短篇小説とは? わかりやすく解説

短編小説

(短篇小説 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 06:43 UTC 版)

短篇小説(たんぺんしょうせつ)は、小説を長さで分類した呼称の一つで、比較的短い小説を指す。長編小説に対していわれるもので、具体的な長さは決まっていないが、一般に原稿用紙10枚から80枚程度の作品が該当する。また短編のうち特に短いものを掌編小説ショートショート、短編と長編の間の200枚以上ほどの長さのものを中編小説、とそれぞれ呼び分けることもある。連続して短編小説を織り成して一つの大きなストーリーにしたものを連作短編[1] ともいう。 西洋では、Roman、Novel(長編小説)に対して、Novelette(短編よりやや長いもの)、Short story、Conte、という形式がある[2]




  1. ^ 芥川賞は連作短編を賞の規定に含めていない。
  2. ^ a b c 文章読本 2001
  3. ^ a b 金子 2006, p. 79.


「短編小説」の続きの解説一覧

短篇小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 03:23 UTC 版)

Youth, 1898年 Typhoon, 1902年颱風三宅幾三郎訳、岩波書店1937年新潮文庫1951年) 『颱風田中西二郎訳、河出書房新社世界文学100選2)、1961年 The secret sharer, 1910年、「秘密の共有者同居人)」 短篇集 Tales of Unrest, 1898年(「文明前哨地点」「The Idiots」「The Lagoon」「An Outpost of Progress」「The Return」「Karain: A Memory」) Youth and Two Other Stories, 1902年 Typhoon; and Other Stories, 1903年(「エイミー・フォスター」「Falk「To-morrow」A Set of Six, 1908年(「ガスパール・ルイス」「無政府主義者」「伯爵」「密告者」「The Brute」「The Duel: A Military Story」) Twixt Land and Sea, 1912年(「秘密の同居人」「A Smile of Fortune」「Freya of the Seven Isles」) Tales of Hearsay, 1925年没後刊行、「プリンス・ローマン」「ある船の話」「The Black Mate」「The Warrior's Soul」) 日本語版短篇集 『潟(ラグーン)・エイミィ・フォスター』佐伯彰一増田義郎訳、英宝社英米名作ライブラリー〉、1956年新版1978年) 『諜報員無政府主義者伯爵ドルゆえに・武人の魂白井俊隆・間貞訳、英宝社英米名作ライブラリー〉、1968年青春無政府主義者密告者ドルゆえに』鏡味国彦仁木勝治訳、文化書房博文社1976年コンラッド海洋小説傑作集奥村透訳、あぽろん社、1980年「カレイン―ひとつの想い出」 「フォーク―ある回想」 「秘密の共有者」 『コンラッド中短篇小説集』 篠田一士編 全3巻人文書院1983年「潟」土岐恒二訳 「進歩前哨基地田中昌太郎訳 「闇の奥中野好夫訳 「エイミー・フォスター虎岩正純訳 「青春土岐恒二訳 「颱風沼沢洽治訳 「ガスパール・ルイス鈴木建三訳 「内通者神山栄真訳 「伯爵中野好夫訳 「秘密の共有者小池滋訳 「プリンス・ローマン」鈴木建三訳 「ドルがあったばかりに」「武人の魂野崎孝訳 『帰宅社本雅信訳、リーベル出版1994年七つ島のフレイアさん』 瀬芳房訳、旺史社、2000年コンラッド短篇集中島賢二編訳岩波文庫2005年エイミー・フォスター」「ガスパール・ルイス」「無政府主義者」「密告者」「伯爵」「武人の魂」を収録。 『コンラッド短篇集井上義夫編訳ちくま文庫2010年文明前哨地点」「秘密の同居人」「密告者」「プリンス・ローマン」「ある船の話」を収録

※この「短篇小説」の解説は、「ジョゼフ・コンラッド」の解説の一部です。» 「ジョゼフ・コンラッド」の概要を見る


短篇小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 15:20 UTC 版)

うすれる、ゆれる 「QuickJapan連載 たゆたう、ゆれる 「ぽこぽこweb連載 N団地落下。のち、リフレクション。「新潮2013年9月号掲載 コアラ袋詰め文藝2014年8月号掲載

※この「短篇小説」の解説は、「藤田貴大」の解説の一部です。» 「藤田貴大」の概要を見る


短篇小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 10:04 UTC 版)

کھیل Khail (『遊び』) (1944年) بوچھاڑ Bochaar(『どしゃ降り』) (1946年) چند روز اور Chand Roz Oor(『あと数日』) (1951年) Thakay Haray(『疲労果て』) (1962年) Thanda Meetha Paani (『冷た甘い水』) (1981年) 『ダーダーと呼ばれた女鈴木斌訳、大同生命国際文化基金1992年電子版2014年。 - 日本オリジナル短篇集「ボールカー」 「五周忌」 「戦線遠く」 「恋人会いに」 「連れて行ってあの人の家に」 「冷た甘い水」 「取引」 「ハンド・ポンプ」 「ダーダーと呼ばれた女

※この「短篇小説」の解説は、「ハディージャ・マストゥール」の解説の一部です。» 「ハディージャ・マストゥール」の概要を見る


短篇小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 10:04 UTC 版)

کھیل Khail (『遊び』) (1944年) بوچھاڑ Bochaar(『どしゃ降り』) (1946年) چند روز اور Chand Roz Oor(『あと数日』) (1951年) Thakay Haray(『疲労果て』) (1962年) Thanda Meetha Paani (『冷た甘い水』) (1981年) 『ダーダーと呼ばれた女鈴木斌訳、大同生命国際文化基金1992年電子版2014年。 - 日本オリジナル短篇集「ボールカー」 「五周忌」 「戦線遠く」 「恋人会いに」 「連れて行ってあの人の家に」 「冷た甘い水」 「取引」 「ハンド・ポンプ」 「ダーダーと呼ばれた女

※この「短篇小説」の解説は、「ハディージャ・マストゥール」の解説の一部です。» 「ハディージャ・マストゥール」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「短篇小説」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

短篇小説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



短篇小説のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの短編小説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジョゼフ・コンラッド (改訂履歴)、藤田貴大 (改訂履歴)、ハディージャ・マストゥール (改訂履歴)、ハディージャ・マストゥール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS