近衛 秀麿とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 作曲家 > 日本の作曲家 > 近衛 秀麿の意味・解説 

このえひでまろ このゑ- 【近衛秀麿】 ○


近衛 秀麿 (このえ ひでまろ)

1898〜1973 (明治31年昭和48年)
指揮者作曲家黎明期日本クラッシック育てた。雅楽を活かした「越天楽」が国際的評価される。
大正昭和期指揮者作曲家近衛篤麿の子、文麿の異母弟東京都出身東大中退1923年大正12渡欧し、ベルリンフィル指揮25年帰国後、山田耕筰日本交響楽協会創立。さらに26年昭和元)新交響楽団(現、NHK交響楽団)を主宰36年活動拠点海外移し国際的活躍、「プリンス・コノエ」と呼ばれた。帰国後も近衛管弦楽団設立するなど戦後日本交響楽団促進貢献。主要作品に「越天楽えてんらく)」、童謡ちんちん千鳥」。

 年(和暦)
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 5才
1904年 (明治37年) 日露戦争 6才
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 9才
1910年 (明治43年) 韓国併合 12
1918年 (大正7年) 米騒動 20才
1923年 (大正12年) 関東大震災 25
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 30
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 34
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 38
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 43
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 47
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 48
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約 53
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始 55
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟 58
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成 62
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印 62
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック 66
1968年 (昭和43年) GNP世界第2位 70
1970年 (昭和45年) 大阪万国博覧会 72
1971年 (昭和46年) 環境庁設置 73
1973年 (昭和48年) 第1次オイルショック 75


 人物
芥川 龍之介 1892年1927年 (明治25年昭和2年) +6
西条 八十 1892年1970年 (明治25年昭和45年) +6
早川 徳次 1893年1980年 (明治26年昭和55年) +5
加藤 シヅエ 1897年2001年 (明治30年平成13年) +1
淺沼 稲次郎 1898年1960年 (明治31年昭和35年) 0
土方 与志 1898年1959年 (明治31年昭和34年) 0
溝口 健二 1898年1956年 (明治31年昭和31年) 0
吉野 源三郎 1899年1981年 (明治32年昭和56年) -1
田河 水泡 1899年1989年 (明治32年平成元年) -1
阪東 妻三郎 1901年1953年 (明治34年昭和28年) -3
小林 秀雄 1902年1983年 (明治35年昭和58年) -4
近藤 真柄 1903年1983年 (明治36年昭和58年) -5
古川 縁波 1903年1961年 (明治36年昭和36年) -5
美濃部 亮吉 1904年1984年 (明治37年昭和59年) -6
堀 辰雄 1904年1953年 (明治37年昭和28年) -6
榎本 健一 1904年1970年 (明治37年昭和45年) -6

近衞秀麿

以下の映画近衞秀麿関連しています。


近衛秀麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/16 08:19 UTC 版)

近衞 秀麿(このえ ひでまろ、1898年11月18日 - 1973年6月2日)は、日本指揮者作曲家。元子爵正三位勲三等。元貴族院議員


  1. ^ 由来は、親方もしくは御館様が転じたもの。また、文麿が「殿様」と言われていたのに対し、秀麿が「御館様」と呼ばれていたのがルーツとも。
  2. ^ その中には、齋藤秀雄貴志康一などもいた。
  3. ^ NHK BS1スペシャル『戦火のマエストロ・近衛秀麿~ユダヤ人の命を救った音楽家~』(2015年8月8日放送)
  4. ^ 2012年9月21日付ニューヨーク・タイムズ
  5. ^ 略称は「近響」。「近管」では他のオーケストラとの語呂が悪かったらしく、「近響」にしていたと言う。
  6. ^ シベリウス交響曲第2番ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン皇帝』(ピアノは園田高弘
  7. ^ 1961年解散」と書かれている文献もあるが、正確な解散時期は不明である。
  8. ^ 大野芳「近衛秀麿」p.396
  9. ^ 「週刊大衆」1967年2月23日号「元華族近衛秀麿氏 手形事件の波紋」。
  10. ^ 大野芳「近衛秀麿」p.393-395
  11. ^ 大野、p.399。
  12. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1919年1月10日。
  13. ^ 1973年に新県民歌「愛媛の歌」制定に伴い廃止。
  14. ^ 2009年より正式に校歌に制定。それまでは正式な校歌は同校にはなかった。
  15. ^ 大野芳『近衛秀麿』p.247
  16. ^ 大野、p.389。
  17. ^ 「朝日新聞」夕刊、1950年2月4日付。
  18. ^ 「週刊朝日」1950年2月19日号。
  19. ^ 「読売新聞」1950年5月16日付。
  20. ^ 「読売ウィークリー」1950年5月20日号。
  21. ^ 大野芳『近衛秀麿』p.247
  22. ^ 大野芳『近衛秀麿』p.249
  23. ^ 大野、p.178。
  24. ^ 大野、p.313-314。
  25. ^ 大野、p.392。


「近衛秀麿」の続きの解説一覧





近衛 秀麿と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「近衛 秀麿」の関連用語

近衛 秀麿のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



近衛 秀麿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2018 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近衛秀麿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS