短篇小説とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 短篇小説の意味・解説 

短編小説

(短篇小説 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/05 07:17 UTC 版)

短編小説短篇小説(たんぺんしょうせつ)は小説を長さで分類した呼称の一つで、比較的短い小説を指す。長編小説に対していわれるもので、具体的な長さは決まっていないが、一般に原稿用紙10枚から80枚程度の作品が該当する。また短編のうち特に短いものを掌編小説ショートショート、短編と長編の間の200枚以上ほどの長さのものを中編小説、とそれぞれ呼び分けることもある。連続して短編小説を織り成して一つの大きなストーリーにしたものを連作短編[1]ともいう。




  1. ^ 芥川賞は連作短編を賞の規定に含めていない。
  2. ^ a b c 文章読本 2001
  3. ^ a b 金子 2006, p. 79.


「短編小説」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「短篇小説」の関連用語

短篇小説のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



短篇小説のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの短編小説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS