追及とは? わかりやすく解説

つい‐きゅう〔‐キフ〕【追及】

読み方:ついきゅう

[名](スル)

どこまでも追いつめて、責任欠点などを問いただすこと。「責任の所在を―する」

追いつくこと。

「日のある中に本隊に―したいと思っていたが」〈火野土と兵隊


追及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 06:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「追及」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「追及」を含むページの一覧/「追及」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「追及」が役に立つかも知れません。


追及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 11:01 UTC 版)

ジョルジュ・サルマナザール」の記事における「追及」の解説

1704年イエズス会のジャン・ド・フォンタネー(英語版司祭サルマナザールの『台湾誌』を虚偽だと訴えでる。15年間の布教活動終えて中国から帰国した司祭には、その内容誤りであることは明白だった。しかし、プロテスタントのイギリスでのフォンタネー司祭告発重要視されず、サルマナザール豊かで精密な台湾知識」による反論を受けて、却ってフォンタネー司祭の方不確かである一蹴されてしまう。だがこの一件イギリス知識人たちに改めて『台湾誌』を検証させる余地残し次に疑問持ちだしたのはイギリス人からで、しかも高名なアイザック・ニュートンよるものだった。ただしニュートンは『台湾誌』の記述そのもの真実としている。ニュートンが行ったのは、サルマナザール40年上前中国紹介する文献から『台湾誌』に盗用したという非難であった。これは告発側のニュートンがその文献所有していなかったことと、実際は全ての記述サルマナザール空想に依っていたために、ニュートン主張結果として無視された。しかしニュートン登場に、共犯者イネス過剰に反応するイネスポルトガル領駐屯するイギリス軍従軍牧師加わってロンドンから逃走した。 「僧服をもってつつむには最もふさわしからざる人物」とまで評され擁護者イネス去り単身となったサルマナザール猜疑視線耐えられなくなった1711年には、たまりかねてオックスフォード大学辞して隠棲する。それでもサルマナザール台湾情報第一権威であることに変わりはなかった。この時代サルマナザール多くの知己獲得し後に18世紀の「文壇大御所」と呼ばれる若きサミュエル・ジョンソンともこの頃知り合っている。しかし1704年から続く台湾専門家として地位は、エドモンド・ハレーの追及によって終わり迎えた。この当時ハレーはすでにグリニッジ天文台長であり、ハレー彗星予言を始めとする天文学数学地球物理学等に多大な業績上げていた。ハレーは、サルマナザールの『台湾誌』に描かれ日照時間星図から決定的な矛盾見つけ出し天文学見地からサルマナザール質問重ねた。このハレーの追及にサルマナザール答え窮し、しばらく沈黙の期間を過ごした後、自らの行ってき全てのペテン自白する

※この「追及」の解説は、「ジョルジュ・サルマナザール」の解説の一部です。
「追及」を含む「ジョルジュ・サルマナザール」の記事については、「ジョルジュ・サルマナザール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「追及」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

追及

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:23 UTC 版)

名詞

ついきゅう

  1. 原因責任どこまでも追い詰めること。

発音(?)

つ↗いきゅー

動詞

活用

サ行変格活用
追及-する

「追及」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「追及」の関連用語

追及のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



追及のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの追及 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジョルジュ・サルマナザール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの追及 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS