釈放とは? わかりやすく解説

しゃく‐ほう〔‐ハウ〕【釈放】

読み方:しゃくほう

[名](スル)

拘束解いて自由にすること。

刑事法で、適法事由に基づき刑事施設収容されている受刑者被疑者被告人などの身柄の拘束を解くこと。「被疑者を―する」

「釈放」に似た言葉

釈放

作者ナディン・コーディマー

収載図書ゴーディマ短篇小説集 JUMP
出版社岩波書店
刊行年月1994.9


釈放

作者鈴木修

収載図書フーコー短編小説傑作選 16
出版社フーコー
刊行年月2005.5


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/30 07:13 UTC 版)

釈放とは、身体を拘束されている被疑者被告人または受刑者等の身体拘束を解くことをいう。




「釈放」の続きの解説一覧

釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 00:31 UTC 版)

キョウ品梅」の記事における「釈放」の解説

司教1985年7月仮釈放され、愛国会により軟禁監視された。1988年1月中国政府国際世論の圧力迫られて前倒しの釈放を宣告し彼は身体の自由回復した。釈放後にマニラ大司教ハイメ・シン枢機卿中国友好訪問した時に特別に上海で龔司教への訪問要求したが、中国共産党シン枢機卿と彼が単独で会見するのを望まなかった。そこで、宴席設けて彼等二人テーブル両端座らせその間には官僚愛国会の人間20余り同席させて私的に会話出来ないようにした。宴会終わろうとした時にシン枢機卿盛会を祝うために各人歌を歌うように提案した。龔司教出番回って来た時、彼は大きな声ラテン語で"Tu es Petrus et super hanc petram aedificabo Ecclesiam"(あなたはペトロ、岩である。私はこの岩の上私の教会建てよう)と歌い30年余り監禁されたにもかかわらず教皇に対して忠誠保ったことを示した

※この「釈放」の解説は、「キョウ品梅」の解説の一部です。
「釈放」を含む「キョウ品梅」の記事については、「キョウ品梅」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 08:24 UTC 版)

ジェームス・バルガー事件」の記事における「釈放」の解説

1999年弁護人欧州人権裁判所2人釈放するように働きかけた。なぜ成人と同じように裁かれなければならないのか自分で理解できるほどこの2人成長しておらず、公正に裁かれてもいないと弁護人訴えた欧州人権裁判所主席判事交代促し2人未成年者として刑期15年から8年短縮させた。 2001年6月刑期8年戻され半年後、仮釈放委員会2人が再び社会脅威になることはない判断し、釈放できると断定した。デイヴィット・ブランケット法務大臣当時)は2001年の夏に釈放を決定した。釈放に際して2人には新し身分与えられる事になった。2人の釈放と新しい人生構築関連して4億ポンド公費要した内通者抱き込んでいた「マンチェスター・イーヴニング・ニューズ」紙は2人の釈放と新し身分公開し後にこれには3ポンド罰金支払うよう裁判所命令下った同社弁護士立てて法廷で争った敗訴し最終的には12ポンド罰金支払うことになった2人の釈放に関してマスコミ英国ウェールズ住んでいる点のみの報道許可されている。他国マスコミ同様である2001年6月、ジョン・ヴェナブレスの母親は「ニューズ・オブ・ワールド」誌上で、息子釈放されてから数週間以内暴徒殺されるだろうと発言しているが、彼女の弁護人マスコミ監視委員 (Press Complaints Commission) にこのような発言はないと公式に抗議しマスコミ世間からの注目を引くために行なった捏造だと断じたが、最終的に母親のものとされる発言は、世間からの注目を集める結果となった2007年時点で自警団2人についての現在の動向知る権利手に入れたが、それとは別に被害者母親には匿名でロバート・トンプソンの現在の状況知らされていた。彼女は確かに現在のロバート・トンプソンを見たが、憎しみのあまりその場で麻痺した語り、どんな方法であっても彼とは一切関わり合い持たないとしている。 2006年6月、「サンデイ・ミラー」紙はロバート・トンプソンが過去隠して彼女と結婚した報じた同紙によると釈放後に何度もヘロイン使用し万引き何度も逮捕されたが、今はホワイトカラー勤労者としてオフィス勤務しているという。 2010年、ジョン・ヴェナブレスは児童ポルノ規正法違反逮捕された。ジャック・ストロー司法相(当時)は「時期尚早情報公開刑事司法制度整合性を損ないかねない」と逮捕され事件の詳細明らかにしていない2017年11月23日、ヴェナブレスが児童虐待画像所持していたとして再び刑務所戻されたと報道された。法務省はこの報道に対してコメントしていない。

※この「釈放」の解説は、「ジェームス・バルガー事件」の解説の一部です。
「釈放」を含む「ジェームス・バルガー事件」の記事については、「ジェームス・バルガー事件」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 14:09 UTC 版)

アンリ・シャリエール」の記事における「釈放」の解説

1945年10月18日合計14年にわたる服役生活経てシャリエール釈放された。シャリエールベネズエラ市民権手に入れ地元女性と結婚した。カラカスマラカイボレストラン経営し、たびたびテレビ出演した1969年フランス帰国し自伝パピヨン』を出版した。これはフランス国内で150万部上が売れ17か国語に翻訳され累計で1000万部のベストセラーとなったまた、1971年には、本人書いた小説原作とした映画太陽の200万ドル』が公開されシャリエール自身俳優としてキャストに名前を連ねている。彼は同時に原作脚本担当した。 そして1973年小説『パピヨン』原作とした映画パピヨン』が公開され大ヒット。この映画原作として参加した彼の名声はさらに高まった映画の撮影中に主演のスティーブ・マックイーンに会うも、1973年7月29日スペインマドリード咽頭癌のため死去。満66歳没。

※この「釈放」の解説は、「アンリ・シャリエール」の解説の一部です。
「釈放」を含む「アンリ・シャリエール」の記事については、「アンリ・シャリエール」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 05:54 UTC 版)

フローレンス・メーブリック」の記事における「釈放」の解説

フローレンス・メーブリックは、2つ監獄14年間を過ごした後、1904年1月釈放された。アメリカ市民権は、英国人の夫と結婚した際に失っていたがアメリカ帰国した当初彼女は無実主張しながら、巡回講演生計立てた後年幾月間か家政婦として過ごした不首尾となったのち隠者となり、コネチカット州サウス・ケント、ゲーラーズヴィルの近郊みすぼらしい3室の小屋猫たちのみを相手暮らしたフローレンス本来の身元知っている近隣住人はほとんどおらず、やがてかつてヴィクトリア朝リヴァプール魅惑した淑女1941年10月23日独り一文無し亡くなり、サウス・ケント学校(South Kent School)の敷地内埋葬された。 フローレンス遺品なかにはぼろぼろになった家庭用聖書があった。ページ間に色あせたインク書かれ紙切れ1枚あり、それにはハエ取り紙美容のために使用するための浸漬法記されていた。 釈放後のフローレンス自分の子供たち二度と会うことはなかった。彼らは、メーブリック一家の医師によって育て上げられた。息子は、鉱山技師になり、1911年中毒事故死亡したが、これは彼がシアン化物溶液グラス1杯取り違えたであったフローレンス・メーブリックは釈放後まもなく、自身の経験を1冊の書物記した。『My Fifteen Lost Years』の希少本は、リヴァプール市内複数図書館納められている。

※この「釈放」の解説は、「フローレンス・メーブリック」の解説の一部です。
「釈放」を含む「フローレンス・メーブリック」の記事については、「フローレンス・メーブリック」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 22:55 UTC 版)

ハッサン・ディアブ (社会学者)」の記事における「釈放」の解説

フランス裁判官ディアブに対する告発取り下げ決定し直後2018年1月13日刑務所から釈放された。ディアブ2018年1月15日外交官の手配によりアイスランド経由してカナダオンタリオ州オタワ帰国した彼は当初釈放の身であったが、検察控訴したため、フランスに留まるよう命じられていた。

※この「釈放」の解説は、「ハッサン・ディアブ (社会学者)」の解説の一部です。
「釈放」を含む「ハッサン・ディアブ (社会学者)」の記事については、「ハッサン・ディアブ (社会学者)」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 18:24 UTC 版)

レオナルド・クロウドッグ」の記事における「釈放」の解説

同年9月弁護団がメヒージ判事ところへ減刑嘆願出向くと、判事に70cmの高さに積まれた釈放嘆願の手紙の山を見せてくれた手紙ナイジェリアジャワギリシャ日本スウェーデンペルーオーストラリア等々全世界から寄せられていた。判事は「これはほんの一部だが、こんな遠く人々が、なぜ我々よりもこの事件をよく知ってるのかさっぱりわからない」と当惑していた。判事その場で即時釈放決定しレオナルドの釈放が決まった。だが検事抵抗で、釈放まではさらに1年近い月日がかかることとなった1977年8月になって、ようやくレオナルド自由の身となった故郷戻ったレオナルドは、伝統派スー族や、リチャード白人友人たちから盛大な祝宴で迎えられた。インディアンたちは伝統衣装着て、「ギブアウェイ」(放出儀式)を行い、「聖なるパイプ」の儀式行い、「AIMの歌」を合唱したインディアンたちはレオナルドの釈放を祝って総勢80人の参加者集めて盛大なサンダンスの儀式」を行った「クロウドッグ・パラダイス」で「サンダンスが行われるのは1971年以来のことだった。このときの「ピアッシング儀式」は、妻マリーや姉ら女たち参加10歳11歳の子供もこれを行った友人たちは「サンダンスの木」から生皮吊るされレオナルド17歳のボビー・チャージはバッファロー頭蓋骨12身体繋いで引っ張った。このどちらも1世紀上前の手法を復活させたものだった

※この「釈放」の解説は、「レオナルド・クロウドッグ」の解説の一部です。
「釈放」を含む「レオナルド・クロウドッグ」の記事については、「レオナルド・クロウドッグ」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 05:33 UTC 版)

U-2撃墜事件」の記事における「釈放」の解説

パワーズ8月19日スパイ活動有罪判決され禁錮10年シベリア送り宣告された。しかし、ソ連アメリカは、ソ連側シスキンKGB西欧本部書記官アメリカ側が元OSS顧問弁護士ドノバンを通じ東ベルリンソ連大使館スパイ交換釈放することで合意した。 1年9ヶ月後の1962年2月10日自首し亡命申し出た別のスパイ供述を元にFBI逮捕したソ連のスパイ、“マークルドルフ・アベル大佐中空硬貨事件)とベルリングリーニッケ橋交換された。なお、この東西ドイツ国境であり、度々スパイ交換が行われた場所である。 この出来事を元に制作されノンフィクション映画ブリッジ・オブ・スパイ』が2016年公開された

※この「釈放」の解説は、「U-2撃墜事件」の解説の一部です。
「釈放」を含む「U-2撃墜事件」の記事については、「U-2撃墜事件」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 01:28 UTC 版)

アブド・アルカーディル」の記事における「釈放」の解説

1852年ルイ・ナポレオンクーデター成功した以降大統領絶大な権力集中し皇帝即位後ナポレオン3世として数々の政策実行する。この一環である「アラブ王国構想実現のため、10月16日ナポレオン3世アルカーディル釈放したナポレオン3世後にフランス植民地帝国推進してイギリスに次ぐ植民地築き上げるが、一方でアルジェリアに対して収奪するばかりの統治反乱招き軍事費の増大植民失敗招いていることを理解していた。そのためにアラブ人たちに諸権利地方議会設立イスラム法復活イスラム法高等評議会設置県議会への被選挙権申請によるフランス市民権付与)を認め、「知的で誇り高く好戦的な農耕民」であるアラブ人フランス同胞として近代化に導く方針示していた。ナポレオン3世アルジェリア政策ブレインギニア出身マルセイユ教育受けたイスラム教徒イスマイル・ウルバンであり、融和政策サン=シモン社会主義と、長期にわたるアルジェリア視察によって導き出された現実的な結論だった。アルカーディル対談の後、ナポレオン3世への協力了解するアルカーディルは「アルジェリア混乱させない」との誓約をする代わりに年間10万フラン年金与えられ誓約について生涯守り通した。釈放後、アルカーディルはまずトルコブルサに渡り1855年シリアのダマスカスアマラ地区英語版)に移り住むこの地アルカーディル神学哲学専念しスーフィズムアラビアの馬に関する論文など多言語執筆し出版した。また大英帝国代表する冒険家リチャード・フランシス・バートンと妻のイザベル・バートン(英語版)、ジェーン・ディグビー著名人交友関係があり、特にバートン夫妻その伝記の中においてアルカーディル神学知識語学力讃えている。

※この「釈放」の解説は、「アブド・アルカーディル」の解説の一部です。
「釈放」を含む「アブド・アルカーディル」の記事については、「アブド・アルカーディル」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:57 UTC 版)

アブドゥル・ガニ・バラダル」の記事における「釈放」の解説

2018年10月25日ターリバーンパキスタンがムッラー・バラダルを釈放したことを確認した。バラダルはその後カタールドーハにあるターリバーン外交事務所責任者任命された。ワシントン特使ザルメイ・ハリルザドは、バラダルは米国要請釈放されたと主張した2020年2月、バラダルはターリバーン代表してアフガニスタンからの米軍撤退に関する協定署名した同年3月3日には、トランプ大統領電話会談行いターリバーン幹部として初めアメリカ大統領公に接触した人物となった。 しかし2021年3月バイデン大統領は、協定求められた5月1日までにアフガニスタンからすべての米軍撤退させることは「厳しい」と述べた

※この「釈放」の解説は、「アブドゥル・ガニ・バラダル」の解説の一部です。
「釈放」を含む「アブドゥル・ガニ・バラダル」の記事については、「アブドゥル・ガニ・バラダル」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 16:53 UTC 版)

アンワル・イブラヒム」の記事における「釈放」の解説

2004年9月2日マレーシア最高裁判所3人裁判官は、2対1評決で、アンワル下されていた同性愛罪状覆す判決出したアンワルは、すでに、汚職罪の刑期終えていたとはいえマレーシア法律では、刑期終わった5年間は、政治活動を行うことが禁止されている。そのため、アンワルは、2008年4月14日までは、マレーシアにおいて政治活動できないアンワル残された唯一の方法は、国王誓願することだけであった釈放され時点でアンワルは、背中痛み抱えていた。アンワル家族言うには警察によって傷つけられたことが原因ということである。しかし、UMNOオーナーであるニュー・ストレーツ・タイムスは、9月6日付の記事で、アンワル副首相務めていた1993年落馬したことが原因である発表した。だが、この記事内では、10年経って背中痛み生じてきたという因果関係については十分な説明なされていない。アンワル服役中、妻ワン・アジサは、ドイツの病院での治療必要である主張してきた。政府は、背中の痛み程度治療であればマレーシアでも十分可能であるという見解であったので、ワン・アジサ主張退けてきたが、2004年9月同性愛罪状撤回により釈放されると、治療のために、ミュンヘン旅行した。 釈放以来アンワルは、イギリスオックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジワシントンD.C.にあるジョーンズ・ホプキンス・スクールの客員フェローであると同時にジョージタウン大学外国語学科客員教授でもある2006年3月には、彼はロンドン本部を置くアカウント・アビリティーの名誉総裁にも任命されている。 2008年4月15日からアンワルマレーシア国内での政治活動が可能となったが、7月16日同性愛容疑逮捕された。マレーシアイスラム教の国だという文化的背景影響していると見られている前回違い翌日には、保釈認められ釈放された。野党指導者である自分亡きものにしようとする現政権陰謀であり、バッシングいやがらせ)だと、本人主張した8月26日ペナンのプルマタン・パウ選挙区行われた補選アンワル当選し予想どおり政界に復帰した。できるだけ早い時期での野党連合人民同盟PR)による政権奪取をめざし、活動中である。 2012年1月9日マレーシア高等裁判所は、同性愛容疑について、無罪言い渡した2014年1月19日個人的な訪問のため成田国際空港到着したが、入国拒否された。日本の当局は、ビザが無いことが理由としている。マレーシア人短期滞在目的日本入国する場合犯罪歴あるものビザ必要でありアンワル1998年には権力乱用の罪で有罪となっている。 2014年3月7日マレーシアの上裁判所同性愛容疑について、一審無罪判決覆し禁錮5年有罪判決下した3月8日起きたマレーシア航空370便墜落事故機長アンワル熱烈な支持者であり、個人的な面識もあったという。前日アンワル同性愛容疑有罪となったことに対し機長乗客巻き込んで抗議するために自殺したという見方報じられている。アンワルインタビューで、機長遠縁にあたることを認めたうえで、野党アンワル事件間接的にでも関与しているという疑惑もたせる報道批判している。2015年2月10日マレーシア連邦裁判所上告退け有罪判決確定した2018年1月8日NNAによりアンワル収監中セランゴール州のスンガイブロー刑務所から同年6月釈放される予定である報道された。 2018年5月11日前日首相の座についたマハティールは、国王アンワル・イブラヒム副首相恩赦与え意向示した述べた2018年5月16日国王恩赦を受け、釈放された。マハティール首相副首相に就ワン・アジサ人民正義党総裁を「全面的に支援する」と表明した

※この「釈放」の解説は、「アンワル・イブラヒム」の解説の一部です。
「釈放」を含む「アンワル・イブラヒム」の記事については、「アンワル・イブラヒム」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 06:08 UTC 版)

ロクサナ・サベリ」の記事における「釈放」の解説

2009年5月11日控訴審では懲役8年の刑が否定され2年間の執行猶予付き判決を受けて釈放された。

※この「釈放」の解説は、「ロクサナ・サベリ」の解説の一部です。
「釈放」を含む「ロクサナ・サベリ」の記事については、「ロクサナ・サベリ」の概要を参照ください。


釈放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 23:59 UTC 版)

ウェスト・メンフィス3」の記事における「釈放」の解説

2011年8月19日A・B・C無実主張しつつ有罪であることを認め司法取引応じ10年執行猶予釈放された。結果的にそれまで懲役それぞれ18年つとめた当初Bは無実法廷で主張したいため取引拒否していたが、Aの死執行せまっていた事情もあって、結果的に応じた

※この「釈放」の解説は、「ウェスト・メンフィス3」の解説の一部です。
「釈放」を含む「ウェスト・メンフィス3」の記事については、「ウェスト・メンフィス3」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「釈放」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

釈放

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:47 UTC 版)

名詞

しゃくほう

  1. 捕えられている者の拘束解き自由してやること。

発音(?)

しゃ↗ほー

動詞

活用

サ行変格活用
釈放-する

「釈放」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「釈放」の関連用語

釈放のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



釈放のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの釈放 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキョウ品梅 (改訂履歴)、ジェームス・バルガー事件 (改訂履歴)、アンリ・シャリエール (改訂履歴)、フローレンス・メーブリック (改訂履歴)、ハッサン・ディアブ (社会学者) (改訂履歴)、レオナルド・クロウドッグ (改訂履歴)、U-2撃墜事件 (改訂履歴)、アブド・アルカーディル (改訂履歴)、アブドゥル・ガニ・バラダル (改訂履歴)、アンワル・イブラヒム (改訂履歴)、ロクサナ・サベリ (改訂履歴)、ウェスト・メンフィス3 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの釈放 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS