皮脂とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > 分泌物 > 皮脂の意味・解説 

ひ‐し【皮脂】

皮脂腺から分泌される半流動性油脂状の物質。肌や髪をうるおし、乾燥を防ぐ役をする。


ひ‐し【皮脂】

〔名〕 手のひら足のうらを除いた皮膚一平センチメートル当たり一〇〇個くらいある皮脂腺から、たえず分泌される半流動性油状物質。汗によって拡散し、汗と混じって脂肪膜という弱酸性の膜をつくり、皮膚の表面覆い細菌・黴(かび)などから皮膚保護し、皮膚うるおい弾力性与える。


皮脂

【仮名】ひし
原文sebum

皮膚の特定の腺から生じる油質の物質

皮脂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/07 18:28 UTC 版)

皮脂(ひし、: Sebum)は、皮脂腺から分泌される脂肪などを含むエマルション様の液体である。


  1. ^ a b 河野善行「保湿・肌荒れ防止用化粧品の有用性と製品開発」『日本化粧品技術者会誌』第36巻第4号、2002年、 253-261頁、 doi:10.5107/sccj.36.253NAID 130004188849
  2. ^ a b c d Ro BI, Dawson TL (December 2005). “The role of sebaceous gland activity and scalp microfloral metabolism in the etiology of seborrheic dermatitis and dandruff”. J. Investig. Dermatol. Symp. Proc. (3): 194–7. doi:10.1111/j.1087-0024.2005.10104.x. PMID 16382662. https://doi.org/10.1111/j.1087-0024.2005.10104.x. 
  3. ^ 見城勝、大倉さゆり、任田美穂、金子智佳子、太田尚子「皮脂組成の季節変動と肌状態・肌質の関係」『日本化粧品技術者会誌』第34巻第4号、2000年、 365-373頁、 doi:10.5107/sccj.34.365
  4. ^ 飯田年以、小野隆之、本山晃「角栓の成長を抑えるケア法の開発」『フレグランスジャーナル』第45巻第2号、2017年2月、 22-27頁。
  5. ^ 谷由美子、山本命子、深谷幸子、青木みか「必須脂肪酸の生体における挙動について」『名古屋女子大学紀要』第24号、1978年3月、 p93-102。
  6. ^ a b Wertz, Philip W. (2018). “Lipids and the Permeability and Antimicrobial Barriers of the Skin”. Journal of Lipids 2018: 1–7. PMC: doi=10.1155/2018/5954034/ 6139190 doi=10.1155/2018/5954034. PMID 30245886. https://reftag.appspot.com/doiweb.py?doi=10.1155/2018/5954034. 
  7. ^ a b c デスモンド・フェルナンデス『Dr.フェルナンデスのスキンケアのすべて 世界70ヶ国以上の人から愛される美容の真実』幻冬舎、2011年、166-168頁。ISBN 978-4-344-99796-7
  8. ^ a b Huber HP, Pflugshaupt C. (1990-5-15). “Acne and free fatty acids in sebum, modification by doxycycline.”. Schweiz Rundsch Med Prax. 79 (20): 631-2. PMID 2140907. 
  9. ^ a b Bodokh I, Jacomet Y, Lacour JP, Ortonne JP. (July 1997). “Minocycline induces an increase in the number of excreting pilosebaceous follicles in acne vulgaris.”. Acta Dermato-Venereologica. 77 (4): 255-9. PMID 9228213. 
  10. ^ Eady EA, Cove JH, Blake J, Holland KT, Cunliffe WJ. (May 1988). “Recalcitrant acne vulgaris.Clinical, biochemical and microbiological investigation of patients not responding to antibiotic treatment.”. British Journal of Dermatology. 118 (3): 415-23. PMID 2965598. 
  11. ^ Layton AM, Hughes BR, Hull SM, Eady EA, Cunliffe WJ. (May 1992). “Seborrhoea--an indicator for poor clinical response in acne patients treated with antibiotics.”. Clinical and Experimental Dermatology. 17 (3): 173-5. PMID 1451293. 
  12. ^ 日本皮膚科学会 2017, pp. 1292-1293.
  13. ^ 林伸和、古川福実、古村南夫 ほか「尋常性痤瘡治療ガイドライン2017」『日本皮膚科学会雑誌』第127巻第6号、2017年、 1261-1302頁、 doi:10.14924/dermatol.127.1261NAID 130007040253 1292-1293頁。
  14. ^ ディーアールエックス AZAクリア - クリニック限定化粧品”. ロート製薬株式会社. 2018年12月20日閲覧。
  15. ^ 小栗一太、赤峰昭文、古江増隆 「第9章」『油症研究 30年の歩み九州大学出版会、2000年6月。ISBN 4-87378-642-8。292、295頁。
  16. ^ KitamuraKimiyoshi、NagahashiMasahito、SunagaMasahiro、WATANABEShaw、NAGAOMinako「Balance of Intake and Excretion of 20 Congeners of Polychlorinated Dibenzo-p-dioxin, Polychlorinated Dibenzofuran and Coplanar Polychlorinated Biphenyl in Healthy Japanese Men」『Journal of health science』第47巻第2号、2001年4月1日、 145-154頁、 doi:10.1248/jhs.47.145
  17. ^ 渡辺雅久、小川文秀、片山一朗、徳末有香「皮脂中PCB濃度の身体部位による相違と皮脂取りシートを用いた皮脂採取の試み (PDF) 」 『福岡医学雑誌』第90巻第5号、1999-525、 154-156頁。


「皮脂」の続きの解説一覧



皮脂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「皮脂」の関連用語

皮脂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



皮脂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皮脂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS