盧溝橋事件とは?

盧溝橋事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/17 23:54 UTC 版)

盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)は、1937年(昭和12年)7月7日北京北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である[4][注釈 1]。中国では一般的に七七事変と呼ばれる[5]。英語ではMarco Polo Bridge IncidentBattle of Marco Polo Bridgeと呼ばれる[6]




注釈

  1. ^ 7月7日に日中両軍が衝突した事実は全くない。衝突は7月8日午前5時30分からのことである(坂本夏男「盧溝橋事件勃発についての一検証」『芸林』40(1), p2-26, 1991-02)。
  2. ^ 支那駐屯軍の駐兵に関する法的根拠は北清事変最終議定書(北京議定書)と1902年7月の天津還付に関する列国との交換公文である(秦 1996, pp.50-51)。
  3. ^ 秦郁彦は、「葛西の死後、信奉者や夫人とともに故人が秘蔵してあると言っていた貸金庫を捜索したが政治課本の現物は見当たらなかったこと、一九五〇年代には毛沢東の後継者的地位を確立していた劉少奇の北方局時代における抗日活動を讃える本が何冊も出ていたので、それをヒントにした作り話だろう」と推論している(秦郁彦 2009, p.193)
  4. ^ 太平洋戦争では日本はアメリカ・イギリス・オランダに宣戦布告したため、ハルノートが提示されるまでに行われた日米両国の和平交渉は真珠湾攻撃を機に途絶えている。

出典

  1. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P143
  2. ^ a b c 秦 1996, p.218.
  3. ^ a b 秦 1996, p.228.
  4. ^ 日本政府 1937 p.1
  5. ^ 葛西 1975, p.5
  6. ^ Emily Hahn. The Soong Sisters. Open Road Integrated Media. p. 229. 
  7. ^ 陸軍省・海軍省 1938 p.16
  8. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P142
  9. ^ a b c d e 坂本夏男「再考・盧溝橋事件における日中両軍衝突時の一検証」『皇学館論叢』33(4), 1-17, 2000-08
  10. ^ 雪竹 1939 p.34
  11. ^ 外務省 1937a p.34
  12. ^ 外務省 1937c p.27
  13. ^ 外務省 1937c p.27
  14. ^ 外務省 1936 p.28
  15. ^ 外務省 1937d p.16
  16. ^ 『東京朝日新聞』1937年1月8日付夕刊 1面
  17. ^ 『読売新聞』1937年7月9日付朝刊 3面
  18. ^ 『東京朝日新聞』1937年5月28日付朝刊 2面
  19. ^ 『東京朝日新聞』1937年6月27日付朝刊 2面
  20. ^ 『東京朝日新聞』1937年5月30日付朝刊 2面
  21. ^ 『東京朝日新聞』1937年7月3日朝刊 3面
  22. ^ 『支那事変実記 第1輯』 1941 p.3
  23. ^ 『東京朝日新聞』1937年6月26日朝刊 2面
  24. ^ 『東京朝日新聞』1937年5月24日朝刊 2面
  25. ^ 『東京朝日新聞』1937年6月12日朝刊 2面
  26. ^ 『国際写真新聞』同盟通信社 1937年8月5日 p.6
  27. ^ a b 『支那事変実記 第1輯』 1941, pp.7-8
  28. ^ ロンドン・タイムズ紙 1933年2月20日、10面
  29. ^ a b 『東京朝日新聞』1933年3月17日付夕刊 1面
  30. ^ ロンドン・タイムズ紙 1933年5月8日、13面
  31. ^ a b 『東京朝日新聞』1933年4月9日付夕刊 4面
  32. ^ 『東京朝日新聞』1935年6月19日付朝刊 2面
  33. ^ 『東京朝日新聞』1935年10月26日付夕刊 1面
  34. ^ 『東京朝日新聞』1935年11月29日付朝刊 2面
  35. ^ 『東京朝日新聞』1935年12月1日付夕刊 1面
  36. ^ 『東京朝日新聞』1935年12月5日付朝刊 2面
  37. ^ 『東京朝日新聞』1935年12月6日付朝刊 2面
  38. ^ 『東京朝日新聞』1935年12月19日付夕刊 1面
  39. ^ 姫野徳一『冀察・冀東問題』日支問題研究会 1937年8月20日 p.7
  40. ^ 『東京朝日新聞』1935年12月19日付朝刊 2面
  41. ^ 『東京朝日新聞』1936年2月5日付夕刊 1面
  42. ^ 現代社会文化研究No.21 2001年8月 満鉄の華北への進出
  43. ^ a b 『国民新聞』1937年7月9日付朝刊 1面
  44. ^ 外務省 1937c pp.27-29
  45. ^ 外務省 1937d p.15
  46. ^ a b 安井 1993 p.91
  47. ^ 秦 1996, p.413
  48. ^ 坂本夏男「盧溝橋事件勃発の際における牟田口廉也連隊長の戦闘開始の決意と命令」『芸林』42(1), p2-23, 1993-02
  49. ^ 『支那事変実記 第1輯』 1941, p.5
  50. ^ a b c 中村 1990, p371
  51. ^ a b 秦 1996, p.58
  52. ^ 軍兵力並配置に関する参考資料の件(支駐)』 アジア歴史資料センター Ref.C01004192300 
  53. ^ a b c d 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P70
  54. ^ 大阪朝日新聞 1936年3月13日付朝刊 2面
  55. ^ 『大阪朝日新聞』1936年3月30日付朝刊 1面
  56. ^ a b c 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P71
  57. ^ 『大阪朝日新聞』1936年4月11日付朝刊 1面
  58. ^ 『大阪朝日新聞』1936年4月3日付朝刊 2面
  59. ^ a b 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P72
  60. ^ a b 中村 1990, pp.371-372
  61. ^ 英国軍ノ豊台守備ノ経緯ト日本軍ヲ配置セントスル能否調査
  62. ^ 安井 1993, pp.100-101
  63. ^ 秦 1996, p.60
  64. ^ a b 秦 1996, p.56
  65. ^ 今井武夫『支那事変の回想』(みすず書房、1964年) p.13
  66. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P138
  67. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P141
  68. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P143
  69. ^ a b c 坂本夏男「盧溝橋事件勃発についての一検証」『芸林』40(1), p2-26, 1991-02
  70. ^ 清水節郎他「芦溝橋事件」『アジア研究』3(4), 80-97, 1957-03 アジア政経学会
  71. ^ 坂本夏男「盧溝橋事件勃発についての一検証」『芸林』40(1), p2-26, 1991-02
  72. ^ a b 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P141
  73. ^ 森下修一『国共内戦史』三州書房 1970年, pp.26-29
  74. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P138
  75. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P140
  76. ^ 『支那事変実記 第1輯』 1941, p.5
  77. ^ 師長は馮治安
  78. ^ a b 『支那事変実記 第1輯』 1941, p.6
  79. ^ a b c 『東京朝日新聞』1937年7月9日付夕刊 1面
  80. ^ a b c d 東京日日新聞』1937年7月9日付夕刊 1面
  81. ^ a b 『読売新聞』1937年7月9日付朝刊 2面
  82. ^ 『読売新聞』1937年7月9日付夕刊 1面
  83. ^ 『支那事変実記 第1輯』 1941, p.7
  84. ^ 蘆溝橋事件処理に関する閣議決定国立国会図書館資料)
  85. ^ ニューヨーク・タイムズ紙、1937年7月8日、pp.1,15
  86. ^ 坂本夏男「極東国際軍事裁判における盧溝橋事件」『芸林』47(3), 27-47, 1998-08
  87. ^ 寺平忠輔『蘆溝橋事件』
  88. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P146
  89. ^ a b c d e f g 日中戦争の展開塘沽停戦協定からトラウトマン工作まで 岩谷將防衛研究所主任研究官
  90. ^ 秦 1996, p.244.
  91. ^ a b c 大久保泰『中国共産党史』
  92. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P153
  93. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P151
  94. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P153
  95. ^ 秦郁彦 1996, p.175
  96. ^ 安井三吉 1993, p.19
  97. ^ 坂本夏男「盧溝橋事件勃発についての一検証」『芸林』40(1), p2-26, 1991-02
  98. ^ 秦郁彦『昭和史の謎を追う』上
  99. ^ 常岡滝雄『大東亜戦争の敗因と日本の将来』1969年
  100. ^ 【中国対日観】“いい加減”だから日本にやられる(1)”. サーチナ (2009年5月15日). 2009年6月6日閲覧。
  101. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P147
  102. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P148
  103. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P148
  104. ^ 戦史叢書「支那事変陸軍作戦<1>昭和十三年一月まで」P148
  105. ^ 『産経新聞』1994年9月8日付夕刊 10面
  106. ^ 安井三吉 2003, p.233, 234
  107. ^ 入門 中国の歴史「中国中学校歴史教科書」、明石書店、2001年、ISBN 4-7503-1495-1、P995
  108. ^ (『廣田弘毅』 廣田弘毅伝記刊行会 1966)
  109. ^ 外務省外交史料館 特別展示 I 盧溝橋事件の発生
  110. ^ 石井猪太郎『外交官の一生』より石射猪太郎『外交官の一生』
  111. ^ 「大本営陸軍部(1)」の455頁。
  112. ^ 外務省外交史料館 特別展示II 全面戦争への拡大
  113. ^ 戸部良一著『ピース・フィーラー支那事変和平工作の群像』67-71頁
  114. ^ 石井猪太郎『外交官の一生』より。
  115. ^ 『盧溝橋事件・上海事変・南京攻略:日中戦争の序章;鳥飼行博研究室』
  116. ^ 松本重治『昭和史への一証言』より。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「盧溝橋事件」の関連用語

盧溝橋事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



盧溝橋事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの盧溝橋事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS