薬剤誘発性ループスとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 膠原病 > 薬剤誘発性ループスの意味・解説 

薬剤誘発性ループス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 02:30 UTC 版)

薬剤誘発性ループス(やくざいゆうはつせいループス、英語: Drug-induced lupus erythematosus; 略称: DIL, DILE)とは、薬剤の副作用より全身性エリテマトーデス (SLE) に類似した紅斑性狼瘡Lupus Erythematosus, LE)を呈する疾患のこと[1]。SLE症例の10%以上が薬剤誘発性であると推定されている[2]。薬剤誘発性エリテマトーデスとも呼ばれることがある[3]


  1. ^ a b c 病気がみえるVol.6 メディックメディア社発行 ISBN 978-4-89632-309-2
  2. ^ “Anti-TNF-α and hydralazine drug-induced lupus”. An Bras Dermatol 90 (3 Suppl 1): 125–9. (2015). doi:10.1590/abd1806-4841.20153893. PMC: 4540528. PMID 26312694. http://www.scielo.br/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0365-05962015000700125. 
  3. ^ 赤城邦彦、「薬剤誘発性エリテマトーデス」小児内科 23(4), 563-567, 1991, NAID 10005473253
  4. ^ Marzano AV, et al. (2009-10). “Drug-induced lupus: an update on its dermatologic aspects.”. en:Lupus (journal). 18 (11): 935-40. doi:10.1177/0961203309106176. PMID 19762393. 
  5. ^ a b Garner SE, et al. (2012-8-15). “Minocycline for acne vulgaris: efficacy and safety.”. en:The Cochrane database of systematic reviews. (8): CD002086. doi:10.1002/14651858.cd002086.pub2. PMID 22895927. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.cd002086.pub2/full. 
  6. ^ “Time to say goodbye to minocycline?”. en:Drug and Therapeutics Bulletin. (DTB) 51 (5): 49. (2013-5-1). doi:10.1136/dtb.2013.5.0176. PMID 23635606. http://www.bmj.com/content/347/bmj.f4536.long. 
  7. ^ a b 花井俊一朗, ほか (2015-9). “尋常性ざ瘡に対する長期ミノサイクリン内服により発症した薬剤誘発性ループスの1例”. アレルギー. 64 (9): 1269-73. doi:10.15036/arerugi.64.1269. PMID 26657914. https://doi.org/10.15036/arerugi.64.1269. 
  8. ^ 白山純実 ほか、「円形脱毛斑が先行した塩酸ミノサイクリンによる薬剤誘発性ループスの1例」 臨床皮膚科 65巻 13号, 2011/12/1, doi:10.11477/mf.1412103114


「薬剤誘発性ループス」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬剤誘発性ループス」の関連用語

薬剤誘発性ループスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



薬剤誘発性ループスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬剤誘発性ループス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS