冷や汗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 冷や > 冷や汗の意味・解説 

ひや‐あせ【冷や汗】

読み方:ひやあせ

ひどく恥ずかしかったり、恐ろしかったりしたときなどに出る汗。


(冷や汗 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 23:27 UTC 版)

(あせ, Perspiration, Sweat)とは、哺乳類皮膚汗腺から分泌する液体である。およそ99%がであるが、様々な溶解固形物(主に塩化物)も含む[1]p-クレゾール、および少量の尿素などの化学物質もしくは芳香化合物も含まれている。[要出典]。汗を分泌することを発汗という。


  1. ^ Mosher HH (1933). “Simultaneous Study of Constituents of Urine and Perspiration”. The Journal of Biological Chemistry 99: 781–790. http://www.jbc.org/cgi/reprint/99/3/781.pdf. 
  2. ^ Wyart C, Webster WW, Chen JH, et al. (February 2007). “Smelling a single component of male sweat alters levels of cortisol in women”. The Journal of Neuroscience 27 (6): 1261–5. doi:10.1523/JNEUROSCI.4430-06.2007. PMID 17287500. Lay summary – UC Berkeley News (6 February 2007). 
  3. ^ Chris Woolston (2008年1月28日). “You sweat, but toxins likely stay” (英語). Los Angeles Times. http://www.liberation.fr/actualite/societe/236528.FR.php?rss=true 2010年9月15日閲覧。 
  4. ^ 「異常な発汗 薬で止める/選択肢増え、生活の質向上」日本経済新聞』朝刊2022年9月13日(医療・健康面)2022年9月17日閲覧
  5. ^ 堀一之「カバは赤い色の汗をかく (PDF) 」 『化学と生物』第42巻第7号、社団法人日本農芸化学会、2004年7月、 pp. 451-452、 ISSN 1883-68522010年9月15日閲覧。
  6. ^ Goglia G (January 1953). “[Further research on the branched sweat glands in some mammals (Cavia cobaya, Sus scrofa, Equus caballus).]” (Undetermined). Bollettino Della Società Italiana Di Biologia Sperimentale 29 (1): 58–60. PMID 13066656. 
  7. ^ Robertshaw D, Taylor CR (November 1969). “Sweat gland function of the donkey (Equus asinus)”. The Journal of Physiology 205 (1): 79–89. PMC 1348626. PMID 5347721. http://www.jphysiol.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=5347721. 
  8. ^ McDonald RE, Fleming RI, Beeley JG, et al. (2009). “Latherin: a surfactant protein of horse sweat and saliva”. PLoS ONE 4 (5): e5726. doi:10.1371/journal.pone.0005726. PMC 2684629. PMID 19478940. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2684629/. 
  9. ^ ダニエル・E・リーバーマン『人体六〇〇万年史(上)』(塩原通諸訳、早川書房、2015年)131-140頁
  10. ^ Kameia, Tomoya; Tsudab, Takao; Kitagawab, Shinya; Naitoha, Ken; Nakashimaa, Koji; Ohhashi, Toshio (June 1998). “Physical stimuli and emotional stress-induced sweat secretions in the human palm and forehead”. Analytica Chimica Acta 365 (1-3): 319–326. doi:10.1016/S0003-2670(97)00642-9. 
  11. ^ 牧岡俊樹 (元筑波大学生物科学系)「白い眼」『つくば生物ジャーナル Tsukuba Journal of Biology』(2004) 3: TJB200410TM
  12. ^ 手のひらの汗はすべり止め”. 手のひらの汗 (2001年3月31日). 2010年9月15日閲覧。
  13. ^ Animal fingerprints”. 2010年9月2日閲覧。
  14. ^ Montain, S. J.; Cheuvront, S. N.; Lukaski, H. C. (2007). “Sweat mineral-element responses during 7 h of exercise-heat stress”. International journal of sport nutrition and exercise metabolism 17 (6): 574–582. PMID 18156662. 
  15. ^ Cohn JR, Emmett EA (1978). “The excretion of trace metals in human sweat”. Annals of Clinical and Laboratory Science 8 (4): 270–5. PMID 686643. 
  16. ^ Saraymen, Recep; Kılıç, Eser; Yazar, Süleyman (2004). “Sweat Copper, Zinc, Iron, Magnesium and Chromium Levels in National Wrestler”. İnönü Üniversitesi Tıp Fakültesi Dergisi 11 (1): 7–10. http://mail.inonu.edu.tr/~tipdergi/include/getdoc.php?id=79&article=35&mode=pdf. 
  17. ^ Constanzo, Linda S.. BRS Physiology (4th ed.). p. 155 
  18. ^ (PDF) 食品健康影響評価の結果について(付食第748号資料2) (Report). 厚生労働省. (2008-7-3). p. 20-21. https://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/10/dl/s1022-9c.pdf. 
  19. ^ Genuis SJ, Birkholz D, Rodushkin I, Beesoon S (2011-8). “Blood, urine, and sweat (BUS) study: monitoring and elimination of bioaccumulated toxic elements”. Arch Environ Contam Toxicol 61 (2): 344–57. doi:10.1007/s00244-010-9611-5. PMID 21057782.  Fig.3 を参照。
  20. ^ Sears ME, Kerr KJ, Bray RI (2012). “Arsenic, cadmium, lead, and mercury in sweat: a systematic review”. J Environ Public Health 2012: 184745. doi:10.1155/2012/184745. PMC 3312275. PMID 22505948. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/22505948/. 
  21. ^ Parpaleĭ IA, Prokof'eva LG, Obertas VG (1991-5). “The use of the sauna for disease prevention in the workers of enterprises with chemical and physical occupational hazards”. Vrach Delo (5): 93–5. PMID 1866932. 
  22. ^ 小栗一太、赤峰昭文、古江増隆「第9章」『油症研究 30年の歩み』(九州大学出版会、2000年6月。ISBN 4-87378-642-8)292、295頁
  23. ^ Genuis SJ, Beesoon S, Birkholz D (2013). “Biomonitoring and Elimination of Perfluorinated Compounds and Polychlorinated Biphenyls through Perspiration: Blood, Urine, and Sweat Study”. ISRN Toxicol 2013: 483832. doi:10.1155/2013/483832. PMC 3776372. PMID 24083032. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/24083032/. 
  24. ^ Genuis SJ, Beesoon S, Birkholz D, Lobo RA (2012). “Human excretion of bisphenol A: blood, urine, and sweat (BUS) study”. J Environ Public Health 2012: 185731. doi:10.1155/2012/185731. PMC 3255175. PMID 22253637. https://doi.org/10.1155/2012/185731. 
  25. ^ hyperhidrosis” (英語). All About Sweat. 2010年9月15日閲覧。
  26. ^ Parsons K (2009). “Maintaining health, comfort and productivity in heat waves”. Glob Health Action 2. doi:10.3402/gha.v2i0.2057. PMC 2799322. PMID 20052377. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2799322/. 


「汗」の続きの解説一覧

冷や汗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/26 03:54 UTC 版)

メイキャッパー」の記事における「冷や汗」の解説

相手死の危険などの極限状態与えることによって、肌にしみ込んだ化粧水を冷や汗で押し出す方法。肌に悪影響のある化粧品排除する際の応急処置的な方法だが、咬生は一度も持ったことのない、寸止めできるかどうか分らない日本刀振り回して相手に冷や汗を出させるという一発勝負及んでいた。

※この「冷や汗」の解説は、「メイキャッパー」の解説の一部です。
「冷や汗」を含む「メイキャッパー」の記事については、「メイキャッパー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「冷や汗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「冷や汗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



冷や汗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

冷や汗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



冷や汗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの汗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメイキャッパー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS