刑事法とは? わかりやすく解説

けいじ‐ほう〔‐ハフ〕【刑事法】


刑事法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/30 05:59 UTC 版)

刑事法(けいじほう)とは、犯罪刑罰に関する法規範の総称または法分野。民事法と対置される概念。






「刑事法」の続きの解説一覧

刑事法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 02:32 UTC 版)

EU法」の記事における「刑事法」の解説

2006年コートジボワールヨーロッパ船舶から有毒廃棄物流出した事件を受けて欧州委員会有害廃棄物対策に関する法整備について検討を始めた。環境問題担当委員のスタブロス・ディマスは「このような高度に有害な廃棄物流出事件欧州連合から2度起こしてならない」と表明したスペインのように有害廃棄物輸送に対する罪刑に関する規定持たない国があることを受けて司法・自由・安全担当委員フランコ・フラッティーニディマスとともに環境に対する罪」の創設提唱した新たな刑罰創設に関する欧州委員会権限については2005年欧州司法裁判所において議論され、同裁判所はこれを認め判断下している。このことは欧州委員会という超国家的機関が刑事法を制定しうるという例となった従来超国家機関が刑事法令を定めるといったことはなかったが、基本条約含まれる権限であると判示されたものである。ほかにこのような権限認められた例には知的財産権に関する指令があったのみである。欧州議会ではこのような刑事法令の制定欧州連合権限逸脱しているとして撤回求め動議があったが、多数決により否決された。

※この「刑事法」の解説は、「EU法」の解説の一部です。
「刑事法」を含む「EU法」の記事については、「EU法」の概要を参照ください。


刑事法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 04:28 UTC 版)

スイス法」の記事における「刑事法」の解説

刑法は、国民投票により1898年以来連邦独占的な権限となっていたが、スイス刑法は約50年後の1942年まで発効しなかった。刑事手続は、2007年刑事訴訟法導入により連邦レベル統一された刑法執行犯罪捜査は主に州により行われる各州には司法部門検察官を含む州警察置かれている。重要な、または連邦権限に関する特定の犯罪は、ベッリンツォーナ連邦検察庁および連邦刑事裁判所管轄下にあるスイスの刑事法には、軍法という特別な領域がある。軍法総論各論により構成されている。軍法は、軍隊国境警備隊適用されるが、一定の場合には民間人対象となる。捜査予審判事によって行われ検察官によって起訴され判決は5人で構成される裁判所によって下されるこれらの司法官はすべて民兵組織構成員である。

※この「刑事法」の解説は、「スイス法」の解説の一部です。
「刑事法」を含む「スイス法」の記事については、「スイス法」の概要を参照ください。


刑事法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 07:08 UTC 版)

中華人民共和国法」の記事における「刑事法」の解説

共和国では、1979年に「中華人民共和国刑法」が制定されるまでは、単行法令や各種司法解釈共産党文書などに刑罰規定置かれていた。79年刑法」は、犯罪を「社会危害を加える行為で、法律により刑罰を受けるべきもの」と定義し類推解釈公認していた。 1997年に「刑法」は全面的に改正されたその後全人代常務委員会による多くの改正がある)。97年刑法」は、類推解釈禁止し罪刑法定主義採用した日本をはじめとする大陸法圏の刑法比較したときの大きな特色としては、共犯論について、正犯従犯という構成要件中心とした枠組代えて主犯従犯という犯罪経緯着目した枠組用いられていることである。主刑には管制公安機関監督下生活させること)、拘役(労働改造刑)、有期懲役無期懲役死刑の5種類があり、付加刑には罰金政治的権利剥奪財産没収がある。死刑にも執行猶予制度がある(猶予期間経過すれば無期懲役減軽される)のも特徴である。 「刑事訴訟法」も、1996年全面的に改正された公安機関による捜査は、立案始まり証拠収集経て人民検察院に起訴意見書提出することで終了する犯罪嫌疑人の身拘束期間は原則として2か月であるが、所定の手続経て延長することができる。起訴意見書受理した人民検察院は、公訴提起決定事件取消決定又は不起訴決定をする。人民法院は、公訴受理すると、原則として1か月1か月半で判決をする、無罪の推定明示的に採用されていない。訴弁取引(弁訴取引、控弁取引とも。司法取引のこと。)は、実例はあるが、制度としては採用されていない社会危害性はあるが犯罪とするに値しない行為については、公安機関が、「治安管理処罰法に基づき警告、罰款(日本法過料相当する)、行政拘留許可証取消し外国人に対する国外退去といった治安管理処罰課す治安管理処罰決定は、行政不服審査申立てや行訴訟によって争うことができる。その他、かつての共和国では、法の根拠がない行処罰や、法定の手続を遵守しい行処罰公布されていない法令基づ行政処罰がみられたが、「行政処罰法」は、このような行政処罰明文をもって禁止した共和国では、正業に就かない者や麻薬中毒者に対する労働矯正行われている。労働矯正の期間は最長で4年にも及び、その手続や運用に関する批判高まっている。

※この「刑事法」の解説は、「中華人民共和国法」の解説の一部です。
「刑事法」を含む「中華人民共和国法」の記事については、「中華人民共和国法」の概要を参照ください。


刑事法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:50 UTC 版)

アメリカ法」の記事における「刑事法」の解説

連邦の刑事法は、州と比べるとはるかに統一化され合理化しているが、州の刑事法は、州憲法に基づき、州ごとに制定されており、地方色が強い。 連邦の刑事法の執行職務とするのは、合衆国地区検事である。合衆国では、私人訴追主義をとる英国異なりフランス式検察官制度とっているが、英国と同様法曹一元制とっているため、検察官弁護士同じくアトーニー(attorney)と呼び両者本質的な差はないものと考えられている。検察官は、起訴不起訴決定極めて広い裁量有し日本同じく起訴便宜主義がとられている。州の検察制度は、地方によって異なるが、大きく分けると、大都市検察官農村検察官分けることができるとされている警察官被疑者逮捕するのには令状必要とするのは日本同じであるが、逮捕後は被疑者直ち治安判事面前引致しなければならない治安判事は、逮捕要件審査し要件があれば勾留するが、多くこの段階で保釈認められる裁判所には、保釈保証業者パンフレット置いてあることが通常であり、よく利用されている。保釈中被告人逃亡した場合被告人連れ戻す専門業者がおり、バウンティ・ハンター呼ばれている。 嫌疑事実重罪または軽罪に関する場合は、予備審問かけられ後、大陪審回され被告人公判廷召還し罪状認否手続が行われる。この段階で、検察官関与の下、いわゆる司法取引が行われる。 被告人無罪答弁した場合事実審理協議経た上で陪審による事実審理が行われる。被告人において陪審審理拒否し裁判官による事実審理を受けることも可能である陪審有罪となれば裁判官刑の量定をするが、プロベーション付けるなどほぼ無制限の裁量裁判官与えられているのが特徴である。

※この「刑事法」の解説は、「アメリカ法」の解説の一部です。
「刑事法」を含む「アメリカ法」の記事については、「アメリカ法」の概要を参照ください。


刑事法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/29 05:55 UTC 版)

状況証拠」の記事における「刑事法」の解説

状況証拠は、刑事法廷でも推論を通じて有罪又は無罪立証するために用いられる自明な例外(未成熟者、無能力者又は精神病者)を除けば、ほとんどの犯罪者直接証拠産み出すことを回避しようとする。それ故検察官通常故意ないしは意図の存在立証するために状況証拠頼らざるを得ない原告不法行為法言うところの加害者から損害賠償を得るためにその過失立証しようとするときも、同様である状況証拠(ここでは「間接事実」の意)の一例としては、犯行推定時刻前後におけるある人物言動挙げられるお金盗んだとして訴追された者の事例言うと盗難推定時刻直後に容疑者高価な物品購入して景気良く散財していたのを目撃されとすれば、その散財容疑者有罪であることの状況証拠であることが判明するかもしれないというわけである。

※この「刑事法」の解説は、「状況証拠」の解説の一部です。
「刑事法」を含む「状況証拠」の記事については、「状況証拠」の概要を参照ください。


刑事法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 13:36 UTC 版)

韓国法」の記事における「刑事法」の解説

大韓民国における刑事法は、大部分刑法典として法典化されている刑法典は、まず1953年制定されその後小さな修正経ている。刑法典に加えて刑法典には見当たらない犯罪創設するか、そうでなければ刑法典にも見当たる犯罪刑罰修正するべく、いくつかの特別法」が制定されている。特別法条項刑法典抵触するように見えるときは、通常は、特別法優先する

※この「刑事法」の解説は、「韓国法」の解説の一部です。
「刑事法」を含む「韓国法」の記事については、「韓国法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「刑事法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「刑事法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「刑事法」の関連用語

刑事法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



刑事法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刑事法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのEU法 (改訂履歴)、スイス法 (改訂履歴)、中華人民共和国法 (改訂履歴)、アメリカ法 (改訂履歴)、状況証拠 (改訂履歴)、韓国法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS