秘書官とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > > 秘書官の意味・解説 

ひしょ‐かん〔‐クワン〕【秘書官】

大臣長官などに直属して、機密文書事務取り扱う職。また、その人


秘書官

作者岩野泡鳴

収載図書岩野泡鳴全集 第6巻
出版社臨川書店
刊行年月1995.10


秘書官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 05:01 UTC 版)

秘書官(ひしょかん)とは、高官等の秘書・機密に関する業務を掌る官吏の官職名・役職名の総称である。


  1. ^ 国家行政組織法第十九条第三項より引用。内閣法(第二十条第三項)の規定もほぼ同じ。
  2. ^ 各省組織令及び内閣官房組織令に規定される。国家行政組織法及び内閣法に、「定数は政令で定める」とされているため。
  3. ^ 過去においては掲載されない例もあった。
  4. ^ 2008年末に経済産業省よりの出向者を1名増員して5名となった。それまでは、財務省外務省警察庁内閣府の4名


「秘書官」の続きの解説一覧



秘書官と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秘書官」の関連用語

秘書官のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



秘書官のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秘書官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS