環境庁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 環境庁の意味・解説 

かんきょう‐ちょう〔クワンキヤウチヤウ〕【環境庁】


環境省

(環境庁 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/08 07:08 UTC 版)

環境省(かんきょうしょう、: Ministry of the Environment、略称: MOE)は、日本行政機関のひとつ[4]環境の保全・整備、公害の防止、原子力安全政策を所管する[注釈 1]


注釈

  1. ^ 地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む)並びに原子力の研究、開発及び利用における安全の確保を図ること」(環境省設置法第3条)
  2. ^ 第1号から第25号までであるが、第4号は削除、枝番号として第19号の2及び第24号の2があるため、26号となる。
  3. ^ 自然保護事務所と地方環境対策調査官事務所を統合。
  4. ^ 2013年7月、環境省、復興庁農林水産省国土交通省厚生労働省でクラウドストレージにおけるファイル共有設定のミスにより、内部のメールやファイルが誰でも見られる状態となっていた。これらの情報には各省庁の機密データだけでなく、医療機関の患者情報など、個人情報も含まれていたことが当時、問題視された[7]
  5. ^ 国の予算を所管するすべての機関である。なお人事院は予算所管では内閣に属するのでここにはない。
  6. ^ 2009年に事業停止。

出典

  1. ^ 我が国の統治機構 内閣官房 2022年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 行政機関職員定員令(昭和44年5月16日政令第121号)(最終改正、令和5年3月30日政令第90号) - e-Gov法令検索
  3. ^ a b c 令和5年度一般会計予算 (PDF) 財務省
  4. ^ 環境省とは 緑のgoo 2021年3月27日閲覧。
  5. ^ (日本語) 環境白書 (4) 環境庁の設置 ア 公害対策本部の設置と公害国会”. 環境省. 2015年7月24日閲覧。
  6. ^ (日本語) 昭和46年(1971)7月 環境庁が発足する 日本のあゆみ”. 国立公文書館. 2020年12月17日閲覧。
  7. ^ Googleドライブなどのクラウドストレージを使う際のセキュリティ対策 | サイバーセキュリティ情報局 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
  8. ^ 独立行政法人一覧(令和5年4月1日現在)” (PDF). 総務省. 2023年5月5日閲覧。
  9. ^ 所管府省別特殊法人一覧(令和5年4月1日現在)” (PDF). 総務省. 2023年5月5日閲覧。
  10. ^ 特別の法律により設立される民間法人一覧(令和5年4月1日現在:34法人)” (PDF). 総務省. 2023年5月5日閲覧。
  11. ^ 一般職国家公務員在職状況統計表 (PDF) (令和5年7月1日現在)
  12. ^ 環境省定員規則(平成24年9月21日環境省令第28号)」(最終改正:令和4年3月25日環境省令第13号)] - e-Gov法令検索
  13. ^ 令和5年度特別会計予算 (PDF) 財務省
  14. ^ 令和3年度 年次報告書(公務員白書) 「第1編第3部第6章:職員団体 - 資料6-2;職員団体の登録状況。2022年3月31日現在。
  15. ^ 原田久 「公務員労働組合の機能」『最新 : 公務員制度改革』 学陽書房、2012年1月。
  16. ^ 会社情報 役員
  17. ^ 中間貯蔵・環境安全事業株式会社の人事について(お知らせ)
  18. ^ 「環境省職員9人、懇親会でクラスター」【共同通信】2022年4月5日付
  19. ^ 「環境省懇親会でクラスター 9人、感染対策不十分」【京都新聞】2022年4月5日付
  20. ^ 「伊藤環境相「深くおわび」 水俣病患者団体に現地で直接謝罪へ」【NHK】2024年5月8日付
  21. ^ 「「適切ではなかった」前代未聞の対応に環境省の担当者が謝罪 水俣病被害者団体が発言中にマイクの電源切る」【FNN】2024年5月8日付


「環境省」の続きの解説一覧

環境庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 03:26 UTC 版)

米谷民雄」の記事における「環境庁」の解説

1976年、環境庁の附属機関である国立公害研究所採用され研究員となる。なお、その間京都大学大学院薬学研究科にて学び1979年博士課程修了している。これにともない京都大学から薬学博士学位授与された。1982年には、国立公害研究所主任研究員昇任した

※この「環境庁」の解説は、「米谷民雄」の解説の一部です。
「環境庁」を含む「米谷民雄」の記事については、「米谷民雄」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「環境庁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「環境庁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「環境庁」の関連用語

環境庁のお隣キーワード

環境対策・都市景観への配慮

環境局

環境局 Environment Bureau

環境工学

環境工学科

環境工学科環境班の活動

環境庁

環境庁長官

環境廃棄物サービス

環境建築

環境強制収容所は地雷原と鉄条網に囲まれ、前方はレギオン支配地域、後方に共和国の迎撃砲が存在するため脱走は不可能。内部には最低限の給餌、医療設備しかない上に電源は全て共和国側で管理されている。内部では86同士の諍いも絶えず、劣悪な環境から老人や幼児の生存は不可能に近い。兵役には毎年10万人が入隊するが、1年後の生存者は千人に満たない。これでも死亡率は改善されており、ジャガーノートの開発前は日に5割の損害も当たり前だった。兵士たちが詰める前線基地も環境に大差はなく、通常は出撃と哨戒に追われて娯楽や精神的余裕は皆無。運良く廃墟を探索する余裕があれば食材や物資を回収できることもある。86は人として扱われないため、死亡した際も遺体の回収や墓に葬ることは禁じられている。狭義の86開戦時に大人だった86達は家族の市民権を取り戻すために戦い、開戦後2年で殆ど戦死した。星暦2148年時点で大人の86は専門技能を持つごく僅かな例外を除き存在しない。大人達の死で市民権返還が嘘であると気付いた青少年世代の86だったが、反乱を起こすだけの人口は既になく、何より最前線の86区を守るために戦わざるを得なかった。そんな彼らは自分達こそ国防の任を果たす真の共和国市民だという誇りを最後の矜持として、辛うじて人としての尊厳を保っていた。こうした若者達も戦死した後に残されたシン達の世代の86は共和国人としての自意識も薄く、「戦死する日まで戦い抜く」ことのみが唯一のアイデンティティとなっている。本編中の86は主にこの幼少期から収容所で育った世代を指す。また前述の通り新生児は皆無に等しいため彼らより年少の86もまた存在しない。情報処理装置

環境強化

環境影響

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



環境庁のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの環境省 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの米谷民雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS