緑膿菌とは?

りょくのう きん [0] 【緑膿菌】

グラム陰性桿菌かんきん)で、化膿症の病原菌。一~三本鞭毛をもち、自然界広く分布する。膿汁青緑色呈するのでこの名がある。

緑膿菌 [Pseudomonas aeruginosa]

 偏性好気性のグラム陰性桿菌で、シュードモナス科シュードモナス属細菌である。一般的には、ブドウ糖嫌気的分解発酵できないのでブドウ糖発酵グラム陰性桿菌と呼ばれ、腸内細菌科細菌とは区別される。
 比較大きな桿菌で、一本鞭毛持ち、普通寒天培地などでもよく増殖するが、近年分離されるは、割と偏平表面のガサガサした感じラフ型の集落作る色素産生性があり、臨床分離ではピオシアニン呼ばれる緑色色素ピオベルジン呼ばれる蛍光色素産生し、その他にも、オレンジ色素ピンク色素産生するもある。
 緑膿菌という名前は、創傷感染すると、この増殖して傷口から緑色の膿が出てくることから付けられた。
 緑膿菌とその仲間細菌は、病院などで多く使用されているヒビテンなどの消毒薬ある種化学療法剤先天的抵抗性がある。最近更に薬剤耐性性の細菌増加しているが、元々自然界にも広く分布し、栄養分乏し環境でも生存出来るので、病院どのように感染症予防治療の為に消毒薬化学療法剤大量使用している所でも死滅しないで生き残っている。
 病原性余り強くはないが、カテーテル挿入されている易感染性宿主などでは、カテーテルチューブバイオフィルムbiofilm)と呼ばれる膜を被った集落をつくって増殖し、重篤院内感染菌交代症日和見感染起こす原因となる。膿による感染症は、皮膚の化膿尿路感染症肺炎などの呼吸器感染症、目の感染敗血症などがある。

緑膿菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/26 19:38 UTC 版)

緑膿菌(りょくのうきん、学名、Pseudomonas aeruginosa)は、細菌に分類される、グラム陰性好気性桿菌の1種であり、地球上の環境中に広く分布している代表的な常在菌の1つでもある。ヒトに対しても病原性を持つものの、仮に健常者に感染しても発病させることはほとんど無い。対して、免疫力の低下した者に感染すると、日和見感染症の1つとして数えられる緑膿菌感染症の原因となる。




「緑膿菌」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「緑膿菌」の関連用語

緑膿菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



緑膿菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2019 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの緑膿菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS