1912年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1912年の意味・解説 

大正元年 (みずのえね 壬子)

大正元年
年(年号)
1894年 (明治27年) 日清戦争
1903年 (明治36年) 江戸開府300年
1904年 (明治37年) 日露戦争
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動
1910年 (明治43年) 韓国併合
大正元年
1918年 (大正7年) 米騒動
1923年 (大正12年) 関東大震災
1928年 (昭和3年) 初の普通選挙実施
1932年 (昭和7年) 五・一五事件


大正元年
徳川(一橋) 慶喜 1837年1913年(天保8年大正2年) 75
Morse E. S. 1838年1925年(天保9年大正14年) 74
渋沢 栄一 1840年1931年(天保11年昭和6年) 72
Griffis William Eliot 1843年1928年(天保14年昭和3年) 69
Balz E. 1849年1913年(嘉永2年大正2年) 63
Conder J. J. 1852年1920年(嘉永5年大正9年) 60
Eckeert Franz Von 1852年1916年(嘉永5年大正5年) 60
島田 三郎 1852年1923年(嘉永5年大正12年) 60
高村 光雲 1852年1934年(嘉永5年昭和9年) 60
明治天皇 1852年〜1912年(嘉永5年〜大正元年) 60
高橋 是清 1854年1936年(安政元年昭和11年) 58
高木 正年 1856年1934年(安政3年昭和9年) 56
快楽亭 ブラック 1858年1923年(安政5年大正12年) 54
田中 長兵衛 1858年1924年(安政5年大正13年) 54
妻木 頼黄 1859年1916年(安政6年大正5年) 53
Bigot G. 1860年1927年(万延元年昭和2年) 52
内村 鑑三 1861年1930年(文久元年昭和5年) 51
津田 梅子 1864年1929年(元治元年昭和4年) 48
夏目 漱石 1867年1916年(慶応3年大正5年) 45
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 45
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 41
福田 徳三 1874年1930年(明治7年昭和5年) 38
上田 敏 1874年1916年(明治7年大正5年) 38
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 37
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 35
寺田 寅彦 1878年1935年(明治11年昭和10年) 34
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 34
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 34
有島 武郎 1878年1923年(明治11年大正12年) 34
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 34
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 33才
大正天皇 1879年1926年(明治12年昭和元年) 33才
市川 左団次二世 1880年1940年(明治13年昭和15年) 32
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 30
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 29
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 29
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 29
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 28
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 28
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 28
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 28
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 27
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 26
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 26
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 26
松旭斎 天勝 1886年1944年(明治19年昭和19年) 26
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 23
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 22才
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 22才
近衛 文麿 1891年1945年(明治24年昭和20年) 21
岸田 劉生 1891年1929年(明治24年昭和4年) 21
河合 栄治郎 1891年1944年(明治24年昭和19年) 21
芥川 龍之介 1892年1927年(明治25年昭和2年) 20才
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 20才
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 19才
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 15才
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 14才
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 14才
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 14才
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 14才
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 13
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 13
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 11
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 10
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 9才
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 9才
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 8才
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 8才
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 8才
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 6才
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 5才
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 3才
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 2才

1912年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 07:04 UTC 版)

1912年(1912 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる閏年明治45年/大正元年。


  1. ^ 下川耿史 『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』291頁 河出書房新社刊 2003年11月30日刊 全国書誌番号:20522067
  2. ^ a b c 誰か昭和を思わざる 大正ラプソディー (大正元年)[リンク切れ]
  3. ^ 伊藤和明 『明日の防災に活かす災害の歴史〈4〉明治時代~昭和時代中期』小峰書店、2020年4月7日、20頁。ISBN 978-4-338-33704-5 
  4. ^ レファレンス国立国会図書館
  5. ^ 『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ 2010年 (p.17)
  6. ^ 沿革”. ひよ子本舗吉野堂. 2018年7月27日閲覧。



1912年(明治45年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市の歴史」の記事における「1912年(明治45年)」の解説

高松市商業高校などが香川県移管される。 県師範学校女子部分離され後に坂出町移転 高松電気軌道高松琴平電気鉄道長尾線前身)の出晴駅長尾駅間が開通する4月30日)。 高松市歌が発表される

※この「1912年(明治45年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。
「1912年(明治45年)」を含む「高松市の歴史」の記事については、「高松市の歴史」の概要を参照ください。


1912年(大正元年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 07:54 UTC 版)

大正」の記事における「1912年(大正元年)」の解説

7月30日明治天皇崩御皇太子嘉仁親王が第123天皇践祚明治から大正改元される。明治天皇大喪の礼乃木希典陸軍大将夫妻殉死する。桂太郎第3次桂内閣成立憲政擁護会が結成火力発電抜いて水力発電量が第1位になる友愛会結成

※この「1912年(大正元年)」の解説は、「大正」の解説の一部です。
「1912年(大正元年)」を含む「大正」の記事については、「大正」の概要を参照ください。


1912年(明治45年/大正元年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:05 UTC 版)

明治」の記事における「1912年(明治45年/大正元年)」の解説

第11回衆議院議員総選挙第一次護憲運動憲政擁護運動)。7月30日明治天皇崩御皇太子嘉仁親王天皇践祚大正改元される。

※この「1912年(明治45年/大正元年)」の解説は、「明治」の解説の一部です。
「1912年(明治45年/大正元年)」を含む「明治」の記事については、「明治」の概要を参照ください。


1912年(明治45年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/16 21:30 UTC 版)

1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の記事における「1912年(明治45年)」の解説

この年7月30日明治天皇崩御して皇太子嘉仁親王新天皇として即位年号も「明治」から「大正」へ移行する。 それに先立つ6月15日明治時代日本の鉄道史締めくくる形で画期的な列車登場した東海道本線・山陽本線新橋駅 - 下関駅運行開始した1・2列車がそれで、日本初の「特別急行列車」(特急)である。内容としてはそれ以前より、新橋駅 - 神戸駅運行していた「最急行列車」を下関駅まで区間延長したものである1・2列車は、終点下関では朝鮮釜山への航路である関釜連絡船接続しており、その釜山からは朝鮮鉄道南満州鉄道さらにはシベリア鉄道への列車連絡し朝鮮中国欧州へと至る国際連絡運輸の一環をなすものであった列車水準の高さを誇示する見地から、最後尾には和風装飾施した一等展望車新たに開発して連結列車業務の全般取り仕切る上級車掌」というべき列車長は、「シェフ・ド・トラン」とフランス語での刺繍入れられ腕章着けて乗務した。この列車長には英語を解する者を乗務させたという。大衆旅客向けの三等車連結されず、上級対象の一等車二等車のみで組成されるなど、文字通り「特別」な列車であり、国際連絡運輸の関係からも日本の威信をかけた別格な存在であったともいえよう

※この「1912年(明治45年)」の解説は、「1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の解説の一部です。
「1912年(明治45年)」を含む「1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の記事については、「1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の概要を参照ください。


1912年](大正元年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市の歴史」の記事における「1912年](大正元年)」の解説

市議会水道敷設決議工事認可し補助金申請する

※この「1912年](大正元年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。
「1912年](大正元年)」を含む「高松市の歴史」の記事については、「高松市の歴史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1912年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1912年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1912年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1912年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1912年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高松市の歴史 (改訂履歴)、大正 (改訂履歴)、明治 (改訂履歴)、1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS