ドキシサイクリンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > ドキシサイクリンの意味・解説 

ドキシサイクリン

分子式C22H24N2O8
その他の名称:ドキシサイクリン、Doxycycline、(4S)-4-(Dimethylamino)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-octahydro-3,5β,10,12,12aβ-pentahydroxy-6β-methyl-1,11-dioxo-2-naphthacenecarboxamide、ドキシシクリン、DOXYビブラマイシン、Vibramycin、(4S,4aR,5S,5aR,6R,12aS)-4-Dimethylamino-3,5,10,12,12a-pentahydroxy-6-methyl-1,11-dioxo-1,4,4a,5,5a,6,11,12a-octahydronaphthacene-2-carboxamide
体系名:6-デオキシ-5β-ヒドロキシテトラサイクリン、(4S)-4β-ジメチルアミノ-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-オクタヒドロ-3,5β,10,12,12aβ-ペンタヒドロキシ-6β-メチル-1,11-ジオキソ-2-ナフタセンカルボアミド、(4S)-4β-(ジメチルアミノ)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-オクタヒドロ-3,5β,10,12,12aβ-ペンタヒドロキシ-6β-メチル-1,11-ジオキソ-2-ナフタセンカルボアミド、(4S)-4-(ジメチルアミノ)-1,4,4aβ,5,5aβ,6,11,12a-オクタヒドロ-3,5β,10,12,12aβ-ペンタヒドロキシ-6β-メチル-1,11-ジオキソ-2-ナフタセンカルボアミド、(4S,4aR,5S,5aR,6R,12aS)-4-ジメチルアミノ-3,5,10,12,12a-ペンタヒドロキシ-6-メチル-1,11-ジオキソ-1,4,4a,5,5a,6,11,12a-オクタヒドロナフタセン-2-カルボアミド


ドキシサイクリン

英訳・(英)同義/類義語:doxycycline

テトラサイクリン系抗生物質一種

ドキシサイクリン

【仮名】どきしさいくりん
原文doxycycline

感染症治療に用いられる抗生物質

ドキシサイクリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 04:36 UTC 版)

ドキシサイクリン: Doxycycline)は、メタサイクリン英語版から化学的に合成されたテトラサイクリン系の抗菌薬である。日本での先発品は、ファイザービブラマイシングラム陽性菌グラム陰性菌リケッチアマイコプラズマクラミジアなどへ、広い抗菌作用を示す。細菌蛋白合成を阻害し、静菌性の抗生物質に分類される。特に脂溶性が強く、経口投与での吸収が極めて良好、組織内移行も良好で長時間持続する。一般的な副作用は、消化器系(食欲不振悪心嘔吐腹痛下痢など)と皮膚障害(発疹蕁麻疹光線過敏など)である[2]。可逆的な遺伝子発現調整の実験系であるTet on/offシステムに用いられる。




  1. ^ ドキシサイクリン200mg単回摂取時のCmaxは約3,000-5,000ng/mLである。反復投与5日目で約2倍に達する。
  2. ^ 70nMは約34ng/mLである。
  3. ^ iPS細胞への4つの初期化因子「Oct3/4, Sox2, c-Myc, Klf4]
  1. ^ Doxycycline calcium”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2015年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 医薬品インタビューフォーム (第10版) ビブラマイシン錠 (pdf)”. 医薬品医療機器総合機構 (PMDA) (2016年4月). 2016年9月25日閲覧。
  3. ^ Doxycycline - International Drug Price Indicator Guide (2014)[リンク切れ] 2016年9月25日閲覧
  4. ^ Doxycycline 40 mg Extended-Release Capsule - Oral
  5. ^ a b 薬事・食品衛生審議会 ドキシサイクリン (pdf)”. 厚生労働省 (2014年2月3日). 2016年7月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e 動物用医薬品評価書 ドキシサイクリン (pdf)”. 厚生労働省食品安全委員会 (2012年11月). 2016年7月9日閲覧。
  7. ^ Munyeza CF, et al. (2015年8月31日). “Rapid and widespread distribution of doxycycline in rat brain: a mass spectrometric imaging study”. en:Xenobiotica. 46 (5): 385-92. doi:10.3109/00498254.2015.1081307. PMID 26327274. https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.3109/00498254.2015.1081307. 
  8. ^ ミノサイクリン審査報告書(衛研発第2215号) (pdf)”. 国立医薬品食品衛生研究所 (2002年2月15日). 2016年9月9日閲覧。
  9. ^ a b c d 林伸和、赤松浩彦、岩月啓氏 ほか、 (2016年5月21日). “尋常性痤瘡治療ガイドライン2016” (pdf). 『日本皮膚科学会雑誌』 (日本皮膚科学会) 126 (6): 1045-86. doi:10.14924/dermatol.126.1045. https://doi.org/10.14924/dermatol.126.1045 2016年9月16日閲覧。. 
  10. ^ Gerd Plewig, et al. (1970年4月). “Double-blind study of doxycycline in acne vulgaris”. en:JAMA Dermatology. 101 (4): 435-8. doi:10.1001/archderm.1970.04000040057011. PMID 4245454. https://archderm.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=531544. 
  11. ^ Nast A, et al. (2012年2月). “European evidence-based (S3) guidelines for the treatment of acne”. en:Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology. (JEADV) 26 (1): 1-29. doi:10.1111/j.1468-3083.2011.04374.x. PMID 22356611. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1468-3083.2011.04374.x/full. 
  12. ^ Geisler WM, et al. (2015年12月24日). “Azithromycin versus Doxycycline for Urogenital Chlamydia trachomatis Infection”. en:The New England Journal of Medicine 373: 2512-21. doi:10.1056/NEJMoa1502599. https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1502599. 
  13. ^ Moore A, et al. (2015年6月). “Efficacy and Safety of Subantimicrobial Dose, Modified-Release Doxycycline 40 mg Versus Doxycycline 100 mg Versus Placebo for the treatment of Inflammatory Lesions in Moderate and Severe Acne: A Randomized, Double-Blinded, Controlled Study”. en:Journal of Drugs in Dermatology. 14 (6): 581-6. PMID 26091383. https://jddonline.com/articles/dermatology/S1545961615P0581X. 
  14. ^ Suzanne R. Todd (2015年5月). “No visible dental staining in children treated with doxycycline for suspected Rocky Mountain Spotted Fever.”. en:The Journal of Pediatrics. 166 (5): 1246-51. doi:10.1016/j.jpeds.2015.02.015. PMID 25794784. 
  15. ^ Terrell AG, et al. (2015年11月). “Malaria Chemoprophylaxis and Self-Reported Impact on Ability to Work: Mefloquine Versus Doxycycline.”. en:Journal of Travel Medicine. 22 (6): 383-8. doi:10.1111/jtm.12232. PMID 26424621. https://jtm.oxfordjournals.org/content/22/6/383. 
  16. ^ a b c d Atigari OV, et al. (2013年12月17日). “Doxycycline and suicidality”. en:BMJ Case Reports.. doi:10.1136/bcr-2013-200723. PMC 3888527. PMID 24347450. http://casereports.bmj.com/content/2013/bcr-2013-200723. 
  17. ^ "Data Based Medicine" (David Healy)”. en:Data Based Medicine Americas Ltd. (2012年1月12日). 2016年6月15日閲覧。
  18. ^ RxISK”. en:Data Based Medicine Americas Ltd.. 2016年5月3日閲覧。
  19. ^ "RxISK says Doxycycline causes Suicide"”. en:Data Based Medicine Americas Ltd. (2013年3月12日). 2016年6月12日閲覧。
  20. ^ "Doxycycline Causes Suicide in Teens!"”. en:Change.org, Inc.. 2016年5月3日閲覧。
  21. ^ "Is Doxycycline Associated With Suicide?" (2012-12-07)”. 2016年5月3日閲覧。
  22. ^ a b c Yu R, et al. (2016年4月). “Doxycycline exerted neuroprotective activity by enhancing the activation of neuropeptide GPCR PAC1”. en:Neuropharmacology. 103: 1-15. doi:10.1016/j.neuropharm.2015.11.032. PMID 26700245. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0028390815301969. 
  23. ^ Wu W, et al. (2014年5月5日). “The inhibitory effect of doxycycline on cisplatin-sensitive and -resistant epithelial ovarian cancer”. PLOS ONE. 9 (3): e89841. doi:10.1371/journal.pone.0089841. PMC 3943859. PMID 24598933. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0089841. 
  24. ^ Zhao Y, et al. (2016年2月25日). “Doxycycline inhibits proliferation and induces apoptosis of both human papillomavirus positive and negative cervical cancer cell lines”. en:Canadian Journal of Physiology and Pharmacology. 94 (5): 526-33. doi:10.1139/cjpp-2015-0481. PMID 26913972. https://www.nrcresearchpress.com/doi/abs/10.1139/cjpp-2015-0481. 
  25. ^ Forloni G, et al. (2015年). “Preventive study in subjects at risk of fatal familial insomnia: Innovative approach to rare diseases”. en:Prion. 9 (2): 75-9. doi:10.1080/19336896.2015.1027857. PMID 25996399. https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/19336896.2015.1027857. 
  26. ^ De Luigi A, et al. (2008年3月26日). “The efficacy of tetracyclines in peripheral and intracerebral prion infection”. PLOS ONE. 3 (3): e1888. doi:10.1371/journal.pone.0001888. PMC 2268013. PMID 18365024. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0001888. 
  27. ^ Forloni G, et al. (2002年8月26日). “Tetracyclines affect prion infectivity”. en:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. (PNAS) 99 (16): 10849-54. doi:10.1073/pnas.162195499. PMC 125061. PMID 12149459. http://www.pnas.org/content/99/16/10849. 
  28. ^ Stoilova T, et al. (2013年8月8日). “A new face for old antibiotics: tetracyclines in treatment of amyloidoses”. en:Journal of Medicinal Chemistry. 56 (15): 5987-6006. doi:10.1021/jm400161p. PMID 23611039. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jm400161p. 
  29. ^ Forloni G, et al. (2009年2月). “Tetracyclines and prion infectivity”. en:Infectious disorders drug targets 9 (1): 23-30. doi:10.2174/1871526510909010023. PMID 19200012. http://www.eurekaselect.com/83844/article. 
  30. ^ Tagliavini F, et al. (2000年7月28日). “Tetracycline affects abnormal properties of synthetic PrP peptides and PrP(Sc) in vitro”. en:Journal of molecular biology 300 (5): 1309-22. doi:10.1006/jmbi.2000.3840. PMID 10903871. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022283600938403. 
  31. ^ Santa-Cecília FV, et al. (2016年3月). “Doxycycline Suppresses Microglial Activation by Inhibiting the p38 MAPK and NF-kB Signaling Pathways”. en:Neurotoxicity Research. 29 (4): 447-59. doi:10.1007/s12640-015-9592-2. PMID 26745968. https://link.springer.com/article/10.1007/s12640-015-9592-2. 
  32. ^ Alano CC, et al. (2006年6月20日). “Minocycline inhibits poly(ADP-ribose) polymerase-1 at nanomolar concentrations”. en:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 103 (25): 9685-90. doi:10.1073/pnas.0600554103. PMC 1480467. PMID 16769901. http://www.pnas.org/content/103/25/9685.full. 
  33. ^ 山中伸弥がん研究とiPS細胞研究とのつながり(2015年1月) 2016年11月5日閲覧
  34. ^ 韓国の研究チームが「光る犬」発表、難病治療に貢献との見方(2011年7月28日) - ロイター 2016年11月5日閲覧


「ドキシサイクリン」の続きの解説一覧



ドキシサイクリンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドキシサイクリン」の関連用語

ドキシサイクリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドキシサイクリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドキシサイクリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS