薬剤耐性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 耐性 > 薬剤耐性の意味・解説 

やくざい‐たいせい【薬剤耐性】


薬剤耐性

英訳・(英)同義/類義語:drug tolerance, Drug resistance, of pathogens

細菌細胞に対して薬剤効果がなくなった状態。
「生物学用語辞典」の他の用語
性質をあらわす:  神経可塑性  組織特異性  薬剤抵抗性  薬剤耐性  蛍光異方性  走光性  走化性

薬剤耐性

Drug resistance, tolerance

【概要】 微生物複製のたびに常にある程度変異(=遺伝子変化)を起こしているが、環境適応したもの生き残る低濃度があるという環境微生物さらされると、そのの効果をはねかえす性質をもった変異選ばれる。ついに通常濃度でもはね返し増殖できる性質獲得すると、もはやが効かなくなり、薬剤耐性になったと言う反対語感受性。 

【詳しく】 薬剤耐性には3つのレベルがある。「遺伝子型耐性」は、薬剤耐性に関連した遺伝子変異みられるものを言う。「表現型耐性」は、試験管の中でをまぜてHIV増殖させ、があるのにHIV抑えきれないという結果みられるものを言う。「臨床的な耐性」は、患者服薬して最適薬剤濃度になっているのに、HIVが減らずに増殖続けているものを言う。  非核酸系逆転写酵素阻害剤のように、たった1箇所遺伝子変化でも完全に耐性になる場合があり、プロテアーゼ阻害剤のように、何カ所もの遺伝子変異組み合わせで、ようやく耐性と言える場合もある。 一般に、薬剤耐性HIV増殖力が弱く免疫不全進行しない場合がかなりみられる。その意味では、耐性だからと言って治療を諦めるのは得策とは言えない。

《参照》 抗ウイルス剤逆転写酵素阻害剤プロテアーゼ阻害剤変異遺伝子型表現型


薬剤耐性

【仮名】やくざいたいせい
原文drug resistance

がん細胞ウイルスバクテリアなどがこれらを死滅させたり、弱めたりするために用いる薬物に対して応答しないこと。がん細胞ウイルスバクテリアなどが治療の初めから薬物に対して耐性があったり、あるいは薬物暴露後、耐性を持つようになることもある。

薬剤耐性

【仮名】やくざいたいせい
原文drug tolerance

体が薬剤慣れてしまい、薬剤増量別の薬剤への変更が必要となった状態のこと。

薬剤耐性

薬剤等(化学療法剤抗生物質抗菌剤消毒剤等)に対して感受性を示さない(薬剤が効かない)性質のことを一般に「薬剤耐性」といい、これに対して薬剤等に感受性を示す(薬剤が効く)性質のことを「薬剤感受性」といい、このような性質を示すを「薬剤感受性」といいます。特に細菌抗生物質及び合成抗菌剤物質に対して耐性を示す性質は薬剤耐性などと呼ばれ、このような性質
有するとして、バンコマイシン耐性腸球菌VRE)、メチシリン耐性黄色ブド ウ球菌MRSA)などが知られています。

薬剤耐性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 10:18 UTC 版)

薬剤耐性(やくざいたいせい、drug resistance)、あるいは単に耐性とは、生物が自分に対して何らかの作用を持った薬剤に対して抵抗性を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のこと。薬剤抵抗性薬物耐性とも呼ばれる。


  1. ^ 橋本知幸、殺虫剤による衛生害虫駆除の実際と課題 学術の動向 2016年 21巻 3号 p.3_72-3_76, doi:10.5363/tits.21.3_72
  2. ^ 村野多可子、並木一男、椎名幸一、安川久、国内の養鶏場におけるワクモDermanyssus gallinaeの市販殺虫剤に対する抵抗性出現 日本獣医師会雑誌 2015年 68巻 8号 p.509-514, doi:10.12935/jvma.68.509
  3. ^ 内野彰、多年生水田雑草の除草剤抵抗性 農業および園芸 90(1), 174-180, 2015-01, NAID 120005864802
  4. ^ 市原実、石田義樹、小池清裕 ほか、静岡県内の水田周辺部におけるグリホサート抵抗性ネズミムギ (Lolium multiflorum Lam.) の分布 雑草研究 2016年 61巻 1号 p.17-20, doi:10.3719/weed.61.17
  5. ^ GCSAA GOLFCOURSE MANAGEMENT 芝草分野におけるハロスルフロン抵抗性の一年生カヤツリグサ科雑草と他のALS阻害剤 : 芝生分野で抵抗性カヤツリグサ科雑草が除草剤抵抗性雑草の問題に加わったことを確認する (日本語版ダイジェスト アメリカの最新コース管理情報を読む) 月刊ゴルフマネジメント 37(407), 125-128, 2016-04, NAID 40020765398
  6. ^ 山田理恵、定成秀貴、松原京子 ほか、「ヒトサイトメガロウイルスとその感染症」 北陸大学紀要 第30号(2006) 平成18年12月31日発行
  7. ^ 抗微生物薬耐性について(ファクトシート)”. FORTH; 厚生労働省検疫所 (2017年11月). 2019年12月6日閲覧。
  8. ^ 臨床検査データブック2019-2020 耐性菌,多剤耐性〔MDR〕についての概説
  9. ^ 厚生労働省健康局結核感染症課 (2017-06) (pdf). 抗微生物薬適正使用の手引き 第一版 (Report). 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000166612.pdf 2017年12月10日閲覧。. 
  10. ^ a b Negut I, Grumezescu V, Grumezescu AM (September 2018). “Treatment Strategies for Infected Wounds”. Molecules (9). doi:10.3390/molecules23092392. PMC: 6225154. PMID 30231567. https://www.mdpi.com/1420-3049/23/9/2392/htm. 
  11. ^ 清野敦子、長谷川泰子、益永茂樹 ほか、【原著論文】金目川,鶴見川,多摩川における薬剤耐性大腸菌の分布 水環境学会誌 2004年 27巻 11号 p.693-698, doi:10.2965/jswe.27.693
  12. ^ a b c 中尾江里、中野和典、野村宗弘 ほか、宮城県内の畜産地帯を流域とする河川における薬剤耐性菌分布の実態 環境工学研究論文集 2008年 45巻 p.187-194, doi:10.11532/proes1992.45.187
  13. ^ 緒方文彦、東剛志、医薬品による環境汚染問題-実態・生態影響・浄化技術-YAKUGAKU ZASSHI 2018年 138巻 3号 p.269-270, doi:10.1248/yakushi.17-00177-F
  14. ^ 薬剤耐性菌の歴史・変遷 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター
  15. ^ 抗生物質効かぬ「悪夢の耐性菌」米CDC発見『日本経済新聞』朝刊2018年4月8日サイエンス面掲載の共同通信記事。
  16. ^ 新種の細菌感染で初の死者 ベルギー
  17. ^ a b 感染症法に基づく医師の届出のお願い”. 厚生労働省 (2019年5月7日). 2019年12月6日閲覧。
  18. ^ 厚生労働省 院内感染対策サーベイランス 薬剤耐性菌 判定基準(Ver.3.2) (PDF) 厚生労働省(2019年1月)
  19. ^ 多剤耐性菌関連 III.どのような薬剤感受性を示す菌が要注意か 日本臨床微生物学会





薬剤耐性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬剤耐性」の関連用語

薬剤耐性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薬剤耐性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2020, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2020 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬剤耐性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS