論調-揺れ動く中韓の日本報道」時事通信編集委員佐々木真(時事トップ・コンフィデンシャル2008年6月13日付)P.77
  83. ^ 反日にブレーキかからず 李大統領、強硬外交で人気取り 産経新聞2012.8.23
  84. ^ 韓国での日本大衆文化の流入制限
  85. ^ 韓国は2004年1月の日本大衆文化第4次開放で日本語の歌の放送を許したが、放送局側で録画だけに制限していた。事前に放送通信審議委員会を通した上で、放送が決定された 韓国地上波放送で日本歌手が日本語の歌、初の生放送 聯合ニュース 2010年9月13日
  86. ^ 朝鮮日報 2014/08/08 11:05 朝鮮日報記者に質問:与党議員の自衛隊行事出席は事実か[2]
  87. ^ a b 野平俊水「韓国ドラマ「日本嫌い」事情えっ、ヨン様までが反日!?」『諸君!』2004年8月号文藝春秋
  88. ^ 2005年04月18日 (月) 中央日報が報じた最近の世論調査(CBSラジオ「時事ジョッキー今日と明日」が世論調査機関リアルメーターに依頼し、全国の成人男女526人を対象に)。出典 [3])。
  89. ^ [4]
  90. ^ [5]
  91. ^ 『放送研究と調査』 2010年11月号 「日韓をめぐる現在・過去・未来 ~日韓市民意識調査から~」 NHK放送文化研究所 2010年11月1日発行.
  92. ^ 『放送研究と調査』 2010年11月号 「日韓をめぐる現在・過去・未来 ~日韓市民意識調査から~」 p.15 NHK放送文化研究所 2010年11月1日発行.
  93. ^ 『放送研究と調査』 2010年11月号 「日韓をめぐる現在・過去・未来 ~日韓市民意識調査から~」 p.15-16 NHK放送文化研究所 2010年11月1日発行.
  94. ^ 韓国の中高校生「1番の敵は日本」 北の2倍、中国は1割
  95. ^ “韓国小学生86%「日本が嫌い」…嫌いな国アンケートで圧倒的”. ニコニコニュース. (2013年10月10日). http://news.nicovideo.jp/watch/nw798069 2016年2月17日閲覧。 
  96. ^ 外務省「ASEAN7カ国対日世論調査(PDF)」
  97. ^ 『教科書に書かれなかった戦争Part8 アジアの教科書に書かれた日本の戦争 東南アジア編』越田稜編著、梨の木舎、初版1990年刊
  98. ^ a b - 外務省 - 最近のフィリピン情勢と日・フィリピン関係 - 6.日・フィリピン関係 -(8)日系人調査の項 参照
  99. ^ 『現地の「神風特別攻撃隊慰霊祭」で目撃した「日本軍-もうひとつの真実」』SAPIO2000年12月20日号
  100. ^ アーミテージ氏が語る新しい日米安全保障体制日経BP
  101. ^ 「悲劇の少女アンネ」シュナーベル著 久米穣訳 偕成社
  102. ^ アメリカの上院は昭和天皇を裁判に掛けることを決議、中国は国民政府海外の雑誌に「ミカド去るべし」の論文を発表、フィリピンの弁護士会はアメリカ大統領に昭和天皇を裁判に掛けるよう要請、オーストラリアは国家元首たる天皇は一兵卒より罪が大きいと天皇を戦争犯罪人として裁くよう公式に要求していた。
  103. ^ マッカーサーの本国であるアメリカでは連邦議会上院で昭和天皇の訴追を求める議案が通ったが、この議案を潰した者がマッカーサーである。
  104. ^ Americans’ Most and Least Favored Nations, Gallup, March 3, 2008
  105. ^ Gallup, February 19, 2010
  106. ^ 日本「信頼できる」80%で最高 米世論調査、中国も上昇 共同通信2009年5月18日
  107. ^ Global Views of United States Improve While Other Countries Decline (PDF)”. BBC (2010年4月18日). 2009年6月10日閲覧。
  108. ^ 『鯨捕りよ、語れ!』C・W・ニコル、アートデイズ、2007年 ISBN 9784861190896 P82
  109. ^ この件は、オーストラリア在住の漫画家『美味しんぼ』でも取り上げられている。
  110. ^ a b レンタカーに反日スローガン「日本人に銛を打ち込め」、豪州 2008年07月18日AFP通信
  111. ^ "whale-safe beer" campaign
  112. ^ [6]




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「反日感情」の関連用語

反日感情のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



反日感情のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの反日感情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS